HSCな娘は中学2年生

我が家のHSCと思われる娘は、中学2年生。

新しい局面が苦手な娘なので、中学生に上がるタイミングがやばいかも・・・と思っていたのですが、娘にとっては新入生のタイミングよりも、中学2年生にあがってからのタイミングの方が修羅場的でした(-_-)

それはなぜか?

クラスにジャイアン的存在がいたから・・・です(^^;)

HSCっ子の取扱説明書的な、チェックリスト

この項目に13個以上あてはまればHSCって感じなんだそうです。
ですが、この項目にあてはまらん子の方が今や少ない気が~

1.すぐにびっくりする
2.服の布地がチクチクしたり、靴下の縫い目や服のラベルが肌に当たったりするのを嫌がる
3.驚かされるのが苦手である
4.しつけは、強い罰よりも、優しい注意のほうが効果がある
5.親の心を読む
6.年齢の割りに難しい言葉を使う
7.いつもと違う臭いに気づく
8.ユーモアのセンスがある
9.直感力に優れている
10.興奮したあとはなかなか寝つけない
11.大きな変化にうまく適応できない
12.たくさんのことを質問する
13.服がぬれたり、砂がついたりすると、着替えたがる
14.完璧主義である
15.誰かがつらい思いをしていることに気づく
16.静かに遊ぶのを好む
17.考えさせられる深い質問をする
18.痛みに敏感である
19.うるさい場所を嫌がる
20.細かいこと(物の移動、人の外見の変化など)に気づく
21.石橋をたたいて渡る
22.人前で発表する時には、知っている人だけのほうがうまくいく
23.物事を深く考える

娘の中学校にはHSCいっぱいいる気がします(@_@)
そして、5の親の心を読むが、めちゃくちゃうまい。

わかるからこそ、傷ついている子が多くなっていると思う今日この頃~
親のメンタル面の安定も必要とされてるんだとは思うけど~

難しいんだよ親も(;´Д`)

そして、今年気づいたけど、先生にもHSP結構多い。

生徒との共感の場にいるからかな~(@_@。

学校がHSC,HSPだらけなので、教育がむずかしくなっているのかもしれない・・・

HSCな娘の、HSCな故の、こまった出来事その1

チェックリストの11番、

「大きな変化にうまく適応できない」
という項目を毎年重視して、我が家では新学期は慎重になっています。

校舎が変わってしまう中1の方が「大きな変化」に該当するかと思っていたのですが、

「大きな変化」でも、周りにフォローしてくれる人がいると、案外乗り切れるようで、中1の時はとても親しくしてくれるお友達や、クラブの先輩もよくフォローしてくれる先輩がいて、なんとか楽しく過ごせていました。

そんな時は、彼女絶好調なんで、若干新しめなチャレンジもできて、初の友達と一緒にカラオケとか、ショッピングとか、電車に乗ってお友達と動物園に行ったりもできました。

いつも私の後ろに隠れたり、手つなぐ、腕を組みたがる、など、ひたすら人に頼ってばかりだったので、

成長したなぁ~
とか喜んでいたのですが、

中学2年になって、中学生慣れたかな?
と、思った私が甘かった~(;´Д`)

中2になって、クラス替えがあり、クラスにジャイアン的存在の子と一緒のクラスになりました。

クラス替えの日、今年はダメだ・・・と、うなだれて帰ってきて、それから毎日のようにその子の事を

うるさい

と、文句タレタレ。
疲れて帰ってきます。

大きな音が苦手というのもHSCの特徴。そのジャイアンみたいな子は、声も大きけりゃ、態度もでかい、まさにジャイアンで、その存在に恐れおののいて、日々疲れているようです。

でも、話を聞くと、娘に実際にそんなに絡んでいるわけではなさそう・・・。

クラスのジャイアン的存在の子は、宿題を忘れたり、忘れ物が多かったり、先生によく怒られていて、

その子が怒られている時は、クラス全員の前で怒られていて、

怒られている最中、クラス全体がお通夜のような感じになるそうです。

その雰囲気に疲れるらしい・・・(◎_◎;)

自分が怒られているわけじゃないんだから、そんな時は、楽しい事考えたり、ノートに漫画でも描いてるといいよ・・・と、言ってみたのですが、切り替えが難しいよう。

ワンネスすぎるよ、その心(;´∀`)
その痛みもらわなくていいから~

当のジャイアン的存在の子は、そんな子がクラスの中にいるなんてまったく気づかずに、自分をバンバン出して生活しているようで、怒られても、怒られても、へっちゃら~♪

みたい(^^;)

今日も○○くん怒られてたよ

と、日々その子の話題で我が家はもちきり。

おかげで、そのジャイアンをほとんど知らない私なのですが、
毎日の所業を知ってしまっているのでした~^^;

でも、ここで聞いてやらなきゃ、我が家の娘、人よりちっちゃい心なので、すぐパンパンになるんですよね。
ごめんジャイアン(;´∀`)

HSCな娘の、HSCな故の、こまった出来事その2

中2は、職場体験とかも1学期にあり、それも大変だったみたい。学校以外に朝から行って、知らない大人と一緒にいるだけで、心の中は、

ガクガク((;OдO))ブルブル

毎日、ヘトヘトになって帰ってきてました。

一応お仕事体験なので、それなりに仕事を言われるようですが、仕事に慣れる前に場に慣れていないので、緊張しすぎて、ヘトヘト。

仕事でヘトヘトなんではないんですね~(;´∀`)

そして、その反動で家でダレる(~_~)

これが一番困った~(;´Д`)

家でyoutube見る機会が増え、ダラ~~~~~っと見てます。

脳が緊張解除を欲しているんだと思うんですけど、中1よりもyoutube見る時間が長くなってしまい、生活リズムが乱れるということになってしまいました。

HSCな娘の、HSCな故の、こまった出来事その3

そんな人間関係に揉まれつつ、女子的人間関係にも揉まれ出した中2、1学期。

部活では、もう卒業してしまったけど、先輩のおかげで、なんとか人間関係の輪に入ることができて、楽しく過ごせているようです。

が、クラスは違う。

部活と違って、クラスのメンツが変わるクラス替え。
中学生ともなると、女子の心は複雑になってきますので、人間関係も複雑、煩雑、乱れ咲~(^^;)

今度のクラスには、こじらせ女子が多いみたいで、そのこじらせ女子に付きまとわれているそう・・・。

こじらせ女子とは?
女性性に対して劣等感があったり、自信がなかったりするらしいのですが、

ここでいう中学生のこじらせ女子は、
女性性ではなく、自分自身に対して劣等感があったり、
自信がなかったり~という意味で、

娘が困っていることは、自信がない故に、人をダシにして、裏で摂政のように、あ~だこ~だと言う困ったチャンがいるそうです。

なんだ、いつものあんたが息子にやってるのと一緒じゃん

とか言ったら、キレられた~(;´Д`)

聞いた話によると、その子もHSCぽいです。
つ~が、こじらせ女子がHSC、HSPなのかな?

ただ、娘は家族にしかその所業を発揮しないけど、その子は友達にできる強さがあるみたいです。

娘の場合、他人とはかな~~~り距離おくタイプですんで~(^^;)

HSC当人が、HSCの子に振り回されて、頭の中はそういったことでいっぱいで、1学期、毎日ぐったりして帰ってきてました。

中2、1学期を振り返って、HSCを斬る

娘の様子からですが~

HSCの「大きな変化が苦手」は、「環境の変化」ではなく「人」なんだな~と気づきました。

周りの人次第で、生きやすくも、生きがたくもなってしまうようです。
そういった場に入ってしまっても、その環境を自分で変える力も娘にはありません(;´Д`)

さらに、HSCはHSCを呼ぶのか?
HSC同士は気疲れ倍増みたいです。

HSCって「昔、昔の、生き抜くための戦略、鋭利な感覚を、前世的な記憶として細胞が持ってるから、敏感」という風な本を読んだのですが(こちらに記事書きました~)、

そんな記憶いらん~
とっとと忘れたら?
しつこいぞ!(~_~)

とか思ってしまう私は非情?

とても深く、深く、考えて、結局行動しないのが、娘。

あれだけ、げーげー吐いて産んだのに、なに?その体たらく・・・

とか、考えてしまう1学期終了でした。

2学期なんとか、自分を取り戻してほしいけどな~

つ~か、自分次第でなんぼでもなるって気づくのはいつ?
母の命があるうちに~とか思っていますけどね~(;´∀`)

いっそ、禅やマインドフルネスでも紹介した方がいいのかな?


心が落ち着き、集中力がグングン高まる! 子どものためのマインドフルネス