台風21号、我が家の被害状況は・・・

今年はこういった家への被害が多い我が家です。先日の壁壊される事件に続き(こちら)、次は台風か~(;´Д`)

でも、こうやって状況が書けるということは、無事にみな元気でいるってことだし、今後こういった台風の進路の場合は、もっと自分たちで気を付けられるように、その出来事を書いておこうと思います。

台風接近前日

台風21号接近中ということで、3日午前中には、息子の学校は休校をもう決めたらしく、11時半に「警報にかかわらず休校」とのメール連絡が回ってきました。

娘の学校も午後になって、休校のお知らせを電話連絡網で回すことになりました。

前日はピーカン晴れで、台風?(´・ω・`)
と、少し高をくくっていたのですが、のちに、学校や市の判断は正しいと心から思いました。

私の子どもの頃からは考えられない対応。

台風情報がテレビやラジオでしか伝達方法がなかったし、テレビの情報もそんなに発達していなかったからかもしれませんが~

台風の日に、
「学校が休みかわからないから、とりあえず行け」
と、母に送りだされました。
学校に行く途中で、知らないおばさんに「あら?今日学校休みよ?」と声かけられなければ、休校の学校に1人行っていたハズ・・・という体験をしていて、

よっぽどじゃなければ、学校はある!
という認識が自分の中に残っているのだと思います。

今回の台風は昼間に来るからか、学校は市内一斉休校だったようです。旦那の職場もお休みになりました。昼間の災害状態で人を抱えとくと、帰宅困難者が多く出ると予想したのでしょうか・・・。

そういえば・・・
台風の日に職場に行って、帰宅困難になり、職場の上司は「そのままここにいてもいいよ。俺帰るから・・・」と若い娘3人を置き去りにして帰られた・・・という記憶もある(-“-)

やっぱり時代の違い?私が若くまだ働いていたころは、
仕事>私生活
を求める職場が多かったような気がするのですが・・・
今は私生活あっての職場って感じにとらえている人が多くなったような気がします。

で、そのきっかけとなったのは、
阪神淡路大震災とか東日本大震災なのでは・・・。

多くの災害や、犠牲の上に私たちの意識は少しづつ
やっと変わっていっているような気がします。

台風当日の朝は晴れていた

台風21号は非常に強い勢力という話だったのですが、まだ午前中にはそんな感じはまったく感じられず、少し涼しいなぁ程度に思っていました。

↓天気図はこんな感じ。

午前中、早くにスーパーに行くと、学校が休みだからか、子ども連れのお父さん、お母さんが買い物していたり、お年寄りの人も多かったです。今後、家に缶詰状態となるのを見越しての買い物?私もそうだけど~^^;

ポテチがめっちゃ品薄になってました。台風のお供はポテチなんでしょうか・・・?

我が家ではほぼ飲み物ばかり買い込みます。
子どもらのジュース、牛乳、旦那の酒・・・ふつ~食べ物ストックに走るよね(;´Д`)
でも、我が家の私以外の住人は食べ物よりも、飲み物がないと怒り出す人たちなのです・・・(-“-)
食べ物はお菓子やカップ麺でOKという人たち・・・
私はいつまでたってもなじめない・・・
のでここに愚痴として書いておきます(´-ω-`)

台風の前触れから本降りの風雨まではあっという間

そうこうして地面が濡れるほどの雨がふってきたなぁと思ったのがお昼頃。

急に雨がバタバタと降りだし、

そうこうしているうちにすごい風が吹いてきました。

↓天気図ではこんな感じ。濃ゆい台風の渦はヤバイとわかりました。

玄関には雨除けの屋根があるのですが、雨除けの屋根役に立たず、玄関のドア開けたとたん、びちょ濡れになるほどの雨が降りこんできます。

これが台風か( ゚Д゚)
なんか今までの台風と違う(゚Д゚;)

この状態が過ぎると、風が窓や家の壁にあたって、ゴンゴン、ゴウゴウ、ブォウブォウ、ビュンビュンなどの音がしだしました。

窓にはシャッターをしていたのですが、1カ所だけ外の様子がうかかえるようにとそのままにしていたところは、窓から風が入ってきていました。

ぎゃあああああ~窓が風圧で押されてる~
窓が曲がって風入ってくる~∑((((((゚д゚;ノ)ノ

うちの窓、普通のやつです。そんなに古くもありません。それをゆがめる風圧!

・2011年に最大瞬間風速55.3メートルを観測した台風2号は、人が立つことさえ難しい風
・1993年に、最大瞬間風速59.1メートルを観測した台風13号は、シャッターが吹き飛ぶほどの猛烈な風。
・最大瞬間風速は60メートルで、これは住宅が倒壊する恐れがあるほどの暴風。
・風速40メートルでは重さ430キロもあるパネルハウスが簡単に流される。

(めざましテレビよりの情報)

今回の台風21号では、
関西国際空港で、最大瞬間風速が観測史上最大の58.1メートル、大阪市内で47.5メートル、京都市では、39.4メートルだったそう。

我が家では、「窓が~(>_<)」の他、
家に引き込んでいる電線が下から吹き上げる強風のせいで、グイングイン揺れていて、本気で
「切れる!!!Σ( ̄□ ̄lll)」
と、思いました。

<台風21号情報>
中心気圧:965ヘクトパスカル
中心付近の最大風速:35メートル
最大瞬間風速:50メートル

こういった威力を持っている台風の進路コースに入ったらこんな感じなのね・・・と思い知りました。

台風の被害~停電

そんな強風は、他ではもっと被害を出していて、一番の被害は、多分我が家に電気を送ってくれている電線が切れたこと。

急に停電になり、その時は風雨が強くて外に出られなかったけど、夕方近くになると雨風止んできました。でも停電のまま。

電気で生活している我が家なので、まったく生活立ちゆかなくなってしまいました。

いったいいつ停電終わるのよ~

情報って電気で送られてきてるんだなぁ~(゜゜)
携帯のバッテリー状況みつつ、Twitterで停電情報を仕入れる、なんて状態でした。

みなさん、情報ありがとう(*’ω’*)

心から思いました。

一番被災者に役に立たないのがテレビなんだなぁ~

ということも知りました。

作られた内容よりも、心からのつぶやき♡

同じ停電の憂き目にあっている人のつぶやきや、復旧したよ~の情報、どこどこはこんな被害が起こっているという情報。

停電でテレビがダメだったので、まったく情報入ってこなくて不安になりましたが、Twitterのおかげで頑張れました。

電力会社のHPにも停電情報がなくて、自分のところが停電と電力会社が気づいていないのでは?と不安になったり、他のところで忙しいからうちとこ最後か?という気持ちになったり、すぐ近所は復旧しているのに、なぜうちの近辺には電気が来ない!とイラついたり・・・

こういった状況では、不安をいくらでも作り出せるんだなぁと感じました。日本の中のほんの一部の電線が切れたせいで停電になってる・・・なんて事を気づいて修理にきてくれるのか?という風に考えちゃうんですよね。

こういった不安を作りださせないように、企業や役所、政府などは、情報をあらゆる角度から提供すると、人は安心するように思います。
よろしくお願いします<m(__)m>

我が家は停電だけだったのですが、停電になるとマンションなどは断水になるらしくて、そういった情報も飛び交っていました。

他、固定電話が停電だと使えなくて、LINEで遠方の家族に状況を伝えることができました。

生活のアップデート必要だなぁ~としみじみ感じました。
高齢者の方々も、Twitter、LINEなどを生活に積極的に取り入れるといいのではないでしょうか・・・。
自分が高齢になっても、世の中の進歩にはついていかないといけない・・・と思いました。

台風時は女より男の方がテンション上がる?

結局、停電が終わったのは夜中でした。
旦那が

旦那
電気ついたよ~

と、起こしてくれたけど、眠かったので、そのまま寝てしまっていたら、エアコンつけたり、家族に布団駆け回ってくれたりしたみたいです。

いつも、1缶のチューハイでさえ「とって~」という旦那なのですが、

どうした?(@_@)

って感じです。つ~が、気づいているけど、自分ではやらない派だったんだね・・・(-“-)

ま、とりあえず、緊急時に使える奴でよかったです(´-ω-`)

緊急時にウキウキするのか、停電中に、電線が切れている事を発見したのは旦那で、ちょっと雨風おまったら、すぐに外に出て様子を伺いに行ってました。そこで電線切れを発見したらしい。
ちょこっと家を出てはいろんな被害を発見してきて、うずうずしてきたのか、

旦那
停電でご飯作れないから、外に食べに行こう!

と言いだし、家族をうまく言いくるめて、停電中のご近所徘徊作戦を敢行。

ああ、行きたくない、こんな日こそ家でゆっくり~とは思わないのか・・・

と思いつつ、娘も息子も
「行く~(*‘ω‘ *)」と言うから仕方なく私も家を出ました。

家を出てみると、こんな人、うちの旦那だけ?なんて思っていましたが、自転車に乗って徘徊している男性を多く見かけました。写真撮ってる人も多かった。だいたい男性だったです。きっと旦那みたいなタイプだな・・・と感じました。

男性には、こういった緊急時に血が湧くんですかね~?
じっとしてられない?

不思議な生態( ゚Д゚)

でもよ?人生の中で、災害時とか緊急時がそう何回もないじゃん!
やっぱり普通の日にちゃんとしてくれる方がいいです(-“-)
チューハイ取りに自分で冷蔵庫まで歩け!(`・ω・´)

「あ、電線切れ発見」
「ここは停電じゃない」
「うちの区画だけが停電?」
「建物の壁のパネルが落ちて割れているじゃん」

なんて、よその地区の被害を勝手に見回りつつ、食事できるところを探していると、運よく開いているお店を見つけて、「出来ないメニューもありますが・・・」という事だったけど、家にいてもろくなもの食べられないので、「いいです、いいです♡」と入り込み、なんとか食事と旦那は生ビール2杯飲んでご機嫌で帰りました。

旦那の緊急時にテンション上がる生態につられて外に出てみると、思いの他いろんな発見がありました。男女が夫婦になるという事は、こういう事なのかな・・・とも思いました。

台風の翌日

台風の翌日、我が家では電気復旧していました。

近所の垂れ下がった電線直してくれてる(*‘ω‘ *)

でも、一駅歩いたところでは、復旧はまだでした。

スーパーに行くと、肉、魚のコーナーにはまったく何も置いていませんでした。
冷凍食品はちょっとだけありました。
冷凍より冷蔵食品の方がなかった(@_@)
パックジュースもなかった。

お客さんの
何を買えば?(´・ω・`)

という困った顔があちこちに展開されていました。

私もその一人だけどさ・・・。

まとめ

子どもらの小中学校はあったけど、停電中の学校は休みだったみたいです。

学校の先生も自分の家が大変な状態かもしれないのに、一生懸命通常通りにしてくれて、給食もメニュー減らしたりはあったけど、ちゃんと出してくれて助かった~(;´Д`)

停電ひとつあっても、生活が成り立たないということをこの災害で学びました。

停電の可能性がある災害時は、

・前もって携帯を充電しておく。
・情報はSNS。連絡はLINE。
・テレビ、固定電話は停電時は使えない。
・停電になると、断水の可能性もあるので、風呂に水をためておく。
・停電になったら冷蔵庫は開けない。
(我が家では開けなかったら、保冷力、結構長く保ってくれました。)
・懐中電灯は、各自1個持っていると、トイレに行く時に助かる。闇の中でも個人の行動範囲が広くなる。
・ろうそくよりは懐中電灯。ろうそくで火事になってしまった家も出たようなので・・・

なんてことを学びました。

災害時は男の方が女より使える?

ということも・・・

男性の災害時、テンションアゲアゲ状態なぜ?と調べてみたらこんな記事(↓)が

統計で、自然災害時は女性の方が男性よりも犠牲になる確率が14倍高いそうです。
「女性は家を守ろうとして、家にとどまってしまうからでは・・・」と推測されているよう。防災訓練も、男性の方が女性よりも参加人数が多い・・・とか。(記事こちら

災害時は、生存本能が刺激されてテンション上がるそうなのですが、女性には自己犠牲のDNAが多く含まれているのかもしれません。私は災害時はとりあえずじっとしていよう、と真っ先に考えてしまいました。

その中に、「誰かに助けてもらおう」という気持ちが潜んでいるのかもしれません。

でも、少し力を出して、自分の枠を飛び出してみたら、新しい発見があることに気づきました。自分を守るってそうやって枠を超えて新しい発見をすることかも・・・

この災害まだまだ序の口で、これからもっと大きなものがひかえているのかも・・・
へんな地震多いです。

自分の身を守るのは、自分なんだなぁ~というのが一番学んだことでした。

我が家で一番の被害者は息子かも・・・
台風というのがわかんないし、停電もわかんないし・・・

何故真暗なの?と電気のスイッチを家中入れ回ってましたが、それでも部屋は明るくならない・・・という事実に「?」顔をしていました。

いつか、こういった事がわかるようになるといいなあ・・・災害時に自分の身は自分で守るというのは息子にとってはとてもハードル高いことだけど、少しでも自分で何かできるようになるといいなぁと思ってます。