ダウン症児とHSP娘との暮らしのブログ

HSPだと思われる娘とダウン症児の息子と暮らしています。多くの気づきを得られる刺激的な毎日なので、忘れちゃもったいないな・・・と思って綴っているのですが、年々綴るのが遅くなっています。子どもらが育つということは親が年を取るということ。指が動かん・・・。

    息子(保育園)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    息子は小1から補聴器を学校へつけて行ってます。

    補聴器を作ったのは5歳くらいだったかな。でもしばらくはつけてくれませんでした。

    補聴器は音が拡大される機器だけど、声だけじゃなく、空気の音とかが入ってしまって、ザーザー周りの音が入った中に言葉も大きく聞こえるって感じです。その音に慣れるまでは、音の聞き分けが大変みたいなのです。

    それだけじゃなく、耳の穴をイヤーモールドで全部覆ってしまうし、耳の上に補聴器本体がのっかってるので、耳に何かついている感覚が常にあります。幼児の頃はなくさないように紐までついてた
    hocyouki-himoari

    そんな、こんなが嫌だったのか、

    補聴器つけろ~。

    いやだ~つけたくない~。

    みたいなバトルをずっとしてて、やっと常時できるようになったのは小1でした。

    幼児期は、保育園に行っていたのですが、保育園側も「補聴器の管理ができないので、保育園にはつけてこないで」と言われたので、慣れる時間も少なかった。

    小1になって、学校の先生から「つけてきていいですよ」って言ってもらってようやく常時補聴器生活が始まりました。




    その後、補聴器をつけるを頑張ってたのですが、なんどか補聴器つけてくれない時期が勃発しました。

    何かが嫌になるんだと思うのですが、言葉がしゃべれないのでこっちもわかんなくて・・・。

    なんとなくその嫌な事がなくなったら?補聴器嫌の気分がなくなったら?補聴器を常時つけても大丈夫な方向になります。もしかしたら、耳的に嫌だったのかもしれないし、何が嫌だったのか今もわかんない~

    そんなこんなをなんとか乗り越え、中学生くらいになって、Youtube見たり、音楽が大好きになったくらいから、補聴器大好きになってきました。

    補聴器あった方が聞こえやすいもんね。ようやく必要性がわかってきたのかな?


    なんて、思っていたのですが、高2の現在、補聴器つけてくれなくなりました。

    補聴器嫌な時期またキタ~


    始業式があって、次の日の入学式は息子は高2なので、休みでした。デイサービスに1日行ったのですが、そこで「補聴器今日外しました」と連絡帳に書かれてて、

    補聴器外すなんて、電池切れしたのかな?

    と思っていたのですが、次の日の学校でも補聴器外したと連絡帳に書かれていました。

    何度もそんなことをするので、補聴器に問題あるのかと補聴器屋さんに行って調整をしてもらったのですが、やっぱりだめで

    補聴器つけてよ~🙏

    と、お願いするように息子に言ったら片方つけてくれました。が、学校で外してた~

    高2の学校が始まる前の日までは就寝までつけていられたのにな。

    学校の先生もデイサービスの方たちも「補聴器つけるように促しましょうか?」と言ってくれたけど、つけない原因を私たちわかってないのに、責め立てるように「つけろ」っていうのはなんか違うかも・・・と、断って、今現在、補聴器を学校にはつけていかない・・・、となってしまいました。

    学校の先生曰く「補聴器を学校ではつけないと自分で決めてる、感じがします」とのことでした。

    補聴器の調整をした後、補聴器を付けた状態で学校に送っていったら、学校に着いたとたん、補聴器を外したので、私もそうかも・・・と、思いました。

    補聴器について学校で何かあったのかな?
    今回の問題はもしかして心の問題?

    今、学校ではしてないけど、家に帰ったら自分で勝手に補聴器つけてます。
    補聴器について気持ちをこじらせる問題がなんかあったのかなぁ。でもそれを知ることができないんですよね。

    息子は言葉を話せない。


    というお話を、同じ支援学校のクラスメートのお母さんに、話したところ、そのお母さんも自分の子どもについていろいろ悩んでいました。

    小学生、中学生くらいは、○○ができないとか、勉学や生活習慣に関する事悩みが多かった感じなのですが、高校生になると、心の問題になってきた?

    言葉で悩みを発することができない子たちなので、ストレスが暴力となったりもするみたい。薬を飲ませた方がいいのかどうか悩んでいました。

    息子もだんだん力も心も強くなっていってます。それがこだわりっぽくなってきてる気がします。

    子どもの年齢が上がってくると、親の子育てについての悩みは子どもの心の問題になるんだな・・・。

    支援学校の子どもたちも、普通の子たちと同じような感じに、心の成長もしているみたいです。


    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    新学期になって、子どもたちはストレスマックスで帰ってきました。娘はHSPなので(親が思っているだけだけど・・・)新しい事は幼児期からだめでした。

    幼稚園からずっと、クラス替えの度に新しい先生や友達に慣れるのに一苦労。慣れるのは3学期くらいにやっと慣れてきてました。

    習い事に至っては、毎日の事じゃないので年単位で慣れるという・・・。バレエ教室は9年通って慣れたのが6年目くらい

    高校生になって、初めて1クラスしかない特殊なクラスに入ったことで、今年は少し大丈夫でした。

    でも先生が新しい先生だったから、気疲れして帰ってきたけど・・・。疲れて家に帰ったら、すぐ爆睡して、夜寝られない~ってなるのが嫌なんだよねぇ。


    息子は幼児期から小学校までは、新学年への移行はそんなに気にならなかったです。なので大丈夫なタイプなのかと思っていましたが、

    中学くらいから、新しい事に対する不安を感じているように見受けられました。

    よく考えると、幼児期から小学校までは、全部が新しくならないように保育園や学校が考えてくれていました。

    保育園のクラスの友達はずっと持ち上がりだったし、先生は担任の先生はいたけど、遊びの時間が多く、大勢の先生が交代で息子を見るというスタイルだったので、多少の先生の移動はわからないって感じでした。

    ↓息子の保育園は人数が多い保育園でした。先生も多かったです。いろんな事して遊んでいる子の中に先生も交じってるって感じでした。そんな大勢の中では、ダウン症児が1人いてもあんまり気にならないって感じで息子にとってはとてもいい環境でした。
    hoikuen-asobi

    支援学校の小学部の時は、息子の学年、1クラスしかなかった。友達は普通小学校から入ってくる友達を1人か2人迎え入れるくらいで、ほとんどメンバーが変わりませんでした。
    担任の先生も3人~4人いて、学年が上がると先生も変わったのですが、1人はクラスに残ってくれる先生がいたので、全員先生が変わるという事はなかったです。
    shiengakkou
    そのおかげでか、不安があんまりなかったのかな?と思いあたりました。


    支援学校の中学部になると、普通小学校から支援学校へ変えてきた友達がどっと増えて、高校になるとさらに増えました。
    普通学校に行っている子たちは言葉でやりとりするので、言葉でのやり取りができない息子には大変な環境となってしまいました。

    先生も全入れ替えとなったり、他学校から入ってくる先生が多かったりと、落ち着かない環境となっているようです。

    だからか?
    高校1年生になった時が一番しんどそうでした。
    言葉でどういう事があったか伝えられないので、家に帰ってぐったりって感じで、デイサービスでも様子がおかしかったようです。

    学年が上がるごとに知識や経験値も上がっていくから、というのもあるのかなぁ。

    知恵がついてくると、その分余計な不安も増すのかもしれません。

    そんな事を考えると、今の世の中の子どもの世界の不安は、みんな知的な子たちばかりだから?

    そうかも・・・。昭和の子ども、知的って感じじゃなかったよなぁ・・・。

    ま、昭和は情報が少なかった。やってみないとわかんなかったもんね。
    今は情報知りすぎて、逆に新しい事への不安煽ってる感じになってしまっているのかもしれません。

    学生生活って1年ごとにすべて変わるので、こんな事になるかも、あんな事になるかも、と毎年考えなくてはいけないのがデメリットって気がします。

    新しくなった場所が自分にとって嫌な場所なら1年頑張ればいいとなるかもですが、いい場所でも1年たったら変わるので、心が落ち着かないよね

    もうちょっとで二人とも、社会に出ていくのですが、もしかしたら学校生活よりも社会生活の方がいいのかな?

    職場を変えなければ、新しい事にはなりにくい
    環境のいいところに勤められればいいなぁ

    物事は、グラデーションで変える方が人の心には優しい気がします。

    うちの子たちは優しい切り替わりでないと生きていけないなぁ・・・。


    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    朝から衣替えをしてみたら、丈が短くなっている物が多いことに気づき、昼から子供服の丈をなおすため、針仕事をせっせとやってます。

    終わった~

    と思ったら、もう夕方。次は買い物行かなきゃ~

    子どもがいる家庭の衣替えは時間かかる、と思う。身体が大きくなるという事は喜ばしい事かもしれないけど、衣服の交換は大変~😭

    しかも、幼児傍らでやると、どうしても牛の歩みでしか進めない。

    ママ、ジュース
    ママ、トイレ
    ママ、あのさ~
    ママ、ママ、ママ、、、、



    娘は、何かやってると、絶対に途中で呼ぶ。
    息子は、無言の圧力で、かまえ~、世話しろ~と、所望してくる。

    こいつら、私の邪魔しようとわざとやってるんじゃ?



    買い物に行くと、息子が買い物カートに

    乗せろ!


    と指示を出し、

    乗せてあげたら、カートで寝た
    (↓カート内に入りたいと所望する。買い物時はカートについている椅子に座り直ってもらいます
    bab1a0f2.jpg

    今寝られたら、買い物袋と、息子を抱えて帰る羽目に・・・
    寝るな~

    今日は、衣替えと買い物だけしかしてないのに中身が濃い一日だった。
    幼児二人と一緒の作業は、魂吸い取られる


    (wrote:2009-10-17 22:11:17)


    スポンサードリンク

    このページのトップヘ