プリキュアグッズは親を悩ませる

2020年7月17日

ブログをコツコツ移行しています。
これは娘が3歳、息子が2歳の頃のお話。

プリキュアインナー発見~

そろそろ衣替えの季節です。

娘は半年ですぐ服の買い替えをしなければならないほど大きくなります。

食事は好き嫌いが多く、量もあまり食べてないのに何故?(;´∀`)

春、秋はインナー、トップス、パンツ、スカート、靴と買い替えが生じ、

万札がひらひらと飛んでいく~( ;∀;)

そんな中、今、娘がはまってるプリキュア商品発見~。

しかも、インナーがすごい。
フリル付、コスチュームのデザインが印刷されている~(゜o゜)

他にも光るパジャマ、
お尻の部分にプリントされたパンツ、
靴下の絵柄は4人別々バージョン、

商売上手!(/ω\)

と、思ってしまった。

アンパンマンを散々集めたのに、いまやアンパンマンの残骸が残るのみ。

DVDもあれだけ毎日みていたが、今やプリキュアを見せたらおとなし~く見ています。
アンパンマンではこうはいかなくなってしまった(;^ω^)

プリキュアグッズも増えていくんだろうなぁ・・・

(wrote:2009-09-30 16:35:25)

娘は「めばえ」とか、「たのしい幼稚園」とか「おともだち」などの幼児の雑誌をまったく見ないタイプでした。

本が嫌いだったのだと思うのですが、こういった雑誌を読んだり、見たりしてくれれば、付録でプリキュア的なグッズもいろいろ手に入ったのに、何故か、めちゃくちゃ高い商品を欲しがっていました。

↓こういったなりきりファッションが好きだったです。

↓しかし、着こなしはちょっと変な子でした(^^;)

インナーはたまたまスーパーで見つけて、

しまった、この売り場に娘と行くのは失敗だった(◎_◎;)

と、思ったけど、あとの祭り。
買え買え攻撃で買ってしまいました(;´Д`)

幼児の衣類はすぐに買い替えとなるので、パジャマ光ってくれても、ちょっとの間だけの喜びだよ~とか言ったけど、旦那がまずそういった時は、

旦那
買ってやれ!

となるんですよね~。

自分の幼少期に買ってもらえなかったから、子どもらをそういった気持ちにはしたくないそうですが、

買ってもらえなかった気持ちをいつまでも引きずるな~旦那よ~

とか私は思ったりしてたけど、結局私が負けるんだよね。

下着にフリルがついているという画期的?な商品でした(^^;)
幼児期の衣類の買い替えは、家計との戦い。

今の幼児を育てるお母さんたちも大変だろうなぁ。
幼児教育・保育の無償化でうまく回っていくのかな?

↓今もあるんですね。悩ましい商品(^^;)

光るパジャマも、プリキュアの主人公が変わるたびに買え買え攻撃で大変でした(T_T)

私もその時代に子育てしていたら、
気持ちよくプリキュアインナー買ってあげてたのかな?
いや、私のことだから、そうでもないかな(;^ω^)

娘、アンパンマンを見ながらアンパンマンの服を着るの図

アンパンマンを見ながら、アンパンマンの衣装を着てなりきりをしていた娘。
その衣装は息子に受け継がれて、まあ長くもって元はとった^^;

プリキュアは無理かと思ったけど、オムツだった息子はパンツに憧れて、姉がみていないすきに、プリキュアパンツを履こうとしてました(;´∀`)

いくら私でも下着はさすがにおさがりは考えなかったけど、
みずから選んだ息子だったです(;^ω^)

今、娘は下着にはあまり執着がないようで、この下着でいいかな?と聞くと、

なんでもいいよ

とか言ってます。

あれ?

女の子・・・なんだけど、気にしなくていいのかな?

それはそれで、ちょっと心配でもあったりして、
私も困った母ですね~(;´∀`)