耳だれ終わりました~1ヶ月強つづいてた

耳だれやっと終わりました。
1ヶ月強つづいてました。
そんなこっちゃから、補聴器生活に突入するんじゃ~(;_;)

今回の耳だれは、さらさら鼻水からだったのですが、それって、寝ているだけでさらっと耳にいったりする・・・と、耳鼻科の先生は言ってました。

そうそう、サラサラ鼻水、目が充血し出す、翌日耳だれという流れだったです。

耳だれを吸うという治療をさせてくれたら、もっと早めの完治につながったのかもですが、息子は、耳だれを吸う治療で使う器材が怖いらしい。(息子が嫌いな器材についてはこちらに記事書いてます)
使ったこともないのに、見た目で怖がってます。
なんの妄想してるんだか・・・(~_~)

点耳薬でなんとか、ここまで来ましたが、

(↓下写真:点耳薬が濁らず、しばらくすると、するすると奥に液体が流れて行く状態)

最近、秋風吹きだして、息子に大敵な時期になってまいりました。

というのも、急激な温度変化があかんのじゃ?

という見解に今、達してます。
今回の耳だれ事件は、すごく暑い時期に、暑かったので、家人がめちゃくちゃエアコンの温度を低くした、というのから鼻水になりました。その後耳だれに~。

例年では、9月のがくっと下がる気温の時期に、鼻水が出るようになり、そこから耳に~というのがパターン化してまして~

なんとか、ここを防ぎたいのですが、失敗してしまう(/ω\)

夜寝てる間に暑く、朝方めちゃ寒くなるというパターンが一番危険。

私ら親子、寝たら、「寒いなぁ~」と思いつつ、起きれません(;_;)
厚めの布団を出しておいて、いざとなったら、それかぶろうと思うのですが、寒い<眠い、という親子なんで、寒いなぁと思いつつ寝てて布団にはいっちゃおらんです。

息子は、夜中「寒いなぁ~」と思ったら、敷布団の下にもぐってます。それで寒さが凌げていれば、鼻水にならないんでしょうが、やっぱりなっちゃうんですよね。

耳鼻科の先生の話だと、鼻の温度センサーが敏感すぎるのでは?

との事なんですけど・・・

今回の耳だれ事件は終わったけど、耳だれ体質が改善したわけではないので、これから戦々恐々体勢に入ります(-_-)