やっぱり退院無理だった

ブログをコツコツ移行しています。
これは息子が2歳の頃のお話。

今日は先生が違う先生だったので、嫌な予感がしたのよね~(~_~)

診察時、例の如く暴れる息子。

耳の穴が小さいので術部が見えなかったらしく、

「見えないや」

で、終わり。

お~い

退院の話をすると、

「主治医の先生とよく相談して…」と言うので、

「主治医の先生の話では、今日か明日と言われてて、ご飯も食べれてるし、元気が余ってるみたいなのですが」と言うと、

「元気かどうかはこちらが決める事です。帰って出血が酷くなったらどうするんですか」と言われ、

「お風呂はいつから入っていいんでしょうか?」と聞くと、

私の先の発言が気に入らなかったのか?

「お風呂は退院までダメです。出血が酷くなったらどうするんですか!」と半ば切れかかって言ってました。

ダメだこりゃ(~_~)

出血、出血って今日まで出血一回もしてないのに・・・

自分じゃわからないことを言われて気にさわった・・・とか、私からの病状についての断定的発言が気に障ったとかでこのような、「ドクター発言」になったのでは・・・

と、思われます。
”ぜったい風呂入っていいはずだ!!(--〆)”

今までたくさんのドクターと接する機会があったので、観察するようになってしまいました。

ドクターの保身の為の言い訳だったり、
病院の営利だったり、

病院て言い訳多すぎる!!!
ドクター自身の保身的発言も多い!!
わからないことは「わからない」と言えばいいんだよ!!!

ドクターや病院側の意図を読まないと、
言いくるめられてこちらが痛い目みる事が多いんだもん(;_;)

病気というリスクがこちらにはあるので、下手な事言えないのが痛いです。

病院にかかるって、ある意味賭け。
自分の身体と引き換えに・・・
とか考えてしまいます。

そうじゃなく・・・

純粋に病気と対決してくれる先生もいる事はわかってるのですが、病気じゃなく、自分みてるドクターもけっこういたりします。

なるべくあたりたくないよな~自分ばかりみてる「ナル」なドクター・・・(;´Д`)

(wrote:2010-01-12 11:11:53)

病院の先生との出会いって、本当に大切。

命や身体がかかっているのに、

相性最悪だったり、
心を傷つけられたりしたら、

病んでるのに、さらに病む(T_T)

息子のおかげで、たくさんの病院の先生に出会い、

先生を選ぶことの大事さを知りました。

近所だからとかで行ったらえらい目にあう・・・

先生側も「とんでもない患者だ・・・」

と、思うことも多々あるのだろうけど、

多くの人の病気に対峙するという仕事を選んだのだから、

そんな患者をもさばくことは、技術のうちだと私は思う。