障がい児家庭には車が必要~我が家の足、ムーブ

2021年2月18日

これは息子が2歳、娘が3歳の頃のお話。
その頃の我が家の車はムーブでした。

うちは、なんでも車でお出かけが多いのですが、
その車、ムーブちゃんのパワーウインドが故障!
スイッチ触ってもうんとも、すんともいわないわね!(>_<)

で、パキっ!!

何の音?
スイッチが割れてる~

修理してもらったのですが、
部品が19,100円、工賃2、000円かかりました。
おニューのスィッチだけど、どれを替えたかわかるまい・・・。

車自体は古い物なんだけど、スイッチが新しく変わっても、古い車になじんでしまうとは・・・

(wrote:2009-08-31 20:04:36)

障がい児とのおでかけに、車はあった方がいい

まさかダウン症児を産むとは思わなかった私。

車の運転免許持ってて助かった~

ダウン症児を育てるのに、車での移動はとても助かります。

理由として、

ダウン症児は歩けるようになるまでが遅い

があげられます。

低緊張な筋肉なので、抱っこしても「くたっ」って感じで、首を持ち上げるのにもかなりの時間を要します。我が家のダウン症児、首が座るの7カ月かかりました。

しかも息子は反り返りが強く、座るのが嫌い。
嫌いっつ~ができなかったんでしょうね。エビぞりになりつつ、立たせろ~って感じでした。

座る事ができないので、ベビーカーがだめで、抱っこひもが必需品。

そんな彼と一緒にお出かけは、車がベストだったんです。

だってベビーカー嫌がるも~ん

病院に行く回数も普通の子より多いから、幼児連れて電車は乗りにくい・・・。タクシーを使うほどセレブ家庭でもないんで~移動=車です。私は車の運転が好きじゃないので、息子が大きくなったら自転車での移動ができるようになるといいなぁ~とも考えていたのですが、まさか重度のダウン症児とは思わなかったんで、その夢は潰えました。

車道とか歩道とかもわかんないし~、目的地に自分だけじゃ行けない・・・それが重度ダウン症児

なんとか自分で乗れる乗り物は、3輪のキックスケーター。
(↓安定感がある3輪のキックスケーターなら、練習してなんとか乗れるようになりました。近くの公園までくらいなら、自分で乗って移動できます。)

幼児の頃は、ひ~こら抱っこやおんぶしていましたが、

抱っこひもに独自の背あてを作ってました。
ぐにゃぐにゃな身体だったので、
紐からすり抜けて落ちちゃうんで~

歩けるようになり、走れるようになって、人より歩みは遅いけど、牛の歩みでも頑張ってます。抱っこ~抱っこ~と小学校3年生くらいまで、抱っこ所望してたけど、小学校高学年では走るのが早くなり、今では私より走るのが早くなりました。

伏見稲荷の一ノ峰まで、自分で歩いて登れるくらいになりました~♡

今では、私と旦那のために車が必要です。

老化が激しく、歩くのツライ~と、自分のために車に乗っています。

とほほ・・・
PVアクセスランキング にほんブログ村