4月の耳だれ状況~左右の耳から耳だれが出ています

まだまだ耳だれ続いています。3月に左は徐々に治まってきたと綴ったのですが、ま~た出てきました。

なんなのよも~

3月の時点では、左の耳だれ止まってきていたのですが、またしても出てきまして、右は相変わらずです。特に風邪をひいたとかではないので、なんで両耳出てくるようになったかはわかりません。(前回の診察の様子は下記記事です。)

4月の診察がやってきました。
最近は月1回の診察です。

診察でもらったお薬を次の診察時までに、よくなるようにせっせと使っているのですが、診察日が近づき、薬はなくなっていくのに、よくはなりませんでした。

最初の耳だれからもう9ヶ月なんですけど・・・

今回の診察では、先に聴力検査がありました。

補聴器と裸耳と両方で検査します。
検査方法は、

ヘッドホンから音聞こえる➡ボタン押す➡成功報酬として電車が回る~という聴力検査をやっています。

こんな感じです。つたない絵ですみません。

中3の息子ですが、中身はまだ小学校低学年くらいで、その中身もかなり凸凹な発達なので遊戯聴力検査なのは仕方ない~と、思っていたら、聴力検査が終わってから言語聴覚士の先生から、

「今日はちょっと電車を走らせないで、やってみたら、できたわよ~」

というお言葉を頂きました。何回かに1回、電車を走らせる量を減らしたのだとか・・・

聴力検査を2歳ごろから始めて、練習してきましたが、だんだん上達してきたようで、また一歩、大人の聴力検査に近づいた~!(今までの聴力検査のまとめは下記記事です。息子がやってきて、私が調べたものを取りまとめているという記事です)

しかし、聴力検査が上手になるって事は、それだけ回数多いって事なので~

あながち喜べん!

今回の聴力検査の値はかつてないほど悪かった。右も左もがた落ちでした。補聴器を使って聞かせた音を調べても、聞こえが悪かったようです。(▲が補聴器あり、×が左耳裸耳、○が右耳裸耳です。上の方の値がよく聞こえ、下の方の値になると聞こえが悪いというグラフ。左の方が低い音、右の方が高い音という表現をしているグラフです。)

いい時でこんな感じなのですが・・・
がた落ちでショックでした。

気落ちした流れで診察へ突入~

左耳の耳だれ治まってきてたけど、また出てきました。右耳の耳だれは止まってません!

と、訴えたのですが~

あ~また左出てきちゃったか~
そうだな~水で洗ってみるか~

と、今までやった事ない診察内容に・・・

注射器の針なしよのような物の中に生理的食塩水を入れ、あふれてきた水うけ用に、膿盆を耳に当てて、耳の中を洗おうとしましたが、息子が拒否。

息子
何すんねん!

頭をブンブン降ってさせようとしません。何が嫌なのかな?痛くないのに・・・と、みんな思っているのですが、息子にはそれが痛いかどうか、内容見てもわからないのです。やってみて初めて、「これは痛くない」と理解するので、初めての診察内容に、ご立腹で、させてもらえません。

注射器が嫌なのかな?針ついてないんだけどね。

と、先生は言って、いつも診察で使う綿棒にいっぱい水を含ませて、耳にボトボト落として、耳の中を洗うという方法に変えてくれました。

この方法ならなんとかやらせてくれた息子ですが、先生的には、もっとじゃばっと耳の中に水入れて洗いたいんだと思うのですが、これくらいしかできませんでした。

結局、この方法を家でやることになり、針なし注射器と生理的食塩水を持って帰って、今家で頑張っています。

もらってきた注射器と生理的食塩水

家では、私が容赦ないので、耳に注射器突っ込んで、じゃばじゃば生理的食塩水で洗っています。病院の先生や看護師さんは、また来てもらわないとと思ってか、または私が見ているので、乱暴な事はしたくないと思っているのか、息子にやさしくしてくれます。

が、私は、親なので、

この方法しかないんじゃ~

と、やっています。おかげでなんとか洗わせてくれるようになりましたが、この方法で、治るのか確証はないわけで~でも、やるしかないっす。

今、こんな感じです。