我が家の耳垢取り

2020年4月3日

息子のインフルエンザ待機期間もいよいよ終了で、病院行って、登校許可証にドクターのサインもらえば次の日は学校よ~♡

と、思っていたのですが、娘が息子の耳を覗き、

なんだか耳の中汚れてるみたいだよ~

と・・・

げげげ・・・まさか?耳垂れか?

心配なので、登校許可証もらいに小児科行って、次は耳鼻科へという病院のはしごコースを選ぶことにしました。学校終わってから病院行くのは大変なんだよね~(;´Д`)

今日のうちに行っておかねば・・・。

息子、耳鼻科で大暴れ

耳鼻科に行ったら、これまた息子が暴れ出す~(;´Д`)
彼は耳やら鼻やら触られるのは嫌いなので、じっとしておれないんです。

「子どもは、耳、目、鼻、口周りは呼吸に関係するので、さわると嫌がる」という話をどこかのドクターが言ってましたが、もう何度も通ってて、

そろそろ慣れてよね(´Д`)
って感じです。

幼児の頃は、私が抱っこして、足と腕と手を使って抑え込んで一緒に診察椅子に座って診察してもらっってたのですが、
もう小学校高学年にもなるので、身体も若干大きくなってきています。
(それもでもうちの息子は普通の小学高学年の子よりもかなり小さいですが~^^;)

抱っこで診察椅子に座れないので、本人に頑張ってもらうしかない!!

、、、んですけど~
泣き叫び、暴れてます(~_~;)

怖いという感情が先にたつみたいで、
「耳の中を見るだけだよ」と言ってもまったく聞いてません。
「診るだけ」の意味わかってると思うけどなぁ~(;´Д`)

先生と私と看護師さんの3人でなだめすかしたりしましたが、ダメで、結局外側から3人で押さえつけて先生が耳の中覗かなくてはならないハメに~

結局、私が見た汚れは、大きな耳垢だったようで、耳垂れではなかったです。良かった~♡
インフルから中耳炎になる子も多いらしく、
ぎゃ~~~(>_<)と、思って行ったのですが、心配は杞憂だったです♡

こんな感じに、息子の耳垢は、取るだけで一苦労。
先生ばかりに頼っては・・・と、思う反面、耳垢取りは家庭で難しいので、耳鼻科で・・・とも聞いています。

でもこんなに泣き暴れるんだもん。
そう頻繁に耳鼻科に行って、耳垢だけ取ってくださいとは言いにくい。
診察と一緒についでに耳垢も・・・なら少し気楽なんですけど・・・(;_;)

我が家ではなるだけ頑張って、耳垢取りにチャレンジしています(^^;)

耳垢取りグッズ

息子の耳の穴がめちゃ小さいので、耳鼻科の先生も大変見づらいようですが、いろんなグッズを使っているのを見て、グッズを使うと私でもできるのかも・・・と、買ってみました。

↓こちら耳鏡(じきょう)というそうです。

ピンセットとセットになったものを買ってみました。

先生が使っているのをみて、

よく見えるのかな?

と思っていたので、思い切って買ったのですが、
耳鏡、使った方が断然見やすいです。
耳の中のうぶ毛?を除けてくれます。

そして、私は100均で買ったライトがついた耳垢取りで鏡を光らせて、耳の中を覗いているのですが、LEDライトがついた耳垢取りとピンセットがあるらしい・・・

↓今心惹かれているのはこちら。LEDライト付きで固まり耳垢がとれるピンセットと、耳かきがセットになっている・・・欲しい・・・(*‘ω‘ *)

病院の先生が使っている、耳鏡にライトをつけるやつのがホントは欲しかったのですが、
素人の私が買うにはちとお高い(._.)

耳を扱うスキルもないくせに・・・っという感じなので、耳鏡で我慢しました(^_^;)

息子を診てくれる耳鼻科の先生が、↓このグッズを使ってて、調べてみたらライトペンスコープ耳鏡というらしい。

先生が使うくらいなので、よく見えるんだろうなぁ・・・(゜゜)

額帯鏡(がくたいきょう)という方向も考えましたが、耳鼻科の診察台に付いているライトに反射させて中を覗くというものらしく、家のライトではきっとよく見えないよね~と、諦めました^^;

耳の中がまず見えないと、診察はどうしようもないので、
私が使う事で、慣れてくれたらいいな・・・とか思ったんですが・・・

家での耳垢取りの様子

家での耳垢取りは、診察室よりもあまり暴れないですみます。

病院で暴れるのはなんでやろ~?

診察室が嫌なのか?
先生が嫌なのか?

病院を何度も変えてみましたが~やっぱり嫌がるので、先生のせいではなく、診察がいやなんだろうなぁ。

耳鼻科を転々とする数年間・・・。
暴れるので、先生がしまいには怒り出す・・・というのが何回もあって、それで通院しにくくなって病院変えたってのもあるけどさっ(;´∀`)

今の先生は、とても根気強く息子に付き合ってくれて、暴れても、

「また診せにきてね」

と言ってくれます。

は~涙出る~(;_;)

息子が暴れて、先生怒り狂うシーンは、母にとって心引き裂かれる場面です。

今は、そんなシーンでも、
「大丈夫だよ」
と、言ってくださる先生を見つけられて、ホントに良かったです。

ただ、そんな先生故に、

暴れる息子を見て、こんなに先生辛抱して頑張ってるんだから、

お前も頑張れ~!ヾ(。`Д´。)ノ

と、怒りに変わったりするんですけどね(-_-;)

家でのリラックスモード状態で、診察してもらえたらいいんだけどな~(;´Д`)

耳垢取りが慣れる日がくるのかな?

今は、診察が少しでもスムーズに進むように・・・、
診察の前に耳の中がきれいなら、診察時間も少なくて済むのでは・・・
などと考えて、耳垢取りのスキルを磨く日々です。

息子がお世話になっている耳鼻科の先生は、耳垢を取るのに、綿棒を使っています。
普通の綿棒じゃなくて、竹串みたいな長い柄の先に綿球が付いているような綿棒です。

↓売ってるんだ~♡

その棒をくるくるっと耳の中で回したり、こするというより、救い上げるような感じで耳垢を取っています。

その様子が私の憧れ。
先生の耳垢取りに萌えている私(*‘ω‘ *)

絶対痛くないだろうと思わせる手技なので(めちゃくちゃ華麗な手さばきなんです)、私もそんなふうに耳垢取れるようになりたい♡

とか実は思ってる(^^;)

それともいつの日か息子が、耳垢取りで暴れずにいられる日がくるのでしょうか・・・。
小学4年生ではまだ暴れていた・・・(._.)

と、書いておきます(*´ω`*)