小学6年生の女の子の日常

2019年6月1日

娘も小6の終わりが見えてきました。

小学1年生の時から6年生の1学期までは、サザエさんのカツオのように、学校から家に帰ってくると、ランドセルを置いて、宿題もせんと、速攻遊びに出かけるような日常でした。

アウトドア派からインドア派へ

ですが、小5の時にお友達のところでさせてもらったというスプラトゥーンに心奪われてしまい、我が家にはWiiUがないので、スイッチが出るのを待ち、スイッチ版スプラトゥーンが出るのを待ち、ようやく買った7月。

↓アマゾンではWiiUの方がよかったのレビューや、面白くないなどの評価もあるようですが、娘はハマっています。

夏休みに彼女の日常は、ゲーマーと化してしまい、
2学期に入っても、もはや外で友達と遊ぶ・・・
という子ではなくなっていました。

ちょうど、そういったお年頃だったのか?
一緒に外で遊んでいた子たちも、外で遊んでいる姿を見かけなくなりました。

ゲームはカツオ(娘)もゲーマーに変えるんだ~( ゚Д゚)

と、びっくりしている今日この頃です。

以前、ゲーム波が娘の周りに来た時は、DS3や妖怪ウォッチが流行った頃。

小2か小3くらいでした。

一応3DSも、妖怪ウォッチのソフトも買ったのですが、あんまりしませんでした。
なので、てっきり、彼女はゲームにあまりハマるタイプではないんだな~と、思っていたのですが、

そんなこた~なかった~(@_@)
しっかり、ゲームの波に乗る日々がやってきました( ;∀;)

単に、彼女の思考が幼なすぎて、ゲームについていってなかったのかもしれません。

小学生の外遊びの内容

小学校低学年では、学校帰りに「○○公園で待ち合わせ」という約束をしてきていて、ランドセルを置いてすぐさま出かけていました。家にお友達を呼んだりしても、すぐにそのお友達と外に遊びに出かけてしまうという、お尻が軽い子でした。

家の中で遊んでもおもしろくないみたいで、約束がない日は、顔が曇っている・・・とこちらがわかるくらいで、外で遊べないと、つまんない・・・って言ってました。

外遊びの内容は、

学校や公園の遊具施設、鉄棒、雲梯、滑り台、ぶらんこなどで遊んだりしているようでした。
おやつと水筒を持って行ってたので、公園でおやつ食べたり、おしゃべりが主で、鉄棒、ブランコはついで?って感じの遊び方のようでした。

その後、学校で、縄跳びを習えば、縄跳びで遊び、

学年が上がるにつれ、学校で、ドッチボールやバスケットなどを習うので、ボールを持って遊びに出かけるようになりました。

バドミントンやテニスは、ラケットの扱いが難しいからか、5,6年生になってからするようになりました。

友達と道具を持ち寄ってやっていたので、友達がいたから、外遊び優先だったのかもしれませんが、ほぼ毎日のように友達と外で遊ぶのが日課になっていたので、宿題をする時間を捻出するのがすごく大変な日々でした。

しかも、水筒が空っぽになったとか、おやつが足りないなんて時や、何かトラブルがあると呼びにくるし、待ち合わせに○○ちゃんが来ない~

なんてので、すぐ家に帰ってきていました。
そしてまた外へまっしぐら。

家を出たり、入ったりするもんだから、私も家を空けられない~(;´Д`)

外遊びの終了はあっけない

ですが~
おやつと水筒もって出て行った日々はもう帰って来ないみたいです。

ころっとあっという間にそんな日々は終わりました。

ある日を境に外で遊ばない日が続き・・・
外で遊ばない日は宿題終わるとゲーム

いつのまにか、その日々ばかりになり、外遊びに行くという習慣から抜けている・・・

といった感じです。

あれだけ、友達と外で遊んでいたのに・・・

「今日は遊びに行かないの?」と聞くと
「行かないよ」

と、返ってきて、宿題して、ゲーム。

最初は学校で何かあったのかな?とも思ったけど、
お友達とは普通に話をしているみたい。

単にゲームの方が楽しくなったのかな?

インドアになると本も読む?

娘はゲームもやりだしたけど、最近本も読むようになりました。

彼女と本は、「天敵なの?」と思われるほど、
本が嫌いでした。本の方も嫌っていたのかな?(^^;)

1歳半でドラキッズに入った時なんかは、読み聞かせの時間があったのですが、読み聞かせの時間になると一人ふらふらとその辺を歩いたり、別の物に興味を示したり、とにかく本に集中すまいというような感じでした。

本がお前になんかしたのか?って聞きたくなるくらい、本をわざと避ける風があり、
本に親しんでもらいたいと、いろいろ考えたのですが、小学校高学年にもなると、親がどうこういう感じではなくなったため「本に親しむ作戦」は断念してしまいました。

娘が本を嫌いな理由・・・文字を目で追うのがめんどくさいのでは?

と、私は分析していましたが~

ここにきて、「つばさ文庫」に目覚めまして、

小6も後少しマジック?
文字の神が娘に降臨した?

いままでの娘とは違う日常がやってきました。

↓今娘がおもしろいと言って読んでいるのが「いみちぇん」

挿絵がかわいくて、中身もおもしろい本が好きなんだそうです。

絵本にもそんなのいっぱいあったでしょ~(^▽^;)

と、つっこみたくなるのですが、娘の本への興味は、やっと今
「キタ──ヽ('∀’)ノ──!!」状態。

幼児➡絵本じゃなくて、

小学校高学年➡本

となる子もいるんだ~
と、娘を通して学びました。

他の小6女子の日常がどんなもんかはわかりませんが、
娘の今はこんな感じ。

もしかしてこれは成長?

という事件が起こっているようですので、書き留めておこうと思います。

↓公園族だった娘はいったいどこへいったんだろう?成長って不思議(^.^)