アマゾンのフィッシングメール 実例あれこれ

偽アマゾンからのフィッシングメールがまたやってきていました。

迷惑メールボックスを久々に見て見たら、懲りずに入ってて、
懲りずにここに明かす私でした^^;

フィッシングメールその1 お支払い方法の情報を更新~編

なんでも、プライム会員の有効期限が切れるけど、会費支払い用のクレジットカードは有効ではないから、情報を再入力しろとのお話。

6月9日に更新が切れるのに、7月下旬に何通もきていましたが、これって、ホンマもんのアマゾンからだったら、そんなに遅く会費支払いのメールくるのかな?

Fromの部分をマウスポインターで指してみると、どこですか~?って感じのアドレスが~
毎度のことならがら、

まぎらわしい事すんじゃねーよ!!!

って感じです。

フィッシングメールその2 アマゾンアカウント~編

アマゾンアカウントにまつわるフィッシングメール、多すぎるって思うのは私だけでしょうか?
こんなメールが出回るからか、ほんまもんのアマゾンのアカウント情報に到達するまで、
何度も認証番号を入力しないといけなくなってる~(;´Д`)
めんどくさい(>_<)

Amazon.co.jpにご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認

ほんまもんのアマゾンから、カード有効期限切れや請求先住所の変更でメールくるのかな?

あなたのアカウントは停止、またはロックされました

以前にもアカウント停止フィッシングメールをもらったのですが、

今回のアカウントロックメールはかなり雑でした。

こちら↓は、もうアカウント停止されてしまったというフィッシングメール。

Formのところにポインタをあてると、mag@beauty.hotpepper.jpとあって、ここ調べると、長野の美容室のようなのですが~
これってなんなの?( ゚Д゚)

このアカウントがあなたのアカウントであることを確認してください

まだまだあるよ、アカウント編。
確認という名の作業で、なんとしてもクリックしてほしいみたいですが(-_-)

疑わしいアクティビティ?そっちの方が疑わしいだろ!


アカウントは利用規約に違反してます、というフィッシングメールもきました。

いやです 。確認したくありません。

こんなアホなフィッシングメールも・・・。

Amazone情報の不足ってなんですか~?

メール作ってる人の顔を見てみたい(-_-)

本家アマゾンより~新しいデバイスから、お客様のアカウントへのサインインが検出されました

たまたま夜遅くまで起きていた日、「新しいデバイスから、お客様のアカウントへのサインインが検出されました」メールが携帯に届きました。

また、フィッシングメールか何かかな?とか思ったのですが~

サインイン、カリフォルニアはありえんやろ!

と、慌ててアカウントの変更をしたのですが、夜中起きてなかったら、すぐに対応できんかったです。たまたま起きててよかった~と思った、ホンマもんアマゾンからのメール。

フィッシングメールに慣れ過ぎて、見過ごさなくて良かった~

と、思った出来事でした(^^;)

ホンマもんメールと確信できたのは、○○○様と、ちゃんと私の名前が入っていたからです。フィッシングメールって、個人の名前入ってないです。

個人名入ってるフィッシングメールあったら、恐ろしい・・・

しかし、

もうこういったメール自体、消滅してほしいです。
こういったメールが、世の中を複雑にしている気がします。

結局、メール出してる人にも、
いいことなんて回ってこないと思うんだけど~(-“-)