ダウン症児とHSP娘との暮らしのブログ

HSPだと思われる娘とダウン症児の息子と暮らしています。多くの気づきを得られる刺激的な毎日なので、忘れちゃもったいないな・・・と思って綴っているのですが、年々綴るのが遅くなっています。子どもらが育つということは親が年を取るということ。指が動かん・・・。

    筋肉の低緊張

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    息子が行っているデイサービスでは、さまざまなプログラムがあるのですが、「障害児とヨガの関係について」の研究のためにと、今度ヨガプログラムが試験的に行われることとなりました。

    ヨガは、障害をもっている方、高齢者にいい!と、聞いていたので、どんな風に息子に作用するのか私も興味津々・・・なんだけど

    大丈夫かな?



    という心配もあります。

    障がい者施設でヨガって結構プログラムの中に入ってるところ多いんですよね。なんでかな?



    ■ヨガの効果や特徴



    筋肉の緊張をほぐす


    ヨガは自分で身体を緊張させ、自分で身体を緩めるという方法で、身体をリラックスさせるもの。

    息子の場合、筋肉がとても柔らかいので、もっと緊張してほしいくらいなのですが、ヨガをすることによって自分で筋肉コントロールできるようになるのかな?

    上の写真のような片足立ち、息子にはちょっと難しい。バランスは両足でかろうじてとってる気がします。歩く時もふわふわして歩いてる感じです。岸壁とか吹き抜けの階段とか、恐ろしくてひとりで歩いてほしくない。

    ギャロップはできるけど、スキップができない。

    先生の話によると、身体の動きが不自由なお子さんが、長くヨガをやったおかげか、徐々に身体の動きがスムーズになってきたという話だったのですが・・・。

    息子もそうなるといいなぁ・・・。



    呼吸が深くなる



    ヨガの動きの特徴は、身体の動きと呼吸を連動させることにある。

    息子は鼻通りが悪いからか、呼吸がとてもへたくそです。
    口元の緊張感もゆるいので、いつも口があいたまま。

    鼻呼吸、できません。彼にとって、鼻は匂いを感じる器官。
    呼吸をつかさどる器官となっていないようです。

    ヨガの呼吸って鼻呼吸が主だと聞きましたが、鼻呼吸わかってないやろなぁ・・・。

    先生が息を吸って~、吐いて~と言っても多分意味わかってない・・・。



    誰でもやりやすい



    ヨガは、激しい動きをするわけではないので、誰にでもやりやすい。
    誰に見せるわけでもない、人と比べなくていい、競争ではない、自分の身体と対話する、それがヨガ

    ヨガは運動嫌いや、運動音痴の人にこそオススメと聞いた事がありますが、ポーズをとるだけで運動効果があるというのはヨガだけのような気がします。

    しかし、息子が先生の言う通りのポーズをしてくれるか疑問。

    先生がこうなら、俺はこうだ!


    みたいなポーズとるのがうちの息子・・・とほほ。

    リラクゼーション効果



    過剰な緊張を抑えるように筋肉を緩めることをリラクセーションというそうです。

    ダウン症は、筋肉が低緊張。
    つねにリラックス状態?

    と、思われるかもしれませんが、実は、低緊張だからこそ、人の倍?3倍?身体が頑張っているのを感じています。

    普通の人はそれほど力いれなくてもできる事が、息子にとってはすご~く力がいったりするのです。

    これって常にリラックスしていないって事?

    彼は「力を抜いて」がわかりません。
    「力を入れてる」かも、わかってないんじゃないかな

    「力入れすぎてるよ」「もっと力を抜いて」の加減は、自分で何度も体験して、体感としてわかっていってくれるといいなぁ。

    ■果たして、ダウン症児にヨガはいいのか?結果待たれる。

    ヨガの効果をいろいろ調べてみましたが、息子には難しいかなってのもある気がします。長く続けるといいのかなぁ・・・。

    障がい児に教えてくれるところ、あんまりないので、放課後等デイサービスのプログラムは大変助かっています。

    でも、人気のプログラムには入れないことも多いです。

    もっと気楽に、障がい児もいろんな事チャレンジできるようになればなぁと思っているところ。

    結果がいいものであって、講師の方の手が広がり、教える人が増えれば、障がいをもつ人たちにも教えてもらえるチャンスが増えるのかな?

    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    今日は支援学校の卒業式。
    息子はまだ送り出す側です。

    数日前からその練習をずっとやっていたみたいで、連絡帳に「ちゃんと座って話を聞いたり、拍手するところはきちんと拍手したりできていましたよ」と、書かれていました。

    ■小学4年生でできている事

    普通の小学4年生ならば、きっとそれくらいできるので、こんな事書かれたりしないのだと思いますが、我が家の息子の場合、やっとそういった場で、落ち着いて座っていられるようになったところです。

    思い起こせば、小学1年生の入学式、息子は座ることはできたけど、長時間になると、背中が丸まり、椅子から降りて床に座ろうとしたり、だっこ~といったしぐさをしたりしていました。

    入学式で「○○君」と呼ばれて返事もできませんでした。

    つ~か、息子のクラスに返事できる子はいなかったな・・・。


    ですが、

    先生たちの努力のかいがあって、息子を含め、みんなちゃんと座って話を聞くことができるようになったし、返事もできるようになりました。



    ■ダウン症の障害のひとつ、筋肉の低緊張とは・・・

    ダウン症の人の筋肉は、筋肉が低緊張といって、弱く柔らかいという障害があります。

    低緊張とは、自分の体を支えるための筋肉の張りが弱い状態のこと。専門的には、筋緊張低下症という。

    具体的な特徴は

    ◇口元
    ・よだれがよく出る

    ◇姿勢
    ・うつぶせの姿勢から手だけで体を起こそうとする
    ・立ち上がるときに、足の小指が浮いている
    ・移動するときに、おしりを床につけてずりばいする
    ・歩くときにおしりを後ろに突き出し、足を横に大きく広げている

    ◇関節の極端な柔らかさ
    ・足首を曲げたときに、足の甲がすねにつく
    ・手のひらを内側に曲げたときに、腕につく

    (LITALICO発達ナビより)


    息子の場合、お座りができるようになるのも遅く、反り返りが強かったです。
    そしてよだれも多かった~
    そういったことが低緊張ということなんだと思います。


    6か月くらいの写真です。首を上げるのに必死です。娘はこのくらいはもう上半身ぴしゃ~だったです。年子なので、違いがわかりやすく、いつ頃になったら、首を持ち上げられるようになるのか不安でした。


    ボールプールが大好きでした。今もだけど・・・
    多分、身体が安定するからじゃないかな~と思います。ボールの塊が彼の身体をキャッチしてくれるので、身体を起こしているのが楽なんじゃないかな~



    ■低緊張はじわじわと本人の努力と熱意で克服する

    理学療法も受けましたが、理学療法で指導されたからというより、長い時間かけて、身体ができた時、お座りができるようになったって感じでした。

    ↓2歳頃です。なんとか座れるようになった頃。それまでは反り返りが強く、座っても後ろに身体をのけぞったりしていました。
    suwaru

    幼児期から小学校に入学してからも、がんばって長く座るとか、頑張って先生の話を聞くとかの時間があるので、そこからさらに座っておくという事が上手にできるようになっていったように思います。

    ↓バランスディスククッションを授業中椅子に置いて、体幹鍛えたりしている子もいました。体幹がしっかりしていない障がい児多いです。


    息子は足をつけて座るってのを頑張ってて、椅子を牛乳パックで作ったりしました。


    牛乳パックでつくる椅子は、足の高さを本人仕様に調節でき、かつ、いらなくなったら簡単に捨てられるので、よかったです。これ、支援学校でも先生たちが作って使っていました。(支援学校の先生たちいろいろ作ってて勉強になる~

    足の裏をしっかりつけて、きちんと座るというのを地道に学校でも家でもやり続け、小4の今は、先生に褒められるくらいになりました。

    やった~♡



    普通の子たちの親御さんとは、ちょっとちがった角度からの喜びです。

    ちょこっとづつでも頑張っていれば、けっこう出来るようになることも教えてくれるダウン症という障がい。

    これからも向き合っていかなくては・・・。

    ↓これが簡単にできるのも、筋肉が柔らかなダウン症ならではか・・・。娘は身体が固くて、こんなに広がらないので、悔しがってます




    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    やっと保育園再開しました。

    よかった~



    あまりにも長く、幼児と家に毎日二人でいると、お互い煮詰まり、バトルが引き起こされます。

    ちょっと目をはなすと、とんでもない事をしてるので、目が離せない→仕事ができない→イライラするっていう風に悪循環に陥り、下手すると虐待に通じる気持ちが湧いたりしてしまいます。

    危険、危険・・・
    と、自分をなだめながら、日々過ごしていましたが、いよいよだ~

    家ではいたずら坊主ですが、保育園ではとてもいい子のようです。
    うちでは好き嫌いが激しいのに、保育園の給食は完食します。

    私の料理が嫌いなのかもしれないけどさっ


    先生方にも上手に気を配り、お友達とも言葉は通じていないのに、なぜかずいぶんかわいがられています。

    同じ年の子供のクラスにいるのですが、クラスメイトに年下と思われてるらしく、とても大事にされています。

    お得な奴

    ダウン症の子は温和な性格でいつもにこにこしているので、とてもかわいがられるんだそうです。保健師さんとか、療育施設の先生曰くですが~

    うちの息子は温和ではないけど、うまく仮面をかぶれるので、歩けもせず、言葉もしゃべれない状態を、かわいく表現できているよう。

    神様が、うまく生きていけるようにと、考えて持たせてくれた技?


    その技を駆使して保育園で生活しています。

    かわいくするのがうまいので、「これはダメだろ!」といった場面でも許されてしまう時あります。

    ぎゃ~そんな時は怒って~


    保育園のみんな!
    騙されちゃだめ!

    はたしてこの技、いつまで通用するのかな



    肢体不自由児施設でのPTも再開しました。
    現在、なんとか、よちよち歩き的な事ができるくらいなので、さらにサクサク歩けるようになってもらわねば~と通っています。

    しかし、息子はPTの先生が多分嫌い。

    保育園の先生は遊んでくれるので、とてもかわいらしく接するのですが、PTの先生にはそうではありません。

    PTの先生は、訓練の先生なので、「歩きなさい」的な態度で接してきます。俺様な息子は、それが嫌みたいです。

    家では、PT室でやってる以上には歩けているのですが、ここではさっぱり歩かない~

    私が、家ではもうちょっと歩けてる、というと、PTの先生も「それならば~」と、歩行器をもってきました。
    ↓こんな感じの歩行器でした。
    hokouki

    しかし、歩行器持とうとすらしない。
    しれっとハイハイで移動して逃げ回っています。

    強制とか、強要とかが息子は嫌いなのです。
    でもPTの先生は、上からものを言うのが好きな先生みたい。

    「歩行器持って歩け~」と、PTの先生は追いかけまわし、息子は

    そんな物言いの奴の言う事なんか聞くもんか!

    みたいな感じでハイハイで逃げ回る。

    PTの先生と息子のバトルをぼーぜんと見守るしかない私でした。

    人によって態度を変える、多数の仮面をもつ息子。
    神様がくれた技に、日々磨きがかかっていっている・・・と感じる今日この頃です。

    (wrote:2009-10-13 20:43:55)

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ