鼓膜チューブ留置手術はそんなに難しくない説

2021年1月22日

これは息子が2歳の頃のお話。
鼓膜チューブ留置手術をすることになったのですが、手術してくれる病院が決まらない~。なんで?と思っている時に聞いたお話です。

手術先紹介制度に翻弄され、紹介先の病院の先生にいたぶられているお話はこちら↓。

C病院のあまりな対応に、今日は行きつけの町医者耳鼻科へ朝から直行。

最近寒いので息子も寝起きが悪くなってきたのですが、

2歳でも、寒いと起きるの遅くなるんだな、ナマイキな・・・

と、叩き起こして行きました(´-ω-`)

町医者耳鼻科を受診すると、薬もきちんと処方してくれて、鼻水もちゃんと吸ってくれました。

普通、鼻水たくさんあったら吸ってくれるよね・・・大病院なのに、子ども用のオリーブ管ないってなんなのよ~

手術をしてくださいと、紹介状をもって行ったC病院で、「子ども用のオリーブ管ない」って言われて衝撃でした。しかも、「すぐに手術はできないよ」とか言われてしまった病院だったので心配で、

チュービング手術断られるってあるんですか?

と、聞いてみたところ、

「手術自体は耳鼻科医になろうと思ったらまず一番最初にするのが、チュービング手術とアデノイド切除手術なので、耳鼻科医なら誰でもできる手術なんですけどね~」

と・・・

つまり、簡単すぎて後回しにされているって事?

心臓の手術の時も手術に至るまで紆余曲折あったけど、
滲出性中耳炎も根治するまでいろいろありそうです(;_;)

病院がからむと病状より病院側の事情や対応もあって、
どちらかというとそっちの方が疲れる。

やっぱり健康って大事よね。

病んでいるから病院行くのに、
行くとさらに病む(T_T)

(worte:2009-12-07 10:54:26)

病院ばっかり行っていた息子が2歳の頃。
今、自分が書いている事読んでも、私まで病んどるな・・・

と、思えます(^_^;)

耳鼻科通院はまだまだ続いています。

病み(闇)はいつか払える(晴れる)

のか?

耳鼻科通院歴12年。
2021年で、息子は14歳。