中学1年生のバレンタイン

また今年もバレンタインがやってきました。

小学生の時は、お友達にもらうので、ちょっと張り合う気持ちもあり、一生懸命友チョコを作っていた娘ですが、

中学生になって、その気持ちはすっかり枯れたようで、

今年はもういいわ

と、すっきりさっぱり作る気はまったくなくなっていました。

ああ、やっと私も付き合わなくてすむ・・・
と安心していたのですが・・・

連休も終わり、12日になって、お友達がチョコを我が家へ配達に来ました。

え~( ;∀;)

もらった時から、

ああ、今年も作らなきゃならないんだ~(;´Д`)
と、娘と顔を見合わせてしまいました(;^ω^)

その子は、自転車のカゴにいっぱいの友チョコを入れていて、一個づつ配って回っていたみたいで、そういう風な感じなら、ひとつくらい返ってこなくてもいいかなぁ・・・

という気持ちも横切りましたが、その子はどっちかというと、かまってちゃんで、かまってほしいから一生懸命しているのです。

それが、娘にもわかっているので、

作るか・・・

ということになりました。

その後、もう一人のお友達にももらってしまったので、これは神が作れと言ってるよ・・・という風に私たちは受け取り、学校が終わって、夕食もすませて、チョコづくり開始。

といっても、娘は、チョコ作りは苦手中の苦手なので、クッキーにしました。ココアを入れればチョコを連想させるし、バレンタインに渡してもおかしくない・・・だろう・・・ということで~

チョコレートは温度が暖かいうちに成型しないといけないので、「早く」ができない娘には難易度が高すぎる。チョコを混ぜてる最中に固まってきたり、成型してる最中に固まったりするのです。

出来上がるまでに二人ボロボロになります。

娘の小学生時代、その経験をして、もうチョコ作りはいいわ~
と、私も娘も懲りた(^^;)

クッキーなら、成型に多少時間が長くかかっても、
焼いてしまえばOKだ( ̄ー ̄)

と、思っていたのですが~

娘は、変なところで完璧主義。

分量を計るところから、混ぜる、成型まで、きっちりしないと気が済まないタイプなのです。

でも、きっちりを早くすればいいのですが、丁寧に丁寧にするもんだから、かなり、かな~り、時間がかかります。

ハートの形を作りたかったけど、♡の形にするのがむずかしかったみたいで、いろんな動画を探して見せてみたけど、自分が「こうじゃない」「これはハートじゃない」と、形がちょっとでも気に入らなければ、また作り直し。

粘土じゃないんだから~(;^ω^)

と、言ってもきかず。

何度も何度もやり直していて、

材料を計る、混ぜる、成型、焼くの工程に3時間くらいかかりました。

娘も疲れてたけど、私も疲れたよ~(;´Д`)

中学1年のバレンタインは、本人の気持ちは削がれていたけど、友達がまだ友チョコにおぼれていたので、抜け切ることができませんでした。

でも、小学生の時よりも、かなり友チョコ抜けた子が多かったように思います。

小学生の時は、作るの張り合ってた感じがあって、それもまた大変でした。

でも多くの子達が、その張り合いから抜けたのか、中学生生活が忙しいからか、友チョコ渡し合いは娘の周りでは少ないようでした。

いつか本命に渡す時がくるのかもしれないけど、
私の娘だから、まだまだ先だろうなぁ(^^;)