ダウン症児とHSP娘との暮らしのブログ

HSPだと思われる娘とダウン症児の息子と暮らしています。多くの気づきを得られる刺激的な毎日なので、忘れちゃもったいないな・・・と思って綴っているのですが、年々綴るのが遅くなっています。子どもらが育つということは親が年を取るということ。指が動かん・・・。

    娘(専門学校生)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    娘は今年の春から専門学校へ行っています。

    日焼けを気にするお年頃。
    つ~か、高校の時から学校へ日傘毎日持って行ってたけどね。

    HSPだから?日光が苦手です。日焼けも気にするけど、日光により頭痛も発してしまう。外的刺激にとことん弱い


    そんな娘なので、専門学校にも当然のように毎日日傘持って行ってる。

    その日傘がある日なくなった。

    聞いたところによると、帰ろうと傘置き場を見たらなかったのだとか。
    学校に持って行ったのは確実だったので、誰かが持って行った?としか思えなかった。

    でも誰が?
    間違えて持って行ったのかも・・・と数日傘置き場を見ていたけどやっぱりなかったんだって。

    仕方ないので新しい日傘を買ったのですが、前の日傘が気に入ってたらしく、ずっとひきずってた。

    ある日、娘は日傘についての夢を見たそうな・・・。

    傘を盗っていった人が、「ごめん、傘を返すことはできない」って言ってた。

    という夢だったそうな。

    何それ~怖い~

    その数日後、自分の日傘が学校の傘立てにあったそうな。
    でも、キーホルダー?チャーム?か何かがついてたんだって。

    アンブレラマーカーと言うらしい。

    娘は持って帰るべきか迷ったけど、置いてきた。
    と言ってました。

    そうだよね。自分の日傘かもしれないけど、誰かが使って、しかも何かついてるんだったらもう怖くて持ってこれないよね

    結局日傘はあきらめました。
    また自分のお気に入りを見つけるといいのかもしれないけど、学校へはお気に入りはもう持って行けないと気づいたっぽい。

    小学生の時、ちょっと人目を引くかわいい文房具を学校に持って行って、「そんなの持ってきちゃダメなんだよ」と友達にさとされて、しゅんとして帰ってきたことあったけど、結局、こういった問題があるから持ってきちゃダメってことになっちゃうんだよね。

    娘は専門学校生になってやっと、身をもって体験したってお話。
    今は、そうお気に入りじゃない日傘に、ダサくてちょっとカッコ悪い名前シールを貼ったのを使ってます

    夢で真相解明?できた出来事はめずらしいので、記録として残しておこう。

    娘、しょっちゅう夢見てる。たいてい怖い夢らしい。なんだかわからない恐怖が常にあるのって何だろう?前世?




    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    娘は弁当の中のご飯が嫌い。
    おにぎりも嫌い。
    冷えたご飯が嫌いみたいです。
    おにぎりも暖かいと食べれます。冷たいおにぎりはあんまり好きじゃない。

    頑張れば食べれるもん!

    そんな娘のために、パンを家で焼くことにして、高校時代の娘の弁当のパンはほぼ私が焼いてました。

    毎日パンだと、スーパーやパン屋のパンだと1周以上するんだよね。
    だんだん買うものがなくなってきて、もう作ろう!となって、自分で焼いた食パンやコッペパンに具を挟んで持たせたりしてた。

    ↓パンを作り始めはこんなんでした。

    これを高校3年間頑張った。

    パン焼くの、時間かかるんで、弁当に費やした私の時間、かなりだと思う。

    そうやって専門学校でもパン弁当持って行くんだろうと思っていたのですが、ある日、

    パン弁当、もう飽きた。ご飯弁当でいいよ。

    と、言われました。
    嫌いなんじゃなかったの?ご飯のつぶつぶが嫌って言うてたじゃん?とか思ったけど、

    ハイハイ、じゃあ明日からご飯弁当にするね。

    私の推測だけど、彼女の好き嫌いは気分だと思ってる。高校時代はご飯の気分じゃなかったんやろ。旦那もそんなとこあって、味覚が気分によって変わる。

    冷凍食品でも、

    この冷食うまいなぁ・・・。

    と、言っておきながら、気分がのならない時は、

    この冷食、まずい!

    と言える。

    この間、美味しいって言ってたから買ってきたのに・・・。

    多分、この血が受け継がれてるんだろう。
    ま、ご飯弁当の方が、パンより時間的に楽なんで、ラッキー
    と、思うことにしよう。

    <追記>
    ちなみにうちの娘、ご飯の上におかずを乗せるのを嫌います。トマトも嫌い。梅干しも嫌い。レモン的なのも嫌い。(普通の人がおいしそうと思うであろう弁当、大抵否定です😞)
    komebentou
    パンの発酵時間で私の時間削らされるのがパン弁当での悩みでしたが、ご飯弁当では好き嫌いで弁当に入れるおかず何にしようと悩む時間が増えるのが悩みになりました。とほほ


    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    娘に激似のぼっちちゃんの映画観てきました。

    ↓激似の話はこちらにも・・・


    映画館に入った時、30代、40代のおじさん(おばさんの私がおじさんって・・・ごめん)が一人で来てるといった感じの人が多くてちょっとびっくりした。

    娘みたいな感じの子が、共感して人気なのかと思ったけど違うのかな?

    上映時間近づくにつれて、若い男の子や若いカップルが入ってきたけど、女子がめっちゃ少なかった。映画の口コミにファミリー結構きていたとあったのですが、時間帯かな?昼の上映に行ったんだけど~。

    内容は総集編だったので、きれいにまとめられていて、小さなエピソードが見られなくてちょっと残念だったな。でも、内容知らない人はここから入る人もいるかも。

    娘と息子は話知ってるので、歌を聞きにいったって感じでした。

    今日来ていた人もみんなそうだったのか、エンドロール、絵がなくて黒字に文字だけだったのに、だれも席を立ちませんでした。

    みんな最後の歌聞いてたんだと思う。

    結束バンドすごい!

    私らも映画観た後、CD買いに行ってしまいました。
    ↓歌ばっかり入ったCD買いました。映画館でステッカーもらって子どもら喜んでた
    borozaeiga

    家かえってからは、息子がエレキギター弾きまくってた。
    エレキギターにハマったの、ぼろざ見てからだもんね、仕方ない。

    迫力大画面スクリーンと大音量で結束バンドの音楽聞いたから、弾きたくなったのかな・・・。


    息子は重度ダウン症なので、友達と遊びに行ったりできなくて、遊びといえば、放課後等デイサービスに来ている子らと遊ぶくらい。

    だから、趣味的なのに出会えてよかったと思ってる。
    家にいる時は、エレキギターかiPadのガレージバンドでドラム出してずっと叩いてるかのどちらか。

    でも、たくさん弾いたり叩いたりしてるのに、リズムがわかってないから曲にはなってない。曲に合わせて好き勝手に音ならしてるだけ。

    音はわかってるようなのですが、「曲の音に合わせる」が難しいみたい。

    息子を支援してくれる人は、「障がいを持っているのだから、それはしかたなくて、むしろそれを受け入れてあるがままにあればいいのでは?」と言ってくれるのですが、私的には、
    こんなに大好きで、毎日やってるのに曲にならないなんて残念。

    と、思ってしまうのでした。

    ぼろざに出会ってから、息子の毎日はエレキギターとなってしまったのですが、ぼろざのひとりちゃんに激似な娘は、自分で

    似てる!

    と言いつつも、自分から行動しないと変化しないというぼろざのお話を見てなお、行動を起こさないので、姉弟でもアニメの影響力の差があるなぁ・・・

    と、感じてます。

    夏もまたこのメンバーで見に行くぞ!

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ