5年たったので、新しい補聴器を買うことにした~補聴器メーカーあれこれ

補聴器を新調しようと、支援学校の先生に相談したのですが、今までずっとシーメンスの補聴器を使っていたのですが、今回は、フォナックというメーカーを紹介されました。

補聴器メーカー

聴覚に不安がある子どもをもって初めて知ったのですが、世界の補聴器6大メーカーというのがあるそうで、息子が使っていた補聴器メーカーはその6大メーカーのひとつ、シーメンスというメーカーの物でした。

我が家で買った補聴器の箱の裏にはこんな印刷が・・・

1876年にアメリカのグラハム・ベルが「電話機」を発明します。 そして2年後の1878年、ドイツのヴェルナ・フォン・ジーメンスが難聴者向けの電話受話器を発明しました。 これがシーメンス補聴器の誕生の歴史でもあります。 また、同年にイギリスとドイツで電気装置を使った聴力検査が始まります。

補聴器の歴史にかかわるメーカーさんだったとは・・・

補聴器の世界6大メーカーってどこ?って調べてみると~、

  • フォナック・・・1947年、スイス生まれのメーカー。世界シェア第1位。2007年より、ソノヴァ・ホールディングのブランドの一つとしての位置付けとなっている。ソノヴァ・ホールディングの中にはユニトロンというカナダの補聴器メーカーも属している。
  • オーティコン・・・デンマーク生まれのメーカー。100年以上の歴史がある。世界シェア第2位のWDHに属するメーカー。
  • シーメンス(ジバントス)・・・ドイツ生まれのメーカー。世界シェア第3位。2015年1月、シーメンスは「シーメンスオーディオロジーソリューションズ」をEQT社に売却。「シーメンスオーディオロジーソリューションズ」が名称変更されたことにより、「シバントスグループ」が誕生。2019年にはワイデックス社と合併。
  • GNリサウンド・・・約150年の歴史を有する情報技術企業GN Store Nodeの一員。GN Store Nodeは、デンマークの企業で、音質にこだわった補聴器メーカー。
  • スターキー・・・1967年アメリカ生まれの補聴器メーカー。オーダーメイド補聴器の先駆者。
  • ワイデックス・・・1956年デンマーク生まれ。1956年に創業した補聴器専業メーカー。

補聴器の歴史って結構長いんだ~( ゚Д゚)
100年越えのメーカーざら?
でも、聴こえないのって、生きて行く上でホント~に困るんだよね。
その悩みがあるかぎり、補聴器なくならないよね(^^;)

しかし、補聴器の製造販売って大変なのか、社名が変わったり、合併したりもあったりして、わけわから~ん。

私が買った時は、シーメンスだったと思うのですが、今はジバントスという社名で、補聴器のブランド名がシグニアになって、昨年ワイデックスと合併したんだとか・・・。

フォナックも、ソノヴァ・ホールディングの中の補聴器ブランドの名称みたいだし、ユニトロンって補聴器ブランドもあるようで、

同じソノヴァグループ内なのに<、
ユニトロンは6大には入らんのかナ?(◎_◎;)

我が家で買った補聴器の取説にはシーメンスと書かれているけど、今買ったらジバントスなんでしょうか?

補聴器製造販売の企業体系の複雑さにびっくりしたけど、もともとは、その補聴器を作ろうとか、売ろうとか思った人の近くに、聴力不安がある人がいたってことから、その聴力不安の人のために、会社になっていって、企業として大きくなったって事が多いようです。

聴力不安がある人に何かしたいという思いが、たくさんの人にご飯食べさせる仕事を作っていったって事なので、障がいってすごいなぁと思います。

しかし、補聴器だけじゃ儲からんからってんで、あっちこっちの企業と一緒になってやろうとしてるんでしょうか?

メーカーの個性や特色が失われていく気がしますが、
いろいろあるんでしょうね(;^ω^)

それでも一応各メーカー特色があるらしく・・・

  • オーティコン・・・脳から聞こえを考えるBrainHearingがコンセプト。補聴器はもとより人工内耳、埋め込み型骨導補聴器などの聴覚ケアに取り組んでいる。代表商品は「オープン」という自然な360度の音を届ける耳穴型補聴器。
  • フォナック・・・専用のワイヤレス機器を使った補聴援助システム「ロジャー」で有名に。他社でできることはほとんどこのフォナックの補聴器でもできるそう。
  • シグニア・・・騒音下でもナチュラルな音質で聞き取りやすい補聴器なんだとか。補聴器に集める音を音の高さごとにチャンネル数をわけているそうで、チャンネル数が多い方が自然で滑らかな聞こえになるそう。
  • GNリサウンド・・・一般的に加齢による難聴は、高音域の聞こえから悪くなるそう。その高音域の聞こえを再現する技術があるそうです。幅広い音域も特徴のひとつだそう。
  • ワイデックス・・・上限113dbという大きな音を処理することができる機能、トゥルーインプットテクノロジーという技術をもっていて、葉っぱのおちる音からコンサートやライブなどでも音の歪みやつぶれがなく、原音の再現ができる技術をもっているそう。

なんとなく調べて、各メーカーさんのコンセプトとか、特色とか、わかったけど、

うちの息子に合うのはどれなんだ~

いろいろありすぎて頭ぐるぐるします。

なので、我が家の場合、支援学校の先生に教えてもらいに行っています。

普通にお店に行って相談に乗ってもらうという方法もあるのかもですが、知的障がいをもつ息子なので、普通のお店の方が相談されても困るよね~

とか躊躇してしまうんですよね(;´Д`)

支援学校なので、立場上オススメしたりするのがすごく難しいらしいのですが、うちとしては、どうしたらいいのかわかんないので、教えてもらうしか思いつかなくて、毎回お世話になっています。

以前の先生は、シーメンス押しで、出入り業者さんがシーメンスを扱っていたのかもしれませんが、過去2回ともシーメンスの補聴器をオススメされたので、その助言を頼りに購入しました。(過去の補聴器は↓記事にしています)

今回購入にあたっては、その時の先生とは別の先生が相談窓口になっていて、学校全体で、フォナックのロジャーというシステムを使っているらしく、フォナックオススメに変わっていました。

フォナックの補聴器

前はシーメンスだったんですけど・・・

と、聞くと、なんでも、フォナックにはロジャーという補聴援助システムがあり、支援学校では、そのシステムを採用しているのだそうです。

フォナックのパンフレットで見つけたロジャーを使った風景。

話手と聞き手の距離が遠い、周囲に騒音、反響音がある、複数人との会話、こんな時は、補聴器や人工内耳を装着していても言葉の聞き取りが難しい。この問題を解決するシステムがロジャーです。

ロジャーは話し手が使用する「送信機(ワイヤレスマイクロホン)」と、聞き手が使用する「 受信機」、. 教室や会議室などに置く「線音源スピーカー」で構成されるシステムです。

ロジャーは、周囲の雑音レベルを継続的に測定し、マイクロホンのボリュームを自動的に調節します。雑音レベルが増加するとそれにロジャーが適応し、話者の声が背景雑音より大きくなるように保ちます。ロジャーを使用すると、補聴器ユーザーは騒音下および離れた距離で健聴者のほぼ10倍理解できるようになります。

フォナックのロジャーシステムカタログより

聴覚学校でも、こういったマイクやスピーカーの音と、補聴器をつないで子どもに音を届けて、授業を行っているのだとか。

補聴器に受信機がついているみたいです。

補聴器とマイク、スピーカーなどがセットじゃないと意味がないんで、フォナックを学校中で使っているみたいです。

我が家の場合、知的障がいの子が多い支援学校で、聴覚の障がいがある子は少なくて、このシステムを学校が採用する可能性は低いと思われます。

フォナックにする必要はないのかもしれないけど・・・

今まで、何度も修理に出さなければならない事が多かったけど、シーメンス結構よかったんだけどなぁ。

修理代が高くなければホント、いいメーカーなんだけど~(>_<)

使い方が荒くて、壊しちゃうからだろうけどさ

いろいろ考えたのですが、フォナックに替えてみることにしました。