支援学校の入学式~高校生になりました

息子の高校の入学式に参列してきました。

支援学校高等部の入学式、結構カオスでした。小中学部よりひどかった感じがします。

支援学校の子ども達は、長く座っている事が難しい子が多いのです。

奇声を上げる子や、式から逃げ回っている子が多くいて、体育館から出て行こうとしたり、親の元へ駆け寄ろうとしたりを、なだめたり、動きを抑えたりするのに先生たちが大変そうでした。

支援学校生はセレモニーが苦手

特別な日という緊張感が嫌いなんじゃないかな~と思います。

新しい事って誰でも緊張するけど、支援学校生は特に新しい事に対する対応がうまくできないように感じます。うちの息子も例にもれず。なので、なるべく新しい事をする前に何度も練習します。

卒業式はたくさん練習する機会があるけど、入学式はあまり練習ができない。ぶっつけ本番だもんね。なのでいつものセレモ二ーよりもカオスだったんじゃないかな~。

入学式前に、挨拶の練習をちょっとだけしたみたいだけど、卒業式なんてもっと練習してから本番に臨むもんね。

入学式でのあいさつの練習中、保護者や参列者は、体育館で待たされていました。

子どもらが心おだやかに式に挑めるようにするなら、親はいくらでも待つさ~。

それでも、式になじめない子が結構いました。高校生になると、身体が大きくなって、力もあるので、動きの制止がなかなかできません。

本人の心をセレモニーに向けるってホントに難しい。セレモニーって同調圧力半端ないもんね。動くな、しゃべるな、みたいな空気を感じるんじゃないかな~。普通の人だって、その圧力感じてううううう~となるよね?

支援学校の生徒数は増えていく

息子が小学部に入学した時、1クラスしかなく、クラスメイトは7人でした。
人数が少なすぎて、小学校6年間クラス替えはありませんでした。

でも、ずっと同じクラスメイトというわけではありません。
途中で亡くなった子どもが2人もいたり、小4くらいで、普通の小学校の支援学級でもついていけなくなった子が入ってきたりしました。

中学生になると、小学校の支援学級でもついていけない子がさらに増えてしまうからか、クラス数がいっきに4クラスになりました。1クラスの人数は6,7名。

高校生になると、4クラスから9クラスに増えていました。
1クラスの人数は8名くらい。

支援学級でついていけない子たちがどんどん入ってきて、支援学校の生徒数は増えていきます。

特に、中学の支援学級から普通高校への受験は、すごい分厚い壁があるので、支援学級で頑張ってきた子ども達も、支援学校へ行かざるを得ないんだろうなぁ・・・。

息子はずっと支援学校で、しゃべれないし、普通の子たちができている事がなかなか出来ないので、仕方ないのですが、そんな子達が多くいる支援学校へ支援級から入るのは、友達作りが大変かもしれません。

授業内容も、普通の学校で学ぶよりは、レベルダウンになってしまいます。

もっと子ども達の段階にあった教育がなされるといいなぁ。

入学式の日、中学で支援級から支援校へやってきた子達が、息子に向かって、名前を呼んでくれたり、👍の指をしてくれたりして、コミュニケーションとってくれる子が多くいて、それなりに、みんな学生生活を楽しんではいるようでした。

高校ではさらにたくさんの子が入学してきたので、お互い大変だとは思うけど、息子のジェスチャーや表情を読み取って、楽しく生活してくれたらいいなぁ・・・。

高校生になって制服着用となりました

支援学校育ちの息子。学校へ行くのはいつも私服でした。制服が中学に上がってもありませんでした。でも高校生になったら、制服がありました。といっても、ブレザーは着用してくださいというものですが・・・。

中のシャツやズボンは規定されていないのですが、ブレザーとなると、下もデニムじゃあんまりなので、スラックスを購入しました。

スラックス、前のファスナーとホックが息子は難しかったりします。

今までずっとゴムのズボンだったもんね。

春休みに何度か練習して、入学式に臨んだのですが、入学式が終わってHRの前や後にトイレに行った際、ちゃんと前を止めて出てきました。

よかった~。社会の窓開いてない~

息子に関してはここが一番の心配でした。

トレーナーとゆるいズボンが大好きな息子。堅苦しい服装が嫌いで、セレモニー時は我慢してスーツ着てくれますが、家に帰るとすぐ脱ぎます。

これからは、高校の後にデイという生活になって、デイサービスでも制服で過ごすという事になるので、脱がないか心配でしたが、そこまではしないみたい。

そこはちょっと成長したみたいです。

支援学校高等部の授業内容

高校での授業は、国語、算数、保健体育、美術、家庭科、音楽と、普通高校と同じような感じなのですが、内容が全然違います。

個人の能力が違いすぎるので、授業の名前は一緒でも、中身はその子に合わせた内容となっているのではないかと思います。

息子は、国語や算数という言葉をわかっていません。ただ出された問題やプリントをこなしているだけ。でも一生懸命やっていて、できた、とか、できない、というのはわかっているみたいです。

息子の中学での授業内容は50音の勉強や、物の名称、数字が表す量や、ちょっとした足し算、引き算も中3くらいから出てきました。お金の勉強も少ししていました。

小中学校では、レベル的に似たような子をグループにして教えていたようですが、9クラスとなるとどうなるのかな~?まさか、支援学級で学んできた子たち向けの授業に入れられる事はないと思うのですが、ちょっと心配しています。

保健体育では、運動的なものはもちろん、身体の事も少しは勉強しています。

スポーツのゲーム的な事はちょこっとわかってきて、勝った、負けたも少しわかっているようです。

小学校低学年までは、サッカーがわかってなくて、ボールを蹴るのは大好きで、そこそこ上手にできるのですが、ゲームがわからないのでクラブ的な物には入れませんでした。

中学、高校で、ゲーム的な事はだいぶわかってきているのですが、細かなルールがわからないので、やっぱりクラブ的な物には入れません。

クラブも体験させてあげたいけど、周りの子の事を考えると・・・

中学くらいから、技術、家庭科的な勉強が多くなってきました。手先を使ったり、技術的な事は、働くという事を意識した授業になっているようです。

高校では、その段階から一歩上がって、職場実習があるようです。

支援学校の先の学習は、ほとんどの子が就労しながら、生活を学ぶという風になるので、みんなで働くという場に身を置けるように、高校で3年間学ばなければなりません。

うまく社会の中で暮らせるようになるといいなぁ・・・。

支援学校生の学びの場

小学校へ入学してからあっという間に、学びの場ラスト3年。

学びと生活が直結した授業内容が多い支援学校の授業。
教育の場があってよかったと本当に思います。

支援学校へ通う子たちこそ、学びがたくさん必要で、健常の子たちの倍以上学ばないと、身体に染み込まないし、それでも難しい子もいるけど、まったく染み込んでないわけじゃありません。

教育の場では、たくさんの人と接する機会があるので、良い意味での同調圧力も支援学校生の学びに役立っていると思います。

障がい児も、その子にあった教育を受けることで出来る事が増えたり、人とかかわる事で、いろんな経験をしたりすることで成長します。健常の人よりも小さな成長かもしれませんが、身体的なものを抱えながらの学びは、人の何倍も頑張って得ているんです。

その成長が、周りの社会的不安が少なくすると私は思っています。

どうか、多くの人に応援してほしいです。

息子
高校生も頑張るぞ!
PVアクセスランキング にほんブログ村