HSP娘が4歳、ダウン症児息子が3歳の頃にできるようになったことと困りごと

これは娘が4歳、息子が3歳になったばかりの頃のお話。

娘が4歳、息子が3歳になりました。

娘が3歳の間にできるようになった事は、

  • 言葉が達者になってきた
  • 人の言っている事が理解でき、なお指示にも多少従えるようになった
  • お友達とうまく遊べるようになった
  • ひらがなが読めるようになった
  • 「わたし」と言うようになった

娘は3歳で幼稚園に入りました。言葉が遅かったので、入れるにはとても心配でしたが、逆に幼稚園で言葉を覚えてきて、親よりも先生や友達の方とおしゃべりしたいようです。

親とはしゃべりたくなかったのか・・・

ひらがなもお友達との手紙のやりとりで覚えてきました。

本はまったく読まず、本が嫌いのようなので、文字になかなか慣れなくて困っていましたが、お手紙をくれるお友達がいて、ほんとによかった。

ありがたい~

お手紙を読んだり、返事を書いているうちに、だんだんひらがなを覚えてきました。

4歳の困りごとは、オムツに戻った事。トイレトレーニングは幼稚園に入る前には完了したのですが・・・。

この冬、実家に帰ったら、蝶よ、花よ、状態で、トイレにも誰かがついて行ってくれてた・・・という状態で過ごしていた娘。

実家から帰ったら、誰も付き添ってなんぞくれません。急に心ぼそくなったのか、甘えが出たのか、幼稚園でトイレができないようになっていました。

一人で行こうかどうしようか迷っている間に漏らす・・・みたいな・・・。

そんなに漏らすならオムツにするか?

と、聞くと、

幼児の頃の娘
うん、オムツする。
えええ~?そっちとるの?
幼児の頃の娘
私、赤ちゃんよ。

と、言っていました。

負けた・・・しばらくほっとこう。

息子が2歳の間にできるようになった事は・・・

  • 哺乳瓶をもって飲むようになった
  • 階段の上り下りが手足を使ってですが、できるようになった
  • ご飯をたくさん食べれるようになった
  • 手を引きながらですが、歩けるようになった
  • 絵本をながめるようになった
  • DVDを見るようになった
  • アイコンタクトで会話できるようになった

息子は発達が遅いのと、石橋をたたいて、たたいて、たたきまくって、大丈夫か確認しないと物事を進められない性格というのもあって、歩みは牛車のごとくですが、それでも止まっているわけではないようです。

日々の伸び率が小さいと心配にもなりますが、こうして一年振り返ってみると、出来るようになった事はたくさんあります。

去年の今頃は麺類しか食べないという事態が生じてしまって、大変でした。

何故麺類しか食べなくなったのか今でも謎ですが、毎日、毎食、ラーメン、そうめん、うどん、やきそば、を交互に作り、残りは親が食べるという事をしていました。

保育園へ行く事になって、みんなについていけないだろうという事を心配していましたが、子供はすごいです。

ついていけない息子に逆に歩み寄ってくれたのです。
ほんとにありがたい事でした。

食事もみんなで食べるからか、すぐ普通食完食となりました。

家であれだけ食べなかったのに・・・。

やはり、息子も友達や先生と遊んだり、食べたりがいいようです。

息子の困り事は・・・、

病魔との闘い。
次々に襲ってくる病魔。
ダウン症侮れない。

ダウン症ってやっぱ、身体が弱いのかな~

普段はやんちゃ息子なので、そのやんちゃさに気がいっていまって、病に気がいかない時があります。朝は元気だった息子が、保育園に行ったら発熱で呼び出されるという事などがしょっちゅう。電池がきれた感じで、急にころっと寝たりしている時があり、体温はかってみると発熱とか・・・。

朝、元気で熱もなかったのに・・・

うちの息子はダウン症児の中でも発達が遅い方。できない事多いです。でも、長く教えていって、ある日できるようになったりって感じです。成長していないわけではないみたいです。

ふたりとも、今年はどんな事ができるようになるのかな~?

(worte:2010-01-29 14:22:43)

娘は幼児の頃からちょっと怖がりな面がありました。幼稚園に入るまではおしゃべりもとても少なく、発達を疑って、支援センターに相談に行ったりもしました。

でも、センターからはあんまり相手にされなくて、様子見ましょうって感じでした。当時の私は大丈夫かな?大丈夫かな?と、心配だったのですが、後に、HSPだったんだな~と、合点がいったって感じです。

息子は、ダウン症だからか、身体が弱く、それは今もあんまり変わりません。

でも、歩くのが遅かったけど、中学生の今では、私より早く歩けるし、走れる。言葉はしゃべれないけど、意思の疎通はそこそこできてます。

幼児の頃はどうなる事かと思ったけど、なんとか二人とも成長してきて、今は、幼児の頃のように、手を出されたり、口を出されるのはいやみたいです。ふたりとも、自分でなんでもやってみたいんだと思います。

あんなに怖がりだったHSPの娘も、歩くこともできなかったダウン症児も、親にいろいろごちゃごちゃ言われると、怒るか、スルーするようになってしまいました。

どんなに怖がりでも、自分でできる事が少なくても、人間って、自立の方向に行くんだな~
PVアクセスランキング にほんブログ村