膀胱炎の治し方

2019年4月17日

先日、膀胱炎になりました。

最初はトイレで痛みを感じる程度だったのですが、

だんだん痛みがひどくなり、

頻尿傾向になり、ちょっとのトイレも我慢できなくなってきて、

とどめの血尿(>_<)

だめだ、これは病院に行かなくちゃ・・・(;´Д`)

泌尿器科へ・・・

近所の泌尿器科を選んで行ったのですが、近所だからか、受付になんと娘のクラスのお母さんが座っており、

恥ずかし~~~(/ω\)

こんなこともあるのか・・・

泌尿器科なんだから、もっと気を遣って遠くを選べばよかった(T_T)

膀胱炎は、私の母や妹もよくなるのですが、私はなったことがなかったので、無縁の病気だと思っていて、

すぐに治るだろうから、近くの病院でいいや・・・と、病院の立地条件だけで選んだのが失敗でした。

膀胱炎の診察の経緯

膀胱炎の治療は、検尿から始まって検尿で終わるって感じでした。
原因を尿から考え、投薬後、その薬が効いたか尿で考えるって感じ。

受付を済ませると、「検尿してください」

と、コップを渡されて、トイレへ案内されました。

さすが、泌尿器科のトイレ。広々しすぎる~(^^;)
手を洗うところから便器までの距離がそ~と~長いところでした。
小さいベッドも置けそうな広さ。ここに住めそう・・・。

どこでもこうなのかはわかりませんが、「さすが、泌尿器科!」と、妙に感心してしまいました。

頻尿だったので、スムーズに尿採取もできました。
どちらかといったら、待ち合いでトイレに何回も行く所業はしたくない~と、はりきって出したって感じです~~~^^;

検尿が終わったら、成分の検査が終わってから、診察となり、

生活に関することを根堀葉堀聞かれました。

普段の生活に関する問いに私が答えながら、その答えを先生は電子カルテにバシバシ入力。私の方はいっこも見ません。カルテ入力に夢中って感じです。

で、尿検査の結果は、やはり膀胱炎。
白血球、赤血球が多くなっているのだとか。

私の場合、「寝不足」が原因では?とのことになりました。
膀胱炎の場合、「ストレス」「寝不足」がほとんどなんだそうです。
私としては寝不足の意識はなかったのですが~
無理やりつけた原因って感じがしました。
私の普段の日常から原因を割り出したかったのでしょうが、
私の普段の日常は、自分では常識内のつもりなんで、とってつけた感じがしたのかもしれません~^^;

治療には薬と水を多く飲むこと。
水は2リットルくらい飲んでくださいとの事でした。

で、結局、ほぼこちらを見ず、PCとのお付き合いが大事な先生の診察は終了。

尿検査の結果と、薬の処方箋をもらって帰りました。

 

出された薬は

「セフゾンカプセル」「テプレノンカプセル」「ロキソプロフェンNa」

「セフゾンカプセル」は細菌の感染症に用いる薬だそう。

「テプレノンカプセル」は、胃の粘膜を保護する薬で、「セフゾンカプセル」は抗生物質なので、細菌をやっつける力が腸内環境の細菌にも働いてしまうため、この薬を処方されたのだとか。

そして、トイレのたびに痛みがあったので、「ロキソプロフェンNa」
そう痛みは長くないだろうということから、5日分もらって帰ってきました。

他の薬は7日分もらいました。

先生曰く、薬をきちんと飲んで、水を飲んでるとたいてい治る・・・という話でした。話の端々に、「飲まない奴がいるんだよね」みたいなのが見え隠れ・・・

んなこた~私は知らんがな・・・そこ、私に当てつけられても・・・と、診察はかなり不快でした。

とりあえず、薬は7日分もらって、きっちり飲み、水2リットルは私にとってかなり難しかったですが、ペットボトルできちんと計って2リットル飲み続けました。

途中連休で、旅行に行ったので、トイレの確保で旦那はアタフタし、
私の頻尿傾向をみて、娘は心配していました。

ばあちゃんになったら、こんなになるんかな~。

私のおばが頻尿で、一緒に旅に出ると、トイレの確保に大変。
でも、それを今私がやっていて、娘にすごく迷惑かけてる自分が嫌でした。
おばにする分は、私は嫌じゃないんですけど、人にそういったことをさせるのは申し訳ない気持ちが先にたってしまって自分がとても嫌になります。

大人のオムツは大事だわ・・・

人に気を遣わせるより、オムツで自分と周りを守った方が気持ち楽では?とか思いました。

将来そうなったら、迷わずオムツ使おう~っと(^^;)

水2リットルも飲んでいるからか、かなりの頻尿傾向で、トイレのそばに住もうかと考えるくらいトイレに行きました。

でも「ロキソプロフェンNa」のおかげか、トイレのたびに痛みがあったのが、すぐに消えました。

投薬後の治療経過

そんなこんなで1週間後、病院で再度尿検査をしてみたところ、赤血球も白血球も正常に・・・

原因も判明し、

「弱い大腸菌にやられてたよ。あんなに弱い大腸菌にやられるなんて・・・そ~と~あんた弱いんだね」

と、言われました。

原因は「寝不足」じゃなかったのかよ!!(~_~)
寝不足からの抵抗力低下➡弱い大腸菌にやられる
というパターンかもしれませんが、言い方があるでしょ~(>_<)

頻尿は残っていたので、そこは心配でしたが、水2リットルが原因だったのか、水をそこまで飲まなくなったら徐々に頻尿傾向は治まりました。

結構ハードだった膀胱炎生活。

学んだのは・・・


膀胱炎は、

痛い。
血尿が出る。
白血球と赤血球が多くなる。
頻尿になる。
治療は薬と水。
原因は寝不足、水不足、ストレス、細菌感染。

あっさり治ってくれたからよかったですが、

膀胱炎は、再発を繰り返す人も多いそう。
菌が残ってしまうと再発となるようです。
私は先生が「薬飲まない奴いるんだよね~」みたいな暗に嫌な言い方する先生だったので、

なんだと~\(*`∧´)/

と、怒りまくっていて、絶対飲み切ってやる!!と思ったからうまく1週間で治ったのかも・・・

口が悪い先生も自分の治療のためになるなぁ~と、そこも学んだ

膀胱炎事件でした(^-^;