耳だれ出始めて3年目に突入

耳だれ出始めて明日で3年目に突入します。

最初は耳だれはこれで↓止まると思っていたのですが、止まらなかった。

  • 点耳薬で耳浴
  • 鼻洗い、鼻うがい
  • 鼻水をこまめに吸い取る
  • 身体を冷やさない

なぜ止まらなかったのかですが・・・

点耳薬は、途中で耳の中が薬に負けることが判明し辞めました。
息子の鼻の中については、鼻うがいの効果は微々たるもののようです。
鼻水をこまめに吸い取るも学校へ行くのに、そんなにこまめにできません!
身体を冷やさないってのは結構効くみたい。

という事だったのでした。

息子の耳だれにとって上記の注意点は、正論ではあるのでは?

と、思っているのですが、頻度的に難しかったり、体質的に難しかったりで、うまくいかなかった・・・という結果、3年たっても耳だれはまだ出ていますって感じ。

そもそも、耳だれがでやすい耳の中の構造が問題なんだと考えています。その構造とは、耳管が太くあまり傾斜していない問題・・・。

我が家のダウン症児、高校生なんですけど、小5か小6くらいな感じです。服のサイズは150。なかなか大きくなりません。

小さい子どもに中耳炎が多いのは、耳管が太くあまり傾斜がないからという話を聞きました。

もしやそれが原因では・・・?成長がゆるやかだから耳管の傾斜もあんまり発達してないんじゃ・・・。

と、思っているのですが、実際に病院の先生に言われたわけではありません。そうではないかと聴覚支援学校の先生の助言をいただき、そうではないかと私が思っているだけなんですけどね。

耳管は鼻の奥の方へつながっているようなので、鼻水が出ると、しばらくして耳だれが出てくるようになったりします。鼻水が出ないようにするのがいいのですが、なぜか鼻水が良く出る体質です。

病院の先生は、鼻のセンサーが敏感で、気温が急に変わるとついて行けなくて鼻水が出るのでは?という説でした。

水鼻は特に耳の方へ流れやすいのか、すぐ耳だれになります。別に鼻水が耳から出ているわけではないと思うのですが、水鼻がザーザー出だすと、目が充血し、耳だれ発症って感じになるのです。

それを止めるためにするのが、私は体温を上げるという方法をとっています。体温を上げるためにたくさん洋服を着させたり、冬はこたつにどっぷり漬けたりします。すると、鼻水がかぴかぴになってきて、水鼻が粘着性のある鼻水になり、次第に止まっていったりするんです。

この方法が一番早く止まる気がする・・・

運動とかで体温上げるは知的障がい児にはちょっとハードルが高い。学校での体育や、デイサービスでの遊び、親子でちょっとボールで遊ぶくらいしかできない。スポーツはルールがわからないので無理。

息子の身体から熱を発するというより、暖かい環境のなかで過ごす、という方向で鼻水と戦っています。自分自身を暖かくできないのは、筋肉がゆるいのも要因のひとつかも。ダウン症は筋肉がゆるいんです。

そんな状態ですが、3年前よりはかなり耳の中改善しています。耳だれ出始めは、膿が耳の中に沼のようにたまってるって感じだったのですが、今は耳の淵にうっすらついていたり、目視で確認はできないけど、洗ったら奥からフワッと浮いてくるって状態です。

耳を洗っていると、耳だれの塊がフワッと浮いてきたりします。
耳の奥に耳だれの塊発見。

現在も治療法は、耳の中を生理的食塩水で洗うというものだけ。

1年はこの方法続けていると思うのですが、治るにはいたってません。(↓下記記事の時期から生食で洗うという方法になりました。)

でも薬使うと負けちゃうので、仕方ない・・・。

ダウン症弱すぎる!!
PVアクセスランキング にほんブログ村

耳鼻科中耳炎

Posted by conan