バレエをはじめて4ヶ月~HSPの娘にバレエは合っていました

ブログをコツコツ移行しています。これは娘が4歳の頃のお話。

娘がバレエの教室に行き出して4カ月がたちました。

最近やっとプリエがわかってきたみたいです。
でも1番も5番もわかっていなさそ~。

それなのに、もう7月に発表会だとか・・・

大丈夫か、娘

家で毎日踊っているのは、おかあさんといっしょファミリーコンサートだったり、いないいないばあのDVDに合わせて踊ったり・・・

バレエじゃないな・・・

今の娘は、まだまだ踊りの枠がない!

ジャズ?ヒップホップ?ロック?ブレイク?はたまた盆踊りかな?

な、感じの踊りなのですが、楽しそうに踊っているので、まぁいいか・・・。

(wrote:2010-03-22 20:48:24)

バレエを習わせることにしたのは、3歳の終わり頃。1歳半から通い始めた幼児の学習処「ドラキッズ」があまり娘に合っていないようだったので、何かないかと考えたところ、バレエが浮上しました。(↓下記にドラキッズ合わない様子を書いています)

幼児の頃からぽわ~っとしていた娘。HSPという言葉も巷ではなかったんで、HSPにまったく気づかなかった私で、あっちに遊びにいってみよう、こっちで遊ばない?といろんな事考えてました。

今思えば、私が遊ぶのが好きな方だから、娘もそうだと思っていたところがあったりする・・・

娘的には楽しんでくれていたのか、はたまたしんどかったかなぁ・・・。

ドラキッズは嫌だったようですが、バレエはことの他お気に入りの習い事で、6年生まで続きました。

その後、中学校の吹奏楽部の勧誘演奏会が良かったようで、

幼児の頃の娘
中学生になったら、吹奏楽部に入るから!

と、言いだしたので、バレエとの両立は難しいと考え、バレエを辞めることにしました。(バレエを辞めた経緯の記事は下記に書いています↓)

バレエは娘に合っていたようです。HSPってうるさい音が苦手で、クラッシック系の音が癒されるらしい。それとゆっくりな動きがよかったっぽいです。急いで、急いで、が苦手。

急いでと言われると、固まります(-_-)

バレエも上手になると、メリハリがついた動きが必要になってくるのかもしれませんが、娘が通っていたバレエ教室はそんなに厳しくなかったので、それも娘が気にいった理由かもしれません。

そしてバレエは、友達とお話する機会が少なくて済む。雑談が苦手なので、ドラキッズでは、幼児同士で遊ぶシーンとか、どうすればいいかわからなかったようで、一緒に学ぶが出来なかったです。

バレエは先生が言う通りに踊ればいいんで・・・。
あ、でも発表会はそれなりに大変だったかな。

ゆるいバレエ教室がたくさんあるといいなぁ。そういえば吹奏楽部もゆるかった。

繊細な子は5人に1人とか言われてるようですが、今の子達、みんな繊細な子じゃないかなと私は思ってる。なので、競うというより、楽しむという方向の方が合ってる気がします。

娘もバレエや、吹奏楽で、何がいいかって、音や踊りを合わせるとすごく楽しいらしくて、その瞬間が欲しくてやってたらしいです。

「ゆるい」とは競わない方向という意味で、そういったのが増えると、子どもは喜ぶんじゃないかなって思います。

その方がみんな伸びるんじゃないかな?
PVアクセスランキング にほんブログ村