我が家のHSP娘は読書感想文が苦手です。感想がないわけじゃないようなのですが、それを言葉に変換するのが難しいみたいです。

そのおかげで小学生の時はかなり苦しみました。小学生の時が一番作文が多いからです。中学に入ると、長い休みに感想文の宿題が出たりするけど、年1~2くらい。なんとかこなして卒業できました。

高校生になると、もっと感想文書く機会が減って、やった~と思っていたのに、卒業間際に読書感想文の宿題が出ました。

最後の最後になんで~?

高3の授業ほとんどなきに等しいのに、感想文で苦しむはめに・・・。


文章というものに生まれてからずっと苦しめられている気がします。

幼稚園時代、迎えに行って、今日の出来事を聞いてもあんまり話てくれませんでした。今考えると、思いはあっても、文章を頭で組み立てて言葉で伝えられなかったんじゃないかなって思います。

文字もあんまり好きじゃなかった。幼稚園に入った当時、お手紙交換が流行ってて、

私も友達にお手紙渡したい!

という気持ちを強く持つことができたから、なんとか文字を覚えられたけど、覚えてる途中で、「なんで「あいうえお」じゃないといけないの?」とか言ってました。

友達にお手紙渡したいんやろ?頑張れ!

で乗り切った~


「読書感想文 苦手な子」
みたいな言葉で検索すると「発達障害」がよく出てきます。
書字表出障害・書きの困難(ディスグラフィア)という病名?もよく出てきます。

読書感想文を書く時の本人の困りごととしては、
テーマを1つに絞ること自体が難しい
頭で思い出したり考えたりしたことを、文字でアウトプットという同時作業が難しい
読んだことを理解できてない
あらすじを書いてしまう
感想を言葉で表せない
などという事があることを調べて知りました。

幼児期、言葉が少なかったので、心配して相談に行ったけど、「発達障害」とは言われませんでした。

なんでも発達障害に結びつけるのはよくないな・・・。

と、その時反省しました。

私的には、

本読まないからじゃ?

と思ってます。

本、幼児期から嫌いだったです。読み聞かせも聞いてもらえませんでした。
動画が大好きで、動いてる物が好きみたいでした。

本好きな子と比べたら、圧倒的に知ってる言葉が少ないのが、文を書けない原因なんじゃないかと私は思ってます。

でも、好きじゃないのを、無理やり読ませたりするのもなんだかなぁ・・・と思ってやり過ごして高校まで来てしまった。

レポートがありそうな大学生というものには、ならない方がいいなって思ったので、専門学校への道を選びました。

もうこれで、読書感想文とはおさらばだといいね

幼稚園時代は私に手紙書いてくれたりしてました。でも学校に入って読書感想文になると、きれいにまとまった文章を書かないといけないみたいなプレッシャーもあったようで、「まともな文、きれいな文」に苦しんでいた感じがします。
tegami
娘なりの言葉を、これから取り戻してくれたらいいなぁって思ってます✨