便の詰まりで肛門科を受診しました

胃内視鏡検査を受けて、その病院で大腸内視鏡検査を勧められたのですが、私としては、はじめに大腸内視鏡検査をやってもらいたかったのです。

糞詰まりでめちゃくちゃ苦しんでいるのに、消化がよくなる薬を与えられ、糞詰まりなので、さらにお腹が痛くなり、それなのに、胃の検査ってなんなん?普通大腸や肛門を調べるんじゃないんかい!

と、思っているところに、その事を先生に訴えたら「じゃあ、体調内視鏡検査をしようか」と・・・

じゃあってなんだよ!じゃあって!

とかブチ切れたので、その病院を後にしました。

の記事の続きです。

次の日にはもう別の肛門科の病院を見つけて、診察に行っていた私。

胃内視鏡検査をした病院も肛門科、内科なのですが、次にいった病院もそういった感じで、またその流れでいったらいやだな~と思っていたのですが、

ちょっと問診が終了すると、

「じゃあ脱いで横になって」と言われ、

ついにきた~パンツ脱げの指示

前の病院の初診日に、いつパンツ脱ぐのかな?と不安に思っていたけど、
むしろ今回はこの流れめちゃうれしい\(^o^)/

ボトムスとパンツを脱ぐ際に、ちゃんと看護師さんがバスタオルを広げてくれて、先生が診察する時もちゃんとタオルをかけてお尻のみ見えるようにしてくれました。

ぺろ~んと出しっぱなしなのかと思ったけど、妄想であったか・・・^^;
なんでパンツ脱ぐのに抵抗あったんだろう・・・とか思いました。

診察後、結局大腸内視鏡検査をやってみようということになりました。触診とかされて、肛門も写真撮ってくれて見せてもらったけど、特に糞詰まりの原因がわからなかったようです。

前からよく切れることがあったという話をしたからだと思うのですが、とりあえず、「ボラザG軟膏」という薬を処方してもらいました。

以前からボラギノールにちょいちょいお世話になっていたのですが、ボラギノールとはまた成分が違うのだそうです。
処方してもらった薬局でもらった、薬の効能・効果を見ると
・血流を改善
・患部の腫れを改善
・傷の治りを早める
・痛みを改善

と、肛門専用の傷薬?なんですかね。使ってみたところ、結構じわ~っといい感じでした。

しかし、糞詰まりが問題なんで、そこで終わっちゃいけないと、次は大腸内視鏡検査です。

やっとかよ~