胃内視鏡検査を受けることにしました

正月にインフルエンザと溶連菌をどこかでもらってしまったようで、
↓その時の記事こちら~

熱などの症状は治ったのですが、お腹の中はまだ溶連菌だかウイルスだかが暴れ回っている状態のような気がします。

腹の調子が悪い~(;_;)

便が細くてなかなか出てこない~こんな症状で胃内視鏡をすすめられました

便が細いという現象が、年齢だか肛門が関係あるのかわかんないけど、そういった状態に私の身体はなっていて、それって常にお腹がぐじゅっとした状態、そこに溶連菌?ウイルス?がまだあるのかぐじゅをかきまわしています。

食べた後がまた辛く、若干吐き気も出てくるので、食欲でません。

でも時間がたつと、腹はなんとなく空いてきて、お腹空いたタイミングで食べる➡ぐじゅぐじゅぐじゅ➡下の穴がふさがっている感覚で、便が出たいけど出ない、出せない➡腹圧up➡吐き気へという状況。

なので、食べた後に動けなくなったりして、最低限の家事しかできなくなり、ストレス満杯になってきました。

子どもの頃は便秘体質でしたが、大人になって、結構自分で出せるようになって、長時間トイレとはおさらばしていたのに、この症状のせいで、何度もトイレに行って頑張るので、お尻キレてきた。

そしてヒリヒリします( ;∀;)

息子も便を出すのが苦手。
この状況は、しゃべれない息子の身体の状況を感じろ~

との神のお告げでしょうか?(>_<)

とにかく便出さなきゃと思って、

私の感じでは、肛門の穴の部分が閉まってきているのかな?

と感じたので、選んだのが胃腸科と肛門科が入っている病院でした。(➡その時の記事こちら

しかし、その病院のみたては、便が細いという方向を治すのではなく、ウイルスやら細菌やらを出すという方向でした。

溶連菌やらウイルスやらがお腹の中で悪さしてるという方向ではない?単に胃の調子が悪いと?でも下がふさがってるから出れないんじゃないの?

とか思いつつ、

その時の診察は、お腹の触診と腹部レントゲン。

次回、胃内視鏡検査をしてみましょうと言われ、胃腸薬をもらって帰りました。

悪いのは胃なのかな?

 

とは思ったのですが、自分の判断がおかしいのかもしれないので、胃内視鏡検査を受けることにしました。

胃内視鏡検査とは?前日と検査前の注意点

内視鏡検査とは

先端にカメラのついた細い柔軟なチューブ(内視鏡)を口または鼻、肛門から挿入し、消化器官内部の検査をするものです。

以前、鼻から挿入する内視鏡検査をやったことがあるのですが、その時はめちゃくちゃしんどかったです。

鼻から入れて、喉を通るまでは頑張れたのですが、その時は、胃に腫瘍があったとかで、その組織を採るためにいろいろやっていて、その動きがなんとなくわかかるんで、

う、うう、、

とお腹の中のチューブと格闘した感じを体感しました。

鼻の穴や喉を通過する異物感はなんとか我慢できたけど、
胃の粘膜採取の時の感覚は我慢しにくかったです。
先生や看護師さんに励まされてその時はなんとかやりきりました。

そして結果はなんともなかったという・・・その時は胃がむかむかして、口の中が苦いという主訴で行ったのですが~。

原因もわからず、いつの間にかその症状がおさまったので、そのまま・・・という苦い思い出があります。

そんな記憶なので、
二度とやりたくない・・・とか思ってしまっていたのですが、

便が出ない原因を究明したかったので、やらねば!!と、
検査に挑むことにしました。

今回は口からの挿入になるのだとか。
麻酔を使ってやるので、人によっては寝てしまうんですよ、と、説明されたので、きっと大丈夫と自分を励ましつつ、予約を取りました。

予約は午後11時30分からにしました。午後の人は違うスケジュールかもしれませんが、食事時間の注意がありました。

内視鏡検査の注意点

検査にあたって、いくつかの注意点を書かれたプリントをもらい、そのプリントにそって看護師さんに説明をうけました。

・前日の夕食は普通にとってください。
・検査を午前中に受けられる方は、夜9時以降は何も食べないでください。
・検査当日は、絶飲食でお越しください。ただし、コップ1杯のお水程度なら大丈夫です。
・検査前にのどを麻酔し、胃腸の運動を抑える注射をします。緑内障、心臓病、前立腺肥大などの既往歴のある人は申し出てください。➡私、緑内障かも・・・と言われたことがあったので、あせったけど、問題なかったです。
・苦痛を少なくして、検査をより安全、正確に行うため、軽い鎮静剤の注射を行います。人により意識が薄れる場合があります。このため、検査後は、30~60分の休憩が必要です。自動車、自転車を運転しての来院はご遠慮ください。
・貴金属、義歯、マニキュアは検査前に外してください。

といった、注意点の説明を受けました。

前回の検査で、胃粘膜の採取を、その時苦しかった事も訴えたのですが、今回も、もしかしたらそんな時もあるかもという説明もうけました。

「診断のために食道や胃の粘膜に色素を散布することがあります。そのため検査後に尿や便に着色(青色)する場合がありますが無害です。また病変の良性、悪性の判断が必要な場合や、ピロリ菌感染の有無を調べる目的で、生検(病変や粘膜の一部を採取して検査に提出)を行うことがあります」

と、プリントにも書かれていました。

私的にすることは、

とにかく前日9時までに食べ終わり、翌日は絶食すればいいんだよね・・・

絶食って結構私的には辛いけど、頑張るぞ(^O^)/

つづく~