ダウン症児とHSP娘との暮らしのブログ

HSPだと思われる娘とダウン症児の息子と暮らしています。多くの気づきを得られる刺激的な毎日なので、忘れちゃもったいないな・・・と思って綴っているのですが、年々綴るのが遅くなっています。子どもらが育つということは親が年を取るということ。指が動かん・・・。

    歯科

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    うちのダウン症児、めちゃくちゃ頑固で困ってます。
    ダウン症の特徴の中に頑固があるらしいのですが、我が家の息子も一度こうだと思ってしまったら、それを覆すことがとても難しいです。

    こうと思ってしまってる事のひとつに、歯科医院での超音波スケーラーが嫌いというのがあります。どうしても慣れませんでした。一度嫌って思ったら、どんなに「こういうものだよ」とか説明してもダメ、嫌なものは嫌って感じです。

    言葉がわからないからというのもあるけど、絵を使ったりして説明してもダメだったな・・・。


    そういった経緯があって、別の障がい者歯科センターにうつったのですが、今度のところは超音波スケーラーを使わないので、めちゃくちゃご機嫌で通えてます。

    今回は、コントラに装着してのポリッシングブラシができるようになってきたからか、俺はできるって感じにご機嫌で自分の歯を差し出してました。

    ↓これ、最初は嫌がってたのですが・・・。

    burashi
    ポリッシングブラシをしようとして、させてもらえなかった話はこちら。


    終わった後は、

    できただろ?

    とさらにご機嫌です。

    障がい者歯科センターの人達と私も一緒に喜んではいたけど、タービンにつける超音波スケーラー的なものも慣れた方がいいので、実は「やりたい!」と思っているのですが、「苦手とわかっているので、やらないんだよ~。」みたいな苦笑いになってしまいました。

    もしも虫歯で削らなきゃならない時のために、水が出る超音波スケーラーを使いたいと先生は考えているようなのですが、信頼してもらわなきゃいけないので、今は使わないようにしてくれてるんです
    shikakizai

    このセンターに慣れて、やった~と思っているけど、タービンに変えたとたん、豹変するんじゃないかと思うと、私も先生も歯科衛生士さんもめっちゃ心憂鬱。

    裏切ったな!

    とか思われそう

    診察の終わりの時に、「まだしばらくはこんな感じでいきます」と先生が言っていました。

    いつかはコントラに変わって、タービン的なものから出る水、タービンの音、超音波のピーっていう音、水を吸うバキュームを体感しないといけないとは思うのですが、成長がそれを受け入れるようになってくれてたらいいけどなぁ・・・


    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    息子は歯医者が嫌いでした。

    以前の障がい者向け歯科診療所では、超音波スケーラーで歯垢除去をしていたのですが、どうしても慣れることができませんでした。

    暴れて、泣いて、目の下の血管切れて、目の下がまだら模様になって帰ってた。

    障がい者の歯科治療をしてもらえるところは少ないので、変えるのが怖かったのですが、あまりにも慣れないので思い切って変えたら、今度のところは、段階的に治療に慣れさせようという試みをしてくれるところでした。

    言葉がわからない息子なので、「今からこういう事するよ」と言葉で言ってもわからない。なので、診察が始まる前にいつも歯科衛生士さんが、今日やる事、使う器具などを絵カードで説明してくれます。

    説明が終わったら診察室へ。

    一応先生は固定って聞いたのですが、今日の先生違ってた。予約日を急に変更したから?もしくは固定ではなかった?

    まだ通い始めて5回くらいなので、わかんないな~。

    診療台に寝転がると、以前は網でしばってやらないと暴れていたのですが、
    (↓こんな感じ)
    c2746ede.jpg



    今通っている歯科センターでは網なしでできています。

    超音波スケーラーが苦手と初診の時に伝えたからか、使用なしで診療進めてくれて、そうしたら泣かないで帰れるようになりました。

    超音波スケーラー使用がなくなったからか、自分から歯科センターに行ってくれるようになりました。以前は歯ブラシ見せて「今日歯医者だから」と教えると、めっちゃ嫌な顔してました。車で行くか電車か?をジェスチャーで聞いて、「車で行くよ」と答えると、自分から車に乗ってくれるようになりました。以前は電車で行っていたので、乗り物聞いて行く場所がわかるみたいです。歯科診療が息子にとって苦痛ではなくなったようで、私も行く時心が軽いです。

    診察も、以前暴れてたというのを伝えているためか、めちゃくちゃ慎重に進めてくれて、言葉がけもとても丁寧にしてくれます。

    言葉がわからない息子なんだけど、言っているニュアンスはわかるので、乱暴な言葉や態度は息子の態度を固まらせてしまうんで、助かります。
    障がい者を理解してくれてるから、そういったやり方をしているのかもしれません。

    障がい者の人たちは、言葉がわからなくても、なんとなく態度でわかってます。馬鹿にしてくる人達の事もわかってる。わかってないのは下と思っている人たちの方。


    新しい器具を使う時も、1つずつ増やす感じですすめてくれてます。

    前回、コードレスのポリッシングブラシを使ったのですが、今回は2回目だったからか、以前より慣れて嫌なそぶりもなかったです。
    ↓歯ブラシの小さい版なのに、コードありにつけると超音波スケーラーとの区別がつかなくなるみたいで嫌がります。
    burashi


    最終的には、コード付きを使って予防治療をしたいと先生は言っていました。コード付きのパワーある物になれておかないと、歯を削るという治療内容の時に困るからという事でした。

    以前の歯科診療所で息子の暴れる姿を見ているので、歯を削る時が恐ろしく、一生懸命磨いてあげているのですが、これから先はどうなるかわかんない。親なき生活の中で歯科治療が必要な事態が発生するかもしれないし・・・。

    とりあえず、予防歯科治療をいかに長く続けられるかだな・・・今、ガチの治療は難しすぎる


    と、思ってます。


    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    息子は普通の人よりもかなり歯科医院に通っている方だと思います。

    ダウン症って生まれてすぐにわかるので、歯が生えてからはずっと定期的に歯科医院に通っています。

    ダウン症児の歯は、生えそろうのも遅けりゃ、永久歯が生えてくるのも遅い。永久歯にすべて生え変わるのも遅い。不安だらけで、歯科医院にでも通わなきゃ、自分だけでは不安解消できないよ~

    特に虫歯になるのが恐ろしいです。

    言葉で痛いのを伝えにくい息子。予防のための診察でも暴れる時があるので、虫歯治療となると、どうなることかと、思ってしまいます。

    歯科の先生も、重度の知的障がい児の息子の場合、歯磨きをよくして、定期的に通院することを推奨されています。

    自分での歯磨きが上手にできないので、私が息子の歯磨きを頑張ってるのですが、上の前歯あたりを磨こうとすると嫌がるというのがあって、それは息子の歯磨き始めてからずっと嫌がってます。

    「上の前歯磨くの嫌がる」は、障がい児あるあるらしいです。

    どうしても慣れないので、今ではもうあきらめてて、頑張って磨かせろ!って感じでバトルで無理やりやってます。

    力づくでやるしか方法ないんで、部屋の隅においつめて磨いてる。


    そんな息子なのですが、先日、溶連菌騒ぎの時、歯磨きが2日ほどできなくて、熱下がってから歯を見たら、前歯に「鼻くそ?」的に黄色い粘着性のあるものがべっとりたくさんついていました。

    ぎゃーーーーこれなに?


    びっくりして、歯磨きいつもより念入りにしたら、前歯のところから、血がどくどく出てきます。

    出血ひどすぎる~。白血病?


    とか思ってしまった
    ダウン症は白血病になりやすいそう。原因はわかってないらしい。よく言われる白血病症状が、歯茎から血、鼻血が出たりアザが良くできる、高熱、倦怠感、リンパ節の腫れなどがあるらしい。

    なので、短絡的に歯茎から血=白血病?とか思ってしまったけど、ふつー歯ぐきから血と言えば、歯肉炎なので、こりゃいかん!と頑張って私の手も歯ブラシも血まみれになって、ぐいぐい磨きました。

    そして、歯科医院予約日になって、歯茎から出血の話をしたけど、やっぱ「歯周炎・歯肉炎」でした

    ポリッシングブラシにおびえていたけど、電動歯ブラシ的なものに、ポリッシングブラシをつけて歯を磨こうとしたら、磨かせてくれました。

    前回、診療台についているバーにポリッシングブラシつけると、まったくさせてくれなかったので、先生たちが用意してくれたみたいでした。
    ↓前回の歯科診療時のお話です。


    先生は、「いずれ診療台についているバーが使えるようにしたいので、徐々に変えていきましょう」と、言っていました。

    ひとまず、1歩前進

    いつもの衛生士の方が今日はスムーズに診察が進んだので、息子を褒めてくれました。

    今回の診察、先生がいつもの女の先生から、男の先生に変わったのですが、先生も初めての、しかも言葉が通じにくい重度知的障がい児の息子なので、戦々恐々とした部分もあったようなのですが、機嫌よく診察させてくれたので、ほっとしていたみたいでした。

    先生には、「歯磨きは今までのようにしっかり頑張ってください」との言われました。
    今までは、電動歯ブラシとか使ってたけど、歯茎からの大量出血でびっくりして、今回、普通の歯ブラシでぐいぐい磨いていったのですが、「きれいに磨けてる」って褒めてもらいました。

    電動歯ブラシどれにしよう?と悩んだ時期もあったけど、うちの息子は普通の歯ブラシでぐいぐいの方がいいのかな?

    ダウン症児だから?それともうちのダウン症児だけ?歯が普通の人より、かなり小さい。
    そんな小さい歯でも、うちの息子の好物は「あたりめ」なので、なくなったら困る
    頑張らねば・・・保護者が力を発揮せねば、うちのダウン症児の歯は守れんのだ~


    スポンサードリンク

    このページのトップヘ