コロナショック中の日常

緊急事態宣言から9日後、全国緊急事態宣言という政府からのお達し。今後、歴史の教科書に載りそうな日の中、我が家の日常はどんな感じだったか記録しておこうと思います。

4月7日の緊急事態宣言の次の日、息子の学校は始業式になっていて、始業式を止めることができずに決行されました。

我が家付近は、そこまでコロナの実態が浸透していないのか、次の日、登校のために外に出ると、普通に結構な人が通っていました。さすがに学生はいなかったので、人数としては減っているのですが、大人の人数としては減ってないようでした。

あれ?緊急事態宣言は?

とか思ったけど、1日、2日とたつうちに、我が家付近だけではなく、みんな緊急事態宣言が望んでいる通りの行動をしていなかったということがテレビのニュースにより判明(;´∀`)

学校は、始業式だけで、また休校になり、娘も緊急事態宣言発令の日が始業式で、次の日からまたお休みですのプリントもらって帰ってきました。

娘の学校からは、それから、学習サイトの紹介メールとかが来ましたが、他は、何もきていません。

みんな医療崩壊を気にしているけど、教育崩壊も起こっていて、これって子どもにとって、数年後とかに影響が出てくるものなのかもしれません。

娘は学習ってのを忘れたみたいな生活をしていて、youtubeを見て、コロナウイルスの現状を知ったり、料理のチャンネルを見て、お菓子を作ったりしています。

昼に起きてきて、夜遅くに寝ている娘。

きっとヒカキンさんが
「その生活習慣はよくないぞ」
とかyoutubeでアップしてくれたら、生活習慣変わるんじゃないかな~と、旦那と二人話してたりします。

そういえば、娘が小学生の時、学校でわかんない問題が出ると、youtubeで解き方を探して、問題を解いたりしてました。ユーチューバ―の方々は問題の解き方を丁寧かつ、わかりやすく説明するのが上手いので、娘の理解を何度も助けてくれました。

今、娘は身体的なコンプレックスと戦っていて、同じコンプレックスを笑いに変えているユーチューバ―さんを見つけて、励みしています。

料理のチャンネルでは、材料の紹介から食べるまでを動画にしたVlogとかいうのを見て、

おいしそう~

となって、作る~という流れになっているようです。

家庭科という教科の中で無理して作らせなくても、誰かがやってるの見て憧れてやったりしてるので、

もしかして、今までの教育環境って子どもにとって違うのかも?教科書っていらんのじゃ?

とか私の中で疑惑がひろがっています。

運動も、ちょっと太ったって自分で思ったらしく、足パカ運動をyoutubeで見つけてやってて

筋肉痛が~

とか言っていました。

自分に必要なものを勝手に見つけて、自分で取りこんでいるようです。

今日は何度も作ったメレンゲクッキーなのに、砂糖入り卵白が固まらんといって、泣いてました。

HSPっ子の娘なんで、こんなとこで泣いてしまったりしてますが、学校での経験とは違った形で勉強をしているみたです(;´∀`)

ただ、緊急事態宣言がでたからなのかわかりませんが、バターとかパスタとかがスーパーの陳列棚にない(;_;)

娘が作りそうな料理材料の元がなくって、材料調達係の私はちと困ってます。

せっかく娘がやっていることなので、応援したいのですが~
下手に、これは材料ないからだめ、こっちにしたら?とかの茶々入れたくないとか思うんですけど、材料がどうしても手に入らないものは、茶々入れるしかないんで、この部分が残念なところです。

バターの品薄状態は、昔からだけど、こんなにずっとバターが我が家の近くのスーパーの陳列棚までやってこないのはちと辛い~(;´Д`)

パスタは、作り方が簡単なんで、娘の料理修行にもってこいだけど、流通が不安定とか陳列棚に貼ってありました。調べてみると生産的には通常通りなんだとか。

買い占めとかの影響なのでしょうか?

早くコロナ騒動終わってほしい気持ちもあるのですが、

コロナ騒動が終わって、学校が再開しても、こういった自分がこれをやってみたいという気持ちを大事にして自分で動くという流れは失ってほしくないなぁ~とかは思っています。

学校が始まっちゃうと、学校の時間割に部活にと忙しくなるので、
今、この時間を大事にするといいのかも・・・

親的には、もうちょっと学科の勉強もしてほしい・・・
とかは思ってるんですけどね(;^ω^)

記念に娘のお菓子たちの写真をアップしておきます。

まずはマカロン。チョコが好きで、メレンゲ菓子が好きなので、マカロンを作ろうと思ったみたいです。

チョコマカロンは少し割れてしまったので、次頑張るぞと普通のマカロン生地にあまったチョコクリームを挟んで作ってました。

マカロンで使ったアーモンドプードルがたんまり余ったので、フィナンシェを作ろうと思い立ったけど、型がなくてアルミのカップになってしまいました。

我が家では納豆に卵黄を入れて食べるため、卵白がよくあまりで出ちゃうので、メレンゲクッキーを作るという経緯になっていったのですが、成功と失敗を結構繰り返しています。これは失敗の方で、メレンゲが固まらず、焼いたら表面が割れて中から泡が出てきちゃったというシロモノ。でも味は美味しかったです。

私がお菓子を作ったり、お弁当を作りだしたのが、中学生くらいだったです。
歴史繰り返してるなぁ~(´ー`)