手術日決定

ブログをコツコツ移行しています。
これは息子が2歳の頃のお話。

チュービング手術日が決まりました。来月7日に入院、8日に手術です。

手術もチュービングだけではなく、熱が出やすいことなどからアデノイドと扁桃腺の切除も一緒にする事になりました。

聞こえの検査の結果が思ったより悪く、中程度の難聴と診断されたので、早い方がいいだろうと急に日にちが決まりました。

それまでの先生の態度は、

「こちらもそんなに暇ではないので、急がなくてもいいだろう」

という風だったのですが、態度豹変です(-_-)

決める際、先生から

「耳にチューブを入れても、早かったら1ヵ月くらいですぐとれる人もいるし、長ければ1年くらい入っている人もいるよ。身体から勝手に出てきちゃうんだよね」

とか、

「チューブ入れたからといって耳の聞こえがよくならないかもしれない」

とか、

「アデノイドや扁桃腺を切除したからといって熱が出なくなるという事はないかもしれない」

とか・・・

いろんな心配材料を言われて、考える時間を作ってもいいよとは言われたけど、

「お願いします」と即答しました。

もう、手当たり次第です。

今年からずっと急な発熱を繰り返し、家族も息子も大変だったので、何かしないと解決策がないように思うので。

言葉もこれから伸ばしてってあげないといけないし、
なんとかふつうに聞こえるようになってほしい(;´Д`)

ただ、入院期間の1週間(予定)に娘をどうするか。

いまのところ、遠方になるけど、私の実家に預ける事にしているのですが、

娘が親のいない、しかも1年に一回しか行かない実家で頑張れるかな~(´・ω・`)
と心配です(._.)

それにしても、今日は朝9時から13時30分まで病院に缶詰。
参りました(>_<)

(wrote:2009-12-14 13:48:28)

とにかく手術した方が治るのでは・・・と、
藁をも掴む気持ちで手術を決意したのですが、
この後、そんなに進展しなかったというのが、事の顛末です。

チュービング手術が失敗したというわけではなく、
私が期待したほどの効果ではなかったということです。

かといって、当時は、それしか思いつかなかったし、それ以外の方法もなかったので、手術したことは後悔していません。

手術しなくても、悪化して、もしかしたら、重度難聴となっていたかもしれません。

そう考えると、やってよかったとは思っています(^^)