ダウン症児の眼科検診

これは息子が3歳の時のお話。

今日は息子の眼科デビューの日でした。

耳鼻科で、チューブ挿入手術の際、術前検査を小児科でしてもらったのですが、そこの先生から、

「ダウン症なら、眼科でも調べてもらっていた方がいいよ」

と、教えてくださったので、眼科での検査の予約をとって、今日、息子の人生初の眼科検診です。

小児科の先生曰く、ダウン症児は、心臓、耳、目、首に、何かしら病気があったりしやすいそうです。我が家の息子は心臓、耳に問題がある事がわかったので、病院で治療しなくてはならなかったのですが、目、首は、検査も何もしていません。

生まれてからいろんな病院かかったけど、問題があったから行った病院であって、検査という方向にいかなくて、本来は検査するものなんだと後で知りました。↓下記記事に書いてます。

今回、眼科にかかる事ができるので、ちょっとうれしいです。ほったらかしにされると、育てていけるか、私が不安。どんな病気が潜んでいるか、見当もつかないもん・・・。

首の検査はまったくしてないから考えなきゃ・・・

首は、やはり筋肉が緩いせいでいたみやすいのだそうです。定期的に検査した方がいいとPTの先生も言ってました。

次から次に襲ってくる、ダウン症の合併症の闇。

今は、眼科での検査が何も問題ない事を祈るのみ。

畠から見てると、見えてなくはないとは思うのですが、どの程度見えているかが問題です。あまり見えが悪いと、性格が、ちゃがちゃした性格になると聞きました。

今でもいたずら坊主なんだけど、そこに拍車がかかってしまうのか・・・。

そういった思いで検査を受けたのですが・・・

今日の診察では検査まではいきませんでした。ほとんど、問診を書きに行ったような感じでした。

息子が診察中ずっと泣きわめいていたからかな・・・。
「今日の診察はこれくらいで・・・」と、切られた感じでした。

次の診察は、2ヶ月後です。眼科との付き合いも長くなりそう~。

(wrote:2010-01-29 14:06:19)

眼科検診が始まったのは、3歳になってすぐでした。たまたま機会がまわってきて、眼科検診をしていただけるようになったのですが、最初は、検査にならなくて、検査の練習から入りました。

幼児の目の検査は、うさぎのカードでの検査(ドットカードというらしいです)とか、絵カードで検査するのだそう。

ドットカードです。ウサギの目が小さくなっていくカードで、目はどこかがわかってないと検査になんないのよね~。
絵視標というらしいです。youtubeでみつけました。(URLこちら)読み込むのに時間がかかるので、画面を紹介しています。ご興味がある方は見てみてください。同じ物はどれ?という検査方法です。

当時の私は、検査方法をまったく知らなかったので、息子を膝に乗せたまま、検査してくれる先生にお任せだったけど、息子的には、

息子
やりたくない~

って感じだったのだと思います。検査初日は、検査に玉砕しました。

でも、長い時間をかけて、そこそこの検査はできるようになりました。知的障がいをもっていても、時間をかければできるようになる事もあります。

普通の人より長くかかるけど、長くかかる分、その道中を我が家では楽しむ事にしています。

息子が2歳の頃はとてもそう思えなかったけど、長い年月をかけて、そう思えるようになってきました。
PVアクセスランキング にほんブログ村