ダウン症児とHSP娘との暮らしのブログ

HSPだと思われる娘とダウン症児の息子と暮らしています。多くの気づきを得られる刺激的な毎日なので、忘れちゃもったいないな・・・と思って綴っているのですが、年々綴るのが遅くなっています。子どもらが育つということは親が年を取るということ。指が動かん・・・。

    コロナウイルス

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    息子が学校で37.3度に熱が上がったので、お迎えに来てくださいと連絡がありました。

    たいてい37.5くらいから「発熱」ととらえるのかな?と私は思っているのですが、この時は息子の様子がいつもとちょっと違ったのだとか。

    息子は、ウンコがトイレで出来ないのですが、学校では特にやりにくいのか我慢してしまうよう。なので、ウンコじゃないかな~と思って、

    トイレに誘ってみてください。

    と、言ってみたら、やっぱりウンコだったのだとか。でも平熱ではなかったようなので、家に連れ帰りました。家で熱を測ったら36.8でした。

    熱ないじゃん!とか思ってて、週末を過ごしたのですが、日曜日、娘が熱を出しました。

    ぎゃ~なんで?


    息子の発熱はコロナだった?

    そこからコロナかも・・・の審議で、怒涛の戦いが始まりました。

    我が家がやったのは、コロナかどうかを調べるために抗原検査をしました。前回も発熱騒ぎがあり、コロナ疑いには抗原検査!と思ったので、抗原検査キットを常備していました。


    息子は唾液を採取する方法しか難しいので、アンスペクトコーワを使ったのですが、娘は、鼻腔を拭う方法の、クリニテストを使ってみました。
    clinitest (3)
    綿棒に鼻腔粘液をこすりつけて、試液につけて、その試液をテスターに落とす。15分ほど待ったら、Cの部分にラインが入っていれば、成功で陰性、Cにラインがあり、Tにもラインが入っていたら陽性というものでした。
    clinitest (2)
    clinitest (1)

    15分ほどで陰性と判断できてやった~と思っていたのですが・・・。

    次の日は月曜日、日曜日に発熱し、本調子ではないと判断したので、娘は学校をお休みすることにして、学校に連絡をしました。すると、

    「発熱したのなら、3日は学校に来ないでください。抗原検査では陰性だったかもしれませんが、抗原検査は精度が低いですよね?」

    と、言われました。

    PCRをしに行った方がいいという事ですか?PCRをしに行ってもすぐに結果でませんよね。そうすると、土曜日からの期末テストは受けられないかもしれないですよね?

    「そうですね・・・」

    そうなのです。土曜日から期末テストがあり、これは1回こっきりで、病気で受けられなかったからといって、別日にしてもらえないのだそう。

    ぎゃ~進級問題に発展?

    そんな風に問題が大事になってしまったのですが、その夜また娘の熱がじわっと上がってきてしまい、PCRを受けに行くことにしました。

    娘の熱があがってきたので、息子もコロナ疑いが晴れないと学校には行けなくて・・・。

    コロナ疑惑を晴らすにはPCRしかない!とPCRをしてくれる病院探しに問題は移行したのでした。

    抗原検査キットだってタダじゃないのに、この検査はいったいなんのためにあるんだ~!!!

    PCR検査をしにいった話に続く・・・。


    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    息子の発熱騒ぎで、コロナ疑いが浮上。抗原検査キットを購入して検査してみました。
    詳しくは↓記事に書いてます。


    アンスペクトコーワ SARS-CoV-2(一般用)という抗原検査キットを買ってきたのですが、これは唾液で検査する方法の物です。息子は鼻腔粘膜採取が嫌いなので、唾液なら少しはマシかなぁと選びました。

    他にも唾液で検査する物はあるようですが、厚生労働省のHPによると、「新型コロナの検査キットは「研究用」ではなく国が承認した「体外診断用医薬品」又は「第1類医薬品」を選びましょう!」と書かれてあって、「体外診断用医薬品」の唾液で検査する物は1つだけしかなかった。

    エスプライン SARS-CoV-2 N(一般用)というのが、鼻腔と唾液の2つ採取方法が書かれてあったけど、調べたら鼻腔の方法しか出てこなかったんで、却下としました。


    唾液採取の方法は、普通の人には簡単だと思うのですが、息子にとってどんな方法も恐怖でしかない。

    やる前から暴れてた

    やり方は、箱の中に入っていた綿棒に舌下の唾液を塗り付け、試薬に採取した唾液つき綿棒を浸し、その液体をテストカセットに落として、赤い線が2本入ったら陽性ということでした。

    ↓箱の中に入っていた物。
    kougenkensa2

    息子にしてほしい事は、口を開けて、綿棒を塗り付けさせてほしかったのですが・・・。

    なんだかわからない事をされるって思ったようで、綿棒を持って息子の前に立った時点で逃げられた

    ちょっと口の中こちょこちょするだけだって。

    何するんだ、やめてよ~!

    幼児の頃なら、羽交い絞めでやってたと思うんですが、高校生を羽交い絞めはもうできない。ちょっと身体を持とうとしてもするりと逃げて保持することすらできない。

    仕方ないので、目を見て説得という方法で頑張りました。

    大丈夫だから!絶対大丈夫だから!ちょこっとだけさせて!

    口を開けて、舌を口蓋の方にあげるというのを見せてから、何度も説得しました。

    すると、わかってくれたのか、口を開けてくれました。

    よっしゃ~~~

    今がチャンス!舌下の唾液いただき~と綿棒でぬぐいました。すると、だんだん痛い事じゃないというのがわかってくれたようで、大きく口を開けてくれました。

    よかった、検体とれて

    kougenkensa3
    テストカセットに検体3滴たらして、待つ事15分。結果は陰性でした。

    そうじゃないかとは思ってたんだ~

    と、息子を除く家族中で思ってた。

    というのは、数日前私と娘は、腹痛があって、じくじくお腹が痛かった。食欲もなかった。その次の日息子発熱。息子の発熱の時点で、なんかの菌だかウイルスだか・・・。胃腸炎的な・・・。と思ってた。

    でも私らの体調では、コロナじゃないという証明はできない。

    ので、早く検査をしてみたかったのです。コロナ疑い晴れてよかった。

    息子は次の日は学校行ってデイサービスも行けて元気に帰ってきました。

    が~、次の日は旦那のお腹がじくじく痛むことになってました。1日くらいで良くなってたけど・・・。食欲はなかったです。

    ウンコ出たらよくなるよ

    と、アドバイスしておきました。

    多分、これは、感染性胃腸炎というものじゃないかと推測。でも感染性胃腸炎って薬で治すって感じじゃない。病院行っても診断してもらうだけしかできないので、我が家ではいつも自力で治してる。


    こんな騒ぎはもう御免と思ったので、アンスペクトコーワ  SARS-CoV-2を買い置きしとこうと思って薬局へ行ったら、使用期間がめちゃくちゃ短いのしか売ってなかった。有効期限は製造から18カ月らしいのですが・・・。

    もし使わなかったら1980円パアかぁ~。これは痛い!と買えなかった。

    でも唾液でできるやつがいいし・・・。息子に使えるのはこれしか・・・
    ↓クリニテストは有効期間、製造から1年みたい。鼻腔粘膜採取は息子には難しい。耳鼻科でも大変なのに・・・。でもこっちは自治体がこれ配ってるみたいなんだよね~。

    抗原検査キット選びも結構難しい。研究用の方がたくさんあるようなのに、なんでダメなの?認可されないのはなんでなのかなぁ?利権?しかも高い!もっと安価にはならないの?

    これからまたしばらく、ウイルスに翻弄される日々?生き残ってたら、こんなに大変だったと、振りかえれるハズだから、記録として残しておこう!


    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    息子が学校で発熱したそうで、「迎えに来てください~」と学校から連絡がありました。

    えええ?朝、体温測った時は、36.2だったのに~

    迎えに行ったら、そこそこ元気でした。給食も完食したのだとか。先生の話によると、「午前中、呼吸が苦しそうだったので、体温測ったら37.5でした。今測ったら、36.9だったんですけど~」との事でした。

    ここんとこ、鼻水が出てて、呼吸が苦しそうだなってのはあったのですが、体温は毎日測ってて、息子の体温はどちらかといったら低い方。36.5以上になることはあまりないのですが・・・。家に帰ってから熱を測ったら、37.5になってました。

    げ、熱上がってる~!

    かといって、元気がないわけではなく、youtube見て歌ったり、踊ったり、ゲームしたりしてました。
    病院に行くべき?行かざるべき?



    以前息子が発熱した時、病院にコロナの検査に行ったら、めっちゃ検査嫌がられた記憶がよみがえります。

    その時は、市の発熱外来病院を紹介するセンターに聞いて行ったのですが、病院の先生が、「どうしてうちを選んだの?」と聞いてきました。自分とこの病院が発熱外来のリストに入ってる事を知らなかったっぽかったです。こんな事ある?とびっくりでした。

    コロナ検査にびくびくしてる先生だったなぁ~。
    またこういう先生に当たるのは嫌だ!

    と、思ったので、抗原検査キットを配送してもらえるように県に頼んでみました。

    ネットで申し込んで配送してもらえるらしいので、やってみたら、手続き完了のメールがメールボックスにきてました。

    そこには・・・
    「抗原検査キットの配布申込みの到達を通知しています。~~~配送見込みのお問合せや配達日時の指定には対応できない事を予めご承知おきください。発送が完了しましたら、改めてメールでご連絡します。」

    ん?なんか不安になる文面。
    いつくるの?もしかして、検査キットくるのめちゃくちゃ遅い?

    キット到着するまで、問い合わせすんな!みたいな文面だったので、大人しく待っておくしか方法が~。

    お昼の1時半くらいにメール送信完了して、そこからまったく音沙なし。発送しました通知は、次の日の15時でした。

    あ、もう今日はキット来ないわ。
    こんなことなら薬局に買いに行けばよかった

    なるべく人と接触せずキット欲しかったけどなぁ~。

    アマゾンでも売ってるやん。アマゾンの方がまだ早かったかも。少なくとも、配送状況わかって、心が楽だったよな。


    ↓唾液で検査できる物らしいです。鼻こちょこちょ、息子嫌がるんだよね~
    アマゾンでは↓これしか「体外診断用医薬品」と記されたのは見つけられませんでした。
    楽天とかでも入手できそう。でも楽天だと発送遅いかも・・・。
    やっぱ薬局で買うか、買っておく!というのが一番いいんだなって思いました。

    他にも、抗原検査するタイミングは、症状が出てから24時間たった後の検査の方がいいそうな~。PCRだと検査結果に時間がかかる、抗原検査は15分くらい。

    抗原検査がいいか、PCRがいいか、ぐぬぬって感じ。精度はPCRかもしれないが、早く結果が欲しいんだ!っとなると、抗原検査?

    旦那は、濃厚接触者となるのかどうかの瀬戸際だから、早く検査してほしいみたいで、旦那がキットを夜に買いに行ってくれました。

    もうええわ!俺が買ってくる!


    アンスペクトコーワSARS-Cov-2(一般用)という抗原検査キッドをマツキヨで買ってきました。1980円でした。
    kougenkensa1


    これで検査できるぞ。息子はピンピンしてるのに、疑い晴らす手段がなく1日もんもんとしてしまった。買い置き大切って学んだ


    スポンサードリンク

    このページのトップヘ