病院の相部屋は気を使う

ブログをコツコツ移行しています。
これは息子が2歳の頃のお話。

●「まだ半日」

相部屋に移った日に限って、夜中に何回も起きた息子。

朝起きても「あだあだ」自己流言葉でしゃべり続けています。

あまりのうるささに、朝食後すぐ散歩に出ると、

病院の床を高速ハイハイで駆け回り。

ズボン埃だらけ~ヽ(ヽ>ω<)ヒイィィィ!!

(この頃息子は、伝い歩きくらいな状態で、歩くことができず、ハイハイで移動していました。おしゃべりも喃語って感じでした。)

やっとお昼ご飯食べた後にお昼寝してくれました。
ホッ(-。-;)

しかし、まだ半日しかたってない~(;´Д`)

後半戦の夜をどう乗りきるのか・・・ 思案中です(-“-)

(wrote:2010-01-11 13:56:43)

●「やっと今日が終わった」

後半戦、 昼寝から起きたのは夕方でした。

夕食前に地下売店まで散歩に連れて行き、売店が休みだったので、 誰もいない通路を高速ハイハイで遊ばせて夕食に挑みました。

運動させて、夜も早く寝せる作戦です(^^;)

そしたら食べる、食べる。
ご飯とおかず完食です。

喉の痛みどこへやら(゜o゜)

毎回、食事前に痛み止めを飲んでから食事させているのですが、痛み止めのせいでしょうか・・・こうまで痛がらずに食べられるとは・・・^^;

喉の手術をした人は、 術後すごく痛がる人もいれば、
ケロっとしてる人もいるらしい・・・

単に息子は後者のタイプだったのか・・・

痛みは最高1週間くらいしか続かないらしいので、大丈夫だと思うけど、 家に帰って痛みだすのだけは勘弁してくれよ~(>_<)

と思っている母でした。

夕食時に旦那が来てくれて、息子と遊んでくれたので助かった~

ありがとよっ旦那( ̄ー ̄)bグッ!

明日は退院がかかった診察日。

神よ~
無事退院させてくれ~(;´Д`)

(wrote:2010-01-11 22:16:11)

入院時、何度も、何度も思うのは、

早く退院させて~

この一点のみですね。

私の場合、まだ3歳の娘がいて、旦那がせっせと世話しているという状況だったので、一刻も早く、旦那から私にバトンタッチして、旦那にはせっせと働いてもわらねば・・・

という状態だったのですが、

入院日は決まっていて動かせない、動かしたくない、私も、ドクターも看護師さんも~という状況なんですが、

退院日は、あっさり裏切って予定変更になる・・・(;_;)

術後、体調を整え退院に挑むのは、むずかしかったです(;´Д`)