幼稚園の預かり保育

ブログをコツコツ移行しています。
これは娘3歳、息子2歳の頃のお話。

娘の幼稚園は有料で預かり保育があります。

息子がダウン症のため働くのを一時はためらったのですが、意を決して、娘3歳のタイミングで、保育園入所を決意。

したのはいいのですが~、息子は保育園受かって、娘は落ちてしまいました。

なんで~?二人受かってくれなきゃ意味ないじゃん!!

そこで、苦肉の策で幼稚園の預かり保育があるところに入園しました。

入園してからしばらくは「おのこり(預かり保育のこと)いやだ~」と泣いて、預かり保育できませんでした。

しかたがないので、度々、お世話になっていた、無認可保育園で幼稚園後預かってもらったりして、預かり保育的な事に慣れてもらうことにしました。

次第に、幼稚園の楽しさがわかったのか「今日はおのこりしたい」と、言うようになりました。

助かった~(;´Д`)

娘は外遊びが大好きなので、きっと幼稚園好きになると思っていたのですが、思ったより、時間かかったなぁ~(;_;)

先日はまつぼっくりでしたが、今日は石持って帰ってきました。

最近、私が天然石買ったりしてるんで、集めてきてもなにも言えません(^^;)

(worte:2009-10-21 14:12:57)

ダウン症児は保育園?幼稚園?我が家の幼児保育問題

我が家の子ども達は年子で、ダウン症の息子にどうしても手がかかります。

息子は病院や訓練施設に行くことが多く、その間娘は、時間で預かってもらえる無認可保育園を利用していました。

でも、時間があいていなかったりで、預け先を転々としないといけなくて、その方が娘にとって大変だと思ったので、毎日どこかへ通園して、娘が楽しく過ごせる保育場所を探していました。

いろいろリサーチをしたのですが、

当時、結構な、保育園幼稚園激戦区に住んでいて(今もかもしれないけど~)、市立幼稚園はなかなか入れない、保育園も入れないというウワサでした。

じゃあどこに入れろと?

と、焦っていました。

市立幼稚園へ入れるなら、保育時間は短くなるし、イベント事も多いと聞く、
イベント事と息子の病院両立できるかな~(/ω\)

とか心配して、市立幼稚園は捨てて、保育園の方向を考えてみました。

保育園ならば、一緒に預けられ、病院や訓練の時は、息子だけ連れ出そうと、考えたのですが、甘かった~

保育園、息子は受かって、娘は落ちた

一緒の保育園に入所手続きをしたのですが、まさかの、息子受かる、娘落選。

なぜ?

今考えてみたら、多分、息子は障がい児枠というもので受かったのではないかと思われます。

でも、息子が保育園行っても、娘も保育園行ってもらわねば、私は働けないのです。

無認可行けって話?

幼稚園の預かり保育

無認可保育園も考えたのですが、なんか娘ぽや~っとしてる感じなので、保育園合うかな?とも思っていたのです。息子と2人なら大丈夫かなっと申し込んだけど、まさかの結果。

息子の方がダウン症で、大変だと思われがちだけど、ダウン症でできることは少ないけど、なぜか人受けがよくて、何もできなくても、なんとかなるのがうちの息子。

公園で遊んでいる時も、お姉ちゃんは、お友達に声をかけて遊ぶことはできなったですが、息子はしゃべれないのに、いつの間にか人の輪に入っていって、なんとかついていけてるような雰囲気になってたから不思議だったです。

娘のガラスのハートでも大丈夫なところ~と、悩んでいた時にきた話が、幼稚園の預かり保育という方法でした。

娘が当時者の時代は、預かり保育している幼稚園は少なかったので思いつかなかったのですが、預かりがある園に入る事が決まってるママさんに相談したのが運のツキ。

その園は、願書を取る時に、夜中から並ばなければならないほどのところだったのですが、その年はたまたま2次募集があって、なんとか入園を獲得することができました。

こうして、娘は幼稚園へ、

息子は、まだ幼児保育の道にはまだ時間あったのに、お姉ちゃんの幼児保育問題のとばっちりを受けて、保育園の道へ、

私は、周りに親せき縁者が住んでいないという場所での育児、今でいうワンオペ育児というものをやっていたので、病院や訓練施設に行く時、娘を寂しくさせないようにするにはこれしかない!と、仕事の道を選びました~。

預かり保育の幼稚園と保育園の違い

娘が行った幼稚園の預かり保育は、園の保育内容が終了後、預かりの子は残って園庭、園内で自由に遊んだり、おやつを食べたりする感じでした。

先生もその輪に入って一緒に遊んでいる感じで、保育されているんだろうけど、園児の自由の方が優先されている感じでした。

息子の保育園は、保育施設なので、子どもらには遊びのように感じるんだろうけど、夕方までスケジュールが決まってて、幼稚園の保育内容が、お昼寝などが間に入り、長くなったって感じでした。

幼稚園の方が昼寝時間もなく、園終わってずっと遊んでるので、遊び大好きな子はいいけど、昼寝などの時間が欲しい子には3歳では少し辛いかも・・・。

娘は昼寝をさせるのが、大変だったので、たまに園で寝ている時もあったのですが、おおむね預かり時間は楽しく過ごしていました。

預かりを開始した当初は、いやがっていたけど、それ以外は、卒園までずっと預かり保育を楽しく過ごせてて、迎えに行くと「帰らない」って日もよくありました。

息子は、なんやらわからないうちに保育園行くようになって、最初は嫌がる風も見せたけど、入ったら親の事はけろっと忘れて楽しめる子だったです。

ダウン症特有の、発達の遅さで、先生方もクラスメイトも大変な面もあったと思うのですが、大変な面を一緒にクリアするためにはどうすればいいかを考えてくれる園で、息子にとっては、保育園はとてもよかったと思っています。

幼稚園や知的障がいの園に行ってたら、多分、もっと発達遅くなってたんじゃないかな~と思います。

激戦区の保育園だけあって、その保育園の園児の人数は多く、遊ぶ時はいろんな年齢の子が交じって遊ぶという取り組みをしている園だったので、発達をあまり気にしなくても良かったです。

同年代より下の子に交じったら、ダウン症ってわからんって感じでした(^^;)

保育園の保育の方が、生活を考えた保育なので、息子にはそれが必要だったので、助かりました。

幼稚園の預かり保育は、教育がまずあって、その後、預かるという保育なので、生活習慣的な面は家庭に任されるって感じです。

その辺が保育園と幼稚園の違いかな・・・と思いました。

ワ―ママはしんどい

子どもらは、保育園、幼稚園でそこそこ頑張って、楽しく過ごしたようですが、私の方が何度も挫折しそうになりました。

送り出す時も、お迎えも、2つの園へ行かなくてはならず、息子の病院や訓練施設の予約も私のスケジュールに組み入れつつの仕事だったので、

何度も、こんな生活もうやめたい・・・

と、考えましたが、保育園の先生が、激戦地区なので、今辞めたらぜったい入る事ができないから、辞めるなと励ましてくださって、卒園まで乗り切りました。

私にとっては、激務の日々だったですが、娘や息子にとっては、貴重な体験ができる幼児期となったと思うので、頑張ってよかったとは思っています。