耳鼻科にて

 
ブログをコツコツ移行しています。
これは息子が2歳の頃のお話。
 

息子は滲出性中耳炎です。

と、わかったのは7月ごろ。それまでまったく気がつきませんでした(;´Д`)

中耳炎といったら、痛みがあるので、泣くからすぐわかる・・・と、いう事を聞いていたのですが、滲出性中耳炎は鼓膜の奥に滲出液がたまる病気で、痛みがない事が多いそうです。

5歳くらいまでの子に多いらしく、言葉がまだ出ていない子はわかりにくいと思います。聞こえの程度も軽い人が多いらしく、うちの息子はまったくこのタイプに当てはまっていました。

呼べば振り向くし、音楽も聞こえているようだったし、痛がる様子もなかったので、
ぜんぜんわかんなかったです(;_;)

一か月ほど、水をぬきやすくする薬を飲んでいたので、今日いよいよ、その成果がでてるかの判定をもらうため耳鼻科に行ったのですが、耳垢で鼓膜の奥が見えません~~と、

なんですって~(`・ω・´)

結局、せっせと薬を飲ませた成果はわかりませんでした。
しかも、今は鼻水が出ていて、鼻水を吸引機で吸ってもらいすぎて、息子の人生初の鼻血まで出て、散々な日でした。

今日はあまりにも落胆が激しかったので、帰りにいつものお気に入りのドーナツ店でドーナツを買って、車の中でむしゃついて帰ってきました。

は~(´Д`)

(wrote:2009-10-24 17:20:41)

 

滲出性中耳炎の診断が下されてまずしたことは、薬を1ヶ月飲ませることでした。
子どもに薬を飲ませるのが、どんだけ大変か~~~(>_<)

その成果が出なかった・・・という日に書いたものです。

ここから耳鼻科との戦いが始まり、今10歳過ぎてるけど、終わってないってど~ゆ~こと?
(;_;)