耳だれ1年6か月 治療まだ続きそうなのに 病院で予約をとるのが難しくなってきました 

2月にも耳鼻科診察に行っていたのですが、投稿しきれてなかった。
3月になってしまったけど、2月の診察の様子を記録しておこうと思います。(1月の診察の様子は下記↓)

ここのところ、月1回診察してもらっています。
だらだら耳だれが出る時は月に2回の診察でした。病状が急変すると、なんとか都合をつけて診てもらったりしていたのですが、外来完全予約制新患は紹介状がないと受け付けません。」の張り紙が耳鼻科受付に貼ってあって・・・

え~?病状急変した時に診てもらう事できるのかな~?

我が家が通っている耳鼻科は、地域のちょっと大きな病院の中の耳鼻科。幼児難聴外来も受け付けているところです。大きな病院は患者さんが多いので、予約がとてもとりにくいです。ここ最近、さらに患者さん多いなぁって思ってたところでした。

特に子どもの聞こえの検査を多く見かけます。

最近は、乳幼児や、幼児の検診の際、聞こえもきめ細やかに見ているからか、そこから回ってくる患者さんは多いみたい。言葉がでなかったり、少なかったりすると、検診で専門科で検査しろって言われるのかも。だから?完全予約制、新患受付は、紹介状がないと受け付けません、になったのかな?

小さい子どもの聞こえの検査って、薬飲んで眠ってもらってからの検査。検査終わってからの診察なので、めちゃくちゃ時間がかかります。(息子がABR検査した時の様子を記事にしています↓)

そんな診察を、普通の町医者ではできないので、地域の大きな病院の、しかも、子どもの耳鼻がよくわかってくれる先生に診察集中するのはわかるのですが~。

予約しているにもかかわらず、長く待たされている間、なぜ待たされる時間が長いのか?を考察したりして、待ち時間は妄想するしかない・・・。

この病院への通院を、死守しとかないといけないんだけどな~。

子どもの耳鼻科をもっとたくさん作ってほしい・・・

聞こえの検査も、言語聴覚士の先生から、「私もいつまでやれるかわからないから、聞こえの検査をしてくれる人を別に見つけといた方がいいかも」と、言われてしまった。

検査は慣れなので、先生が変わるの息子にとってはめちゃ痛い。言葉がしゃべれない息子の事をわかった上での検査をしてもらっているので、そのクオリティの検査まで到達するのに、かなり長い時間がかかりました。

言語聴覚士の先生が、「検査ずいぶん上達して、ちゃんとわかってボタン押してるから、きっとどこでもできるわよ」と言ってくれたのですが、言葉がわからない息子を受け入れてくれるところを探すのがまた大変なんだよね~

この間デイサービス探しやったばっかなのに、 今度は聞こえの検査をやってくれるとこを探さなきゃ~。なんか、探してばっかりだ~。

障がいをもってても、大丈夫ってところを探すの、すごく大変。我が家では、電話かけまくったり、あっちこっちに頭下げてお願いしたりしているのですが、みんなどうしているのかなぁ・・・。

ブルーになりつつ聞こえの検査を終えて、診察へ~。

2020.2月の聞こえの検査結果。▲が補聴器つけた検査結果。×が左耳、○が右耳です。グラフの上部にあると聞こえがよく、下の方の数値になると聞こえてないということです。

聞こえの検査結果は、1月とそんなに変わらなかったです。幼児の頃はもちょっと検査結果よかったと思うのですが、耳だれのせいで落ちたのか、成長して検査の精度が上がったからこうなったのかはわかりません。この数値に落ち着くのかなぁ。もちょっと上がってほしいけどなぁ。

耳だれの状態は、左耳は耳だれが出てるので、耳の穴の淵が耳だれ乾いてカピカピです。

左側の耳の穴の淵に耳だれの乾いたあとが・・・
右耳はきれい

右耳はきれいなのですが、綿棒で掃除すると、黄色い付着物がついてきます。これが耳垢なのか、耳だれなのかがわかりません。先生によると、「もしかしたらまだ鼓膜が小さく破れた部分があって、そこから耳だれが滲出しているのかも」という話でした。

右耳の奥を綿棒で拭ったら、ちょっとだけ黄色いものがついてきます。

左耳は、生理的食塩水で洗っているのですが、耳の奥から耳だれが滲出しているらしく、水が白く濁ります。

白く濁って白い塊も奥からぷか~っと浮いてきます

「左の鼓膜は破れてて、じわじわ耳だれが出てるんでしょう」と言われたのですが、鼓膜再生の手術するほどの破れではないのだとか。鼓膜が再生しにくいところがあるそうで、そういった時には手術になるのだそうです。

昨年12月から補聴器をつけるのを再開したのですが、聞こえ的にはかなりよくなって、補聴器つけてない時は返事がすくなくなって、言葉も減ってきていたのに、2ヶ月つけただけで、返事する機会増えてきました。補聴器付けた方が聞こえやすいことにも気づいたようで、自分からつけようとしています。

幼児の時は、補聴器嫌いだったのですが、その時は、聞こえるということがわかってなかったのかもしれないです。

youtubeが大好きなので、聞こえないと彼の人生真っ暗闇になっちゃうので、頑張って治さなくては~。

PVアクセスランキング にほんブログ村

耳鼻科中耳炎,診察

Posted by conan