手術の日

ブログをコツコツ移行しています。
これは息子が2歳の頃のお話。

朝9時15分、手術室に息子を抱っこして連れて行きました。

前回の手術時、「麻酔をかけるところからかなり暴れた」
という話を術前説明の時に私が麻酔医にしたせいか、

今回はさっさと衣服を脱がせ、マスクをかけて麻酔をしてました。

手術時間は2時間半。

昼少し前に終わったと連絡があり、迎えに手術室の前まで行くと、息子はぐずぐずと泣いていました。

それからず~っと、

ぐずる、
寝る、

を繰り返し、

あまりのぐずりように痛み止めの座薬IN。

でも、痛いというより

息子
僕なんでこんな事されなきゃならないの~

という感じ。

恨みがましい顔してぐずるので痛いのかはよくわからない(@_@)
「痛い」という言葉を発してくれればいいけど、息子はまだまだしゃべることができません。

ただ、喉付近の切除は大人でも、めちゃんこ痛いそうです。

耳の中にチューブを入れただけでなく、アデノイドの切除もしているので、
ぐずるのが長くても致仕方あるまい~(;´Д`)

そんなこんなで手術終了後のぐずりとうたた寝が10時間、そして就寝。

このまま朝まで寝てくれよ~と祈る母でした☆彡

ぐずるのあやして母も疲れた(>_<)

↓点滴の針をいれられ、その針が動かないように板をはりつけて包帯で撒かれています。これも嫌だったんでしょう・・・そうだよね、嫌だよね(;_;)

手術の日、息子を手術に送り出すのは本当に胸が痛みます。

なんでこんなことになっちゃったんだろ・・・

なんてことも考えます。

どんなに簡単な手術でも、無事に帰ってくる補償はどこにもありません。

身体にメスを入れることの大変さをつくづく感じました。

これは自分が手術を受けるより、とてもつらく感じました。