コロナショック 高齢者の犯罪まがいを目撃

コロナショック(;゚Д゚)
という事を感じたので、また記録しておこうと思います。

連休中、なるべく外には出たくなかったけど、キッチンペーパーがなくなってしまい、他、日曜雑貨品がきれてきたのがあったので、決死の覚悟で、ホームセンターへ行きました。

しかし、連休中のホームセンターは、緊急事態宣言中であっても、混雑していました(;´Д`)

私みたいに、何かが切れて買い物に来た人たちだったのかもしれないし、単に買い物を楽しみたい人だったのかもしれないけど・・・レジは大混雑で、売り場も3密でした(^^;)

近所の大型ショッピングセンターは、みんな閉鎖されちゃっているので、そうなるよね。ここか、スーパーしか買えないもん。スーパーにない物だってあるもんね(>_<)

そんな中、レジで精算中の一人のおじいさんが、販売個数が制限されているものを大量に精算カゴに入れていて、「これは一人○個までですよ」と、レジの方に言われると、

「わしの言う通りに渡せばいいんじゃ!」

と、怒りだし、とにかく「早く入れろ!」とレジの方に怒ってて、レジの方は、「これは一人○個までなんですよ」となだめてて、押し問答になり、レジの方がヘルプを呼んでいる隙に、個数制限物を制限なしにカゴに入れて、それをカートに入れて逃げました。

周りにいる人は、ぼ―ぜん( ゚Д゚)とそれを見てました。

泥棒の現場って初めて見た(◎_◎;)
たぶんみんなもそうなんだと思います。
ぼーぜんあぜんって感じで、みんな追いかけもしなくて、レジの人も追いかけなかったです。

精算せずにもってちゃったけど、これでいいのかな~?

とか思ってたら、
早く我を取り戻した人が追いかけてました。

次に、トイレットペーパー売り場付近を通ったら、トイレットペーパーを大量に買っているおじいさんが注意されていて、

「うちは家族が多いから必要なんだ!」

と、怒っていました。
制限がまだ解かれてないのか確認できなかったけど、
前のレジでの万引き騒ぎを見ていたので、

またじいさんか?

とか思ってしまいました。
で、トイレットペーパーを整理していた店員さんが、こってりそのおじいさんに絞られてました。
店員さんが気の毒なくらい・・・(´・ω・)

最近、レジでは間隔を開けて並ぶように、床に線が引いてあるのですが、あっさり無視も高齢者な気がします。

悪気はないんだと思うんですが、早くこの流れを抜けたい気持ちが行動に出てるのか?はたまた、集団意識のなせる技?

高齢の方って、なんであんなに寄りたがるんだろう?ってくらいくっつく人いますよね?そう思っているの私だけなのかなぁ。

マスク買い占めしてるのも高齢者やし~
入荷した物を朝から並べたら、高齢の方々が店の前で並んで求めるので、最近店側で、入荷物は朝から並べないって貼り紙してた。

我が家の近くは、老害であふれていたんだ・・・と、気づいた2020のゴールデンウィークでした。

でもさ、
高齢者たちは、衛生的な教育とか、受けてないんだと思う。
ソーシャルディスタンス的な人との距離がわかる世代でもないもんね。
農業全盛世代は人が寄って生きてきたんだろうし(´・ω・)

私らは、たまたまギリギリそういう教育を受けて社会に出られたけど、じいちゃんばあちゃんたちは、大人になって、急に社会が変わって、がんばってその世の中を受け入れて生きてきたんだと思う。

そう考えれば、今、この時代の転換期を通過した後、私らが、新しい時代で、老害にならないとはいえないんだよね(;´Д`)

とか思った出来事でした。
コロナショック後、犯罪が増えるとか言われているけど、犯罪まがい見ただけで、その日一日へんなテンションになってしまう我が家。

旦那に至っては、そういった場面を見ると、なぜか不機嫌になります。

私は、そういった事があったよ~とか人に話して、笑っておさめるタイプですが、旦那と娘は、そういったネガティブな感じの場面を見ると、不機嫌になったり、必要以上にしゅんとしたりして、その事を語る事すらできなくなるタイプです。

HSPめんどくせ~ 私がやったんじゃないし、やつあたりやめろ!

そういった家族を持つと、家庭不和にもなりかねません。

やっぱり犯罪が少なく、穏やかな社会を求めるという事は、すべての人が幸せであることが大事なんだなぁ

と、思います。
少なくとも、我が家の平和には、みんなの平和が必要みたいです(;´∀`)