聞こえの検査

ブログをコツコツ移行しています。
これは息子が2歳の頃のお話。

聞こえの検査にC病院に行ってきました。

チュービング手術をするかどうか判断材料として、どの程度聞こえているか調べようというものでした。

言語聴覚士さんが私と息子とで遊んでいる最中に、後ろからタンバリンや鈴を左右どちらかとも鳴らして、聞こえてるかどうか検査します。

楽器はたいがい聞こえているようでした。

だが、しかし?

息子は言語聴覚士さんが楽器を取り出している所を、
横目でちらっと見ながら遊んでいたので、
適正な検査になるのか危ぶまれるところも・・・(◎_◎;)

なんせ、そういった時は察しがいいので、
気づかれないように見てるんですよね~(^_^;)

次の検査は私との共同作業で、左右にランプがあり、音が鳴った方を息子が見たら、見た方向のランプのボタンを私が押すというものでした。

私も少し聞こえが悪いところがあるので、私の方が緊張しましたが、
とりあえず、ふたりの共同作業での検査も無事に終了しました。

聞こえてなくはないようなのですが、
この結果がどういう風に手術に結びつくのか心配です(;´Д`)

(wrote:2009-12-10 16:05:06)


聞こえの検査は、この時から今も度々行われていますが、この時よりも格段に上手になりました。

今では、ヘッドホンつけて音を聞いて、音が聞こえたらポンと自分でボタンを押せます。

私は部屋の外にいて、自分で言語の先生と検査のボックスの中に入っていきます。

今11歳ですが、2歳から訓練し始めたんだな~
長く頑張ったなぁ~と、

感涙