ダウン症児とHSP娘との暮らしのブログ

HSPだと思われる娘とダウン症児の息子と暮らしています。多くの気づきを得られる刺激的な毎日なので、忘れちゃもったいないな・・・と思って綴っているのですが、年々綴るのが遅くなっています。子どもらが育つということは親が年を取るということ。指が動かん・・・。

    バレエ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    娘は3歳からずっとバレエをやっていたので、髪を短く切ることができませんでした。シニヨンを作らないといけないので、髪を短く切ると、シニヨンが作りにくいのです。

    シニヨンとは?束ねた髪をサイドや後頭部でまとめた髪型のことである。簡単に言えば、ポニーテールを丸くまとめたものである。

    db6482ed.jpg

    ロングヘアの子どもの世話は、私には大変なことでした~

    なんせ、ロングヘアってだけで、朝の支度が1工程も、2工程も増える
    幼稚園時代が一番大変だったです。

    加えて、私は不器用・・・実は、自分のヘアスタイルさえままならない状態だったりしています

    そんな私なんでシニヨン作りも大変・・・Youtubeで勉強しました。
    が、上出来ではないシニヨンで毎回レッスンに行かせてしまってた

    不器用な母でごめん、娘よ。


    バレエのお団子は、こんな感じ↓に盛り上がっちゃだめ!と、バレエ教室の先生からも、やんわり言われたりしました(;´Д`)
    36447a93.jpg

    「お団子の髪はぺったんこにしてネットをかぶせ、頭にくっつけるようにピンをとめていくんです!」と、先生によく言われてしまっていた私。
    それって私には難しいんだよ~

    しかし、何年もやってれば、なんとなくできるように・・・なったのかな?先生にはとりあえず言われなくなりましたけど・・・

    そんな生活を9年くらい続けました。

    バレエ生活では、

    レッスンに行く前に、髪をセットしなければ、ならなかったので、セット時間を計算して学校から帰ってきてもらったり、遊びから帰ってきてもらったり・・・時間に追われていました。

    高学年になると、みんな自分でお団子作ってレッスンに行くらしいのですが、娘も私と一緒で髪まとめに関しては結構不器用だったんで、レッスン前が二人で大変って感じでした。



    今、バレエ辞めて1年たつのですが、ずっと髪は伸ばしたままだった娘。辞めたらシニヨンしなくてもいいので、切りたかったら切ってよかったのですが、気持ちの切り替えがなかなかできなかったみたい。

    しかし、1年たって、やっと髪を切ると言い出しました。

    どういう心境の変化?


    か、わかんないけど、娘なりに吹っ切れたのかな?

    バレエをやめたくてやめたわけじゃなくて、中学生になって忙しそうな部活に入りたくて、バレエと両立できそうにないからバレエをやめることにしたんで、そういった意味で吹っ切るのが大変だったのかもしれないです。

    バレエという習い事、親も子も結構大変。
    でも娘の周りの子はみんな辞めるって言わないんですよね。

    バレエが好きという気持ちに結局は繋がるのかもしれませんが、バレエにはバレエマジックがあるみたい。

    めちゃくちゃいいバレエ教室って感じでもないので(普通のバレエ教室)バレエ自体に辞めたくなくする魅力があるように思います。

    バレエにつきものの発表会も追いかけてくるので、そこを目指すとやめると考える暇もないのかも・・・。

    私としてもバレエという習い事は魔物のようでした。
    発表会に追われて親も結構大変で、発表会間近になると、

    練習が多くなって、
    送り迎えが大変になったり、
    衣装に小物を付けたり、
    リハーサルに連れて行かなきゃならなかったり・・・。

    でも発表会でキラキラで踊る娘を見ると、

    頑張ってよかった~。娘楽しそう~。

    とうれしかったので、やめろ~!とは思わなかったです。

    でも、正直、月謝に加えて、発表会代とか、発表会後の先生へのお礼とか、いろいろその辺は大変でした。娘が通っていた教室は良心的なお値段のとこだったけど、それでも普通の習い事よりお高いと思います。

    もう少し、値段手頃に、そこそこ大人になるまで、ぼちぼちできるバレエがあるといいな~。


    子どもでバレエやりたい子たくさんいると思うのですが、通う時間とレッスン料金のハードルが下がると、いろんな子がバレエに触れあえると思うんだけど・・・。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    娘は1歳半から習い事を始めました。

    1歳半で、ドラキッズという勉強系の習い事に通ってみたのですが、これが、娘に合わなかった

    娘が通った教室は、2人の先生がいました。とても子どもをよくわかっている先生で(ドラキッズの先生はみんな有資格者ばかりなのだそうです)、親にまで優しく親身になってくださる先生でよかったのですが、授業内容が、娘に合わなかったようでした。

    頑張って1年8ヶ月通ったけど、こりゃだめだ、と私が断念してしまいました。


    ■勉強系の習い事に入ってみた

    ドラキッズは小学館の幼児教室。各地にあるようで、私の住んでいるところは、近所のスーパーに入っていました。娘は幼児の頃から、人の中に入りたいのに、入れないって感じだったので、何か習い事をしてお友達ができるといいなって思っていたので、入ることにしたのですが・・・。

    いろんな科目があるから、楽しくできるかな?




    しかし、授業的内容の習い事は、みんなそれぞれ自分でやるものばかり。自分がやりたい~って子は向いてるかもですが、消極的で、こうやっていいのかな?ああやっていいのかな?とやってることに不安を感じている娘には合ってなかったようでした。

    やってて楽しそうだなって見えたのはドラえもん体操だけだったです。

    読み聞かせの時間もありましたが、まったく先生のお話を聞いてなくて、後ろの方で、ふらふらしていました。

    みんなが固まっているところで、じっと同じように座っているのが嫌なのか?、人が話している話を聞くのが嫌なのか?は、わからなかったです。

    先生は大丈夫ですよって言ってくれたけど、その時は私がおろおろしてしまいました。

    大きくなった娘に聞いたら、

    勉強は何やってるのかまったくわかんなかった。読み聞かせは話している内容がわかんなかったから嫌だった。

    のだそうです。ダンスだけが楽しかったとは言ってました。

    私が感じていたことは間違いじゃなかったんだな。

    勉強系の習い事は、そこを楽しく感じる子が行くところなんだな~と、学んだ出来事でした。

    ■ダンスが楽しそうだったので、舞踊系を探してみた

    勉強系は諦めて、そのまま児童館や公園で幼児期を楽しもうかとも考えたのですが、近所の子ども達、みんな習い事してて、公園や児童館はちょっとやんちゃな子どもが多かったんで、大人しい娘には入る余地がなかったです。

    友達作りは習い事しか道ないんだ!

    と気づいたので、またしても習い事探し。今度は舞踊系で何かないかと探し始めました。

    ダンスがよかったのですが、ダンス系って4歳からしか近所はなくて、まだ3歳だったので、バレエしか道がなかった。バレエは3歳からOKでした。

    とりあえず、体験を申し込んでみたのですが、娘は体験してくれませんでした。

    げ!レッスン入ってくれん!

    レオタードも靴も貸してくれたのですが、レッスンに入らず、レッスンをじっと見て帰るということになってしまいました。

    こっちの方向じゃないのかな~?

    と、思ったのですが、もう1軒別のバレエ教室に行ってみました。

    そこはおばあちゃん先生と娘って感じの教室でした。
    そんなに優しいって感じの先生ではなかったのに、何が決め手だったのか、す~っとレッスンに入って、体験をすることができました。

    娘にやる?って聞いたらうなずいたので、そこに入ることにしました。
    その後、長く続いて、6年生までバレエしていましたが、中学で吹奏楽をやりたいらしく、バレエと両立は難しかったので、辞めることになりました。

    今、娘にその時の話を聞いてみると、

    バレエ、楽しかった。音楽が特によかった。クラッシックの音楽がゆったりして気持ちよかった。

    そうです。

    え?音楽の方がよかったの?

    私が考えていたのとは違うバレエの捉え方していたみたい。でも、やめた今でもバレエ楽しかったって何度も言っています。

    ■相談しながら決められるようになった

    バレエを習う事は、私が道を決めたけど、バレエをやめる方向にするのは、2人で相談して決めました。

    HSCの娘は、幼児期とても言葉が少なく、自分から発信する、がなかなかできませんでした。なので、決めるのがほんとに難しかったです。どうしたいのか?を言ってもらえなかったです。今聞いたら・・・

    世の中の何もかもが怖かった。

    そうです。

    小学校高学年くらいから、自分を発信する事が少しづつできるようになってきたのですが、否定されるとグレるので、話し合うというのが難しかったです。「こうならないと嫌」と譲らないのは、思っている方向にならないのが嫌なんじゃなくて、否定された悲しみの方が強いようでした。

    でも、ダメや無理はあるから、すり合わせは仕方ないんだよ~って感じで、本格的に一緒に考えて決められるようになったのは最近です。

    ■短期で終わった習い事

    ●テニス

    小学高学年になると、体育でボールの授業があるのですが、ボールがなかなか上手になりませんでした。家で私と練習したりしたのですが、うまくいかなかったです。

    学校からうなだれて帰ってくるので、どこか教えてもらえるところないかな~と、探してみました。近所のバレーボールのチームとかでもよかったのですが、娘がその団体の中に入る力がなかった。

    おとなしい娘に、出来上がってるチームの中に入るのは無理だろうなぁ。

    と思ったので、近所のカルチャーセンターにテニス教室があったので、テニスに入ってみることにしました。

    人数が少なくて、時にマンツーマン指導になってしまい、マンツーマンだと先生の言葉がとてもきつく感じるみたいで、先生の一言一言に傷ついて帰ってきていたので、すぐにやめることになりました。

    敏感な子に体育会系男子の言葉は辛いんだな・・・。と、学びました。

    先生が悪いわけじゃないんです。体育会系若い男性のはきはき明るくて強い言葉は、繊細な娘の心に響き過ぎるみたい。指導を上手に受け取れなくて申し訳ない・・・。

    でも、指導のおかげで、体育のボール授業が楽しめるようになり、バスケットやバレーボールの授業も普通にこなせる力がついたので、入ってよかったです。

    ●水泳

    水泳の授業についていけなくて、習うことにしました。

    しかし、HSPの娘、あれこれ習うの嫌いみたい。いろんな人に会ったり、いろんな先生に合わせるのが大変で、気を使う場が増えるので、あまり習い事を増やしたくないみたいでした。なので、短期の水泳教室に入ることにしました。

    夏休みだけ、とか冬休みだけの集中講座があったので、その教室に申し込み、水泳授業を乗り切ることができました。

    ●公文&学研

    勉強も授業でついていけなくて、塾探しが必要でした。さらっと授業で習うだけではうまく内容を受け取れないみたいで、丁寧な指導が必要な娘でした。

    最初は公文に入ったのですが、先生がハキハキとちょっと厳しめの先生だったので、自分からどこがわからないかの発信をしにくかったらしく、打ち解けられなくて、先生は逆に、はっきりしない子は不得意なようでした。「はっきり言わないとわからないでしょ!」という場面になってしまって、揉めたので、辞めることにしました。

    次に入った学研の先生は、「どこがわからないの?」と下に降りてきてくれて、丁寧に指導してくれる先生だったので、ずっとお世話になる事ができました。

    繊細な子には、習い事の先生の性格の見極め大事!と学びました。

    ■HSPの習い事選び

    「出来る」で目立つのも、「出来ない」で目立つのも嫌う娘。でも自分で上達するための力もないんで、習う必要がありました。

    趣味の習い事なら、嫌ならやめるでいいけど、学校の授業でついていけないと、補習的に学ぶ必要があって、あっちこっち探し回って大変でした。

    娘の繊細な心を壊さず、かつ、力をつけさせてくれて、通うのが容易なところってどこだ~?

    HSP娘の習い事選び、まじ大変だった

    前に進む推進力が少ない
    しかし、進めるようにお膳立てしてあげて、ちょっと押してあげれば長く続きます。
    ルーティンが上手な娘です

    このページのトップヘ