子連れの買い物は不満しか残らない

ブログをコツコツ移行しています。
これは娘が3歳、息子が2歳の頃のお話。

ちょっと遠くの街へ買い物に行きました。
連休最後の日だけあってか、すごく人が多かったです。

そんな中で、幼児二人連れで買い物なんて無謀でした。
買い物しようにも、我が家の子どもはちっとも大人しくしていないので、
心折れた~(/ω\)

他の幼児連れの家族も多く見かけたのですが、
みなさんよくすんなり買い物できるなぁ(゜o゜)

我が家では、出発時から事件は起きていました。
ちょっと遠くの街へとなると、幼児2人をいっぺんに移動させるには、車じゃないと~と、車を出動させるのですが、息子がこれまた車が嫌い。

車のシートベルトが嫌いなんですよね。
苦しく感じるのかもしれませんが、仕方ないんだよ!
シートベルトは義務化されてるの!

長時間乗せていたら、ギャーギャー暴れています。
多分、息子の心の中では、

息子
どこに連れて行くんだ~

と、思ってるんじゃないかな~と思われます。
ダウン症のため、病院へ足を運ばなければならない事が多く、病院への移動の際も車で行ってるので、車=病院と思っているのかも・・・
でもさ、

仕方ないじゃない!幼児2人も連れて遠くまで行くのに、電車は難しいんだよ!!

と、心の中で、息子に応酬。
もんもんもん!としながら運転しました。

いざ目的地に着いてからもバトル勃発。
ベビーカー嫌い事件(-_-)

息子はダウン症のため、筋力が弱く、ずっと座っているのが難しかったです。腹筋が弱く、背筋が強いタイプで反り返りが強かった。

だからか、ベビーカーに座らせると、反り返って反転しようとします。しかし、ベビーカーのベルトが反転をさせまいと働いているので、気づくと息子の体勢が大変なことになってたりします。

そこで、抱っこに切り替えると、

息子
抱っこたるいわ~歩かせろ~

的要求が・・・お前つたい歩きしかできんだろ!と思いつつ、仕方ないので、だっこベルト外してあげると、私の目的地とは違う方向に行こうとしてしまいます。

その間、娘は、歩きはいやだ、とベビーカーを所望。

ベビーカーに乗せれば行儀が悪い。
もう3歳なので、ベルトなんぞせず、足をベビーカーの手すりの上に乗せてたりします。

歩かせれば「トイレ、トイレ」と叫びだし、
自販機のアイスやジュースの前を通ると、買えと訴える。

買い物に来てるのに、買い物する商品が見られない(;_;)

結局、買い物はあきらめ、宮崎で有名という「肉巻おにぎり」を発見したので、それだけ買って帰ってきました。

駐車場代もったいなかった(-_-)

幼児連れの移動は、めちゃくちゃ大変でした。
だからか、今では幼児連れのご家族を見かけたら、その大変さを思い出し、心の中で保護者の方々を応援したりしてしまいます。

そう大変でないご家庭もあるかとは思うのですが・・・(;^ω^)

小学生くらいになると、かなり家族移動が楽になり、中学生にもなると、ついてきてくれなくなりました。

あんなに大変だったけど、人生の中での期間はほんの少しの間だったんだなぁと、振り返ってみて思います。

でも、
あの大変さはもうやりたくないかな。

買いたいものをすんなり買えないってかなりストレスです。

行きたいところにすんなり行けなかったり、
行こうと思っている時に移動できなかったり

かなり心にくる!

すんなり流れるように物事が進まないって、病気に移行できるくらいのストレスだ!ということに育児を通して気づきました。

育児じゃなくて、仕事でも、日常でも、自分の思う通りに物事が進むっていうのがとても大事だと思う。

でも、日々が流れるように進むって、なかなか難しいって思うのは、子どもらが中学生になった今でも変わらない~。