ダウン症児とHSP娘との暮らしのブログ

HSPだと思われる娘とダウン症児の息子と暮らしています。多くの気づきを得られる刺激的な毎日なので、忘れちゃもったいないな・・・と思って綴っているのですが、年々綴るのが遅くなっています。子どもらが育つということは親が年を取るということ。指が動かん・・・。

    繊細さん

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    娘が生理の血が1ヵ月も止まらないというので、婦人科へ行くことにしました。

    血が止まらなくて、ちょっとずつ出てて、最近また多くなってきた。怖いから病院行きたい!

    え~?

    女医を目指して検索しまくり。
    最近の医師、意識が医師じゃない人多いんで、どうしても女医さん検索してしまいます。

    未成年だし、男性医師はちょっと考えてしまう。

    女医しかいない婦人科クリニックを見つけて、さっそくサイトで診察予約をしようとしたら、めっちゃ多くて、予約とれず。血が止まらない状態だったので、もう予約なしで待ち時間が長くなろうとも行くしかないと診察に挑みました。

    行ってみると、予約なしでの診察はやっぱ待ち時間長いと言われたけど、仕方なし。「外で時間つぶしててもいいですよ」って事。診察は、10時半くらいに行ったのですが、「12時くらいになる」とのことだったので、12時少し前に戻りますと病院を出ました。

    12時少し前に病院に戻って、そろそろ人減ってる?と思ったけど、逆にあふれてて、待合室の椅子に座れない人いっぱいいた

    私ら予約なしなんで、きっと最後だろうと、病院の外で待って、少し人が引き出した頃にやっとお呼びがかかりました。


    診察前に「長く待たせてごめんなさい」と先生に言われました。
    さすが女医さん。こまかな気遣い。よかったこの病院選んで・・・と、思いました。

    お待たせしてすみませんって男性医師に言われたことない気がする・・・。

    診察では、やっぱパンツ脱いで中や肛門からの触診をしたいと言われ、エコーくらいなら男性でもいいかもしれんけど、中見られるの、娘やっぱ嫌だろうなっと思ったので、女医さんを選んでよかった

    すんなり同意できて、検査してもらいました。

    結果は「ストレスか何かはわからないけど、排卵がうまくいかなくて血がとまらない状態になり、その状態のまま次の生理が来たから出血が多くなってきたんじゃないかな」「ポリープとか腫瘍とかじゃなかったよ」と言われて少しほっとしました。

    「血を止める薬を飲んで様子を見て、それで止まったらもう来なくてもいい」と言われ、「もし止まらなかったらピルを飲んで生理をリセットさせましょう」という事でした。
    ↓トランサミンという薬もらいました。出血を抑える薬だそう。組み合わせに注意必要な薬だそうで、他に薬飲んでる人には処方しない薬かも・・・。
    seiri

    自分の婦人科系の病気だったら、男性医師でも別に平気なのですが、娘のは気を遣うなぁ・・・同じ女だけど、どこが恥ずかしいと思って、どこまでが許されるかがわからん

    私だったら男性医師でもなんかやられそうになったら、文句も言えるし反撃もできる。娘はそれができないとわかってるから女医さんがいいのかも・・・。

    10代の婦人科クリニック選び、難しいなぁ~。やっぱ医師ってまだまだ男性が多いもんね。

    でも、自分の身は守ってもらわなと・・・なので、婦人科もどんどん自分から行けるように、ちょっと練習という意味でも今回はよかったかなと思います。

    病院と大きなくくりで言えば、待ち時間の多さはどうにかならないのかな?といつも思う。

    障がい児の息子は小さい頃から病気がちなので、待ち時間の洗礼をもれなく受けてるけど、娘もHSPなので、一人で病院って行きたがらなくて初回は付き添いしないといけない時が多いんだよね~。

    子ども産んでから、私の人生の多くをこの病院の待ち時間で費やしてるなぁって思ってしまう。

    娘が子ども産むくらいには、病院の待ち時間って何?くらいの病院システムになってるといいなぁ・・・。


    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    HSP娘、高校を卒業し、次のステージの学校に通っています。

    高校入学時はコロナ騒動真っ最中。
    新しい環境なのに、マスクした人に囲まれ表情読み取れない、ソーシャルディスタンスなどで人に近寄らないように推奨されたこともあって、人間関係の構築ができませんでした。

    ↓高校生活こんな感じでした。


    結局最後まで尾を引いて卒業

    学校の雰囲気になじめなかったってのもあるみたいだけど・・・。


    卒業したら、気が楽になったのか、やる気が出てきたようで、前向き活動がふえました。
    アルバイトも決まりました。

    高校在学中、バイト禁止の学校だったのですが、クラスの何人かはアルバイトをしていて、自分もやってみたかったようなのですが、

    バイト禁止だもん。
    見つかって先生に怒られる自分を想像すると怖い

    と、いった感じでした。

    高校生の間は「先生に怒られない」、「クラスメイトの中で浮かない」存在でいることに神経を集中していたみたい

    学校生活は、規則があることで秩序が守られてる感じになってるけど、制約が多い事は、HSP娘には「圧」に感じるみたいです。

    規則さえ守れば怒られることはないのに、守らなかった方を想像するっぽい。ネガティブな方から想像するのがHSP

    他にも、みんながやってる事はやらないとダメみたいな感じの「圧」とか、一人でいることがダメで友達がいないとダメみたいな「圧」とか、とにかく学校は先生やクラスメイトからの見えない「圧」多いもんね。

    それがあるからこそ、「きちんとした行動」とか「時間を守る」が教えやすい環境なのかな?とは思うんだけど「圧」でそれを教えてるのもなんだかなって感じもする・・・


    人とのコミュニケーションが苦手というのも、HSP娘が学校生活が大変になる事のひとつです。

    こんな事言ったら失礼になるかも、とか、
    振られた言葉にちゃんと返事できなかった、とかで、
    落ち込んで帰ってくることしばしば。

    小学生の時は、よくそれでお友達とのすれ違いが起きて、泣いて帰ってきていました。

    相手の言葉の意図の中に嫌みやネガティブな要素が入ってると、とたんにトーンダウン。
    逆にみんなが明るく元気な言葉で仲良くやってると、めっちゃ気分アップしてた。たとえその中に自分がたくさんはいってなくても、空気が明るいとうれしいって感じだったです。

    HSP娘にとって、コミュニケーションも大変だけど、言葉がもつ空気みたいなのも大事のようでした。なので、学校って言葉のシャワー満載じゃん、すごい大変だったんだろうと思います。

    義務教育的なものが終わって、今は専門学校生ですが、専門学校って制服なくて着るものに制約が少ないし、髪型なんかも制約が少ない。

    それって、娘にとって「怒られる」という要素が少ないので、かなり心が楽なよう。

    義務教育的学校が合う子もいるんだろうけど、うちのHSPにはそういった学校が合ってない気がする。

    なので次のステージの学校は専門学校にしました。

    手を動かしたり、身体を動かした方がいいんじゃないかな?って思った。身体動かす職業の方がしゃべらなくていいしね。

    大学は合ってない感じ
    たくさんの学科に通うたくさんの人の中にいる娘の姿が想像できん。

    娘も専門学校に同意しました。
    HSPは専門職の方がいいように思う。1つの事をする方が、多方面に頭使わなくていいもんね。

    あと2年頑張って学生やってくれ。
    社会人になった方が娘は楽かもしれない。学校はたくさんの種類の勉強をしないといけないので、切り替えが娘にとって大変みたい。人もいろんな人多すぎる。職場は選べばたくさんの人が働くところに勤めなければいいもんね。

    とにかくHSP娘は子どもの頃から制約が多く、あれもダメ、これもダメなところがあって大変でした。育てる側からみたら、自分で制約つけとるやん!って感じに見えるのですが、自分で制約のロック外せないみたいなんですよね。

    キメツケが多かった。不安が強いという性質があるからかな?

    心の成長を待って、親子で一個ずつロック外すという作業してた

    専門学校生になってロックかなり外れたなぁって感じがします。
    次は就職の事を考えなきゃ

    いい就職先に出会えればいいな。
    周りの人間がよくないのもHSP娘には悪影響

    それはみんな誰しもかもしれないけど、すぐに痛手を負いやすいのがHSP。
    うまくよけたり、かわしたりできないんで、事故多いから、平穏無事な環境を求めてる人達が集まるところなら長く勤められるかも・・・。

    と、先の事を考えてしまう母でした。


    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    我が家のHSP娘は読書感想文が苦手です。感想がないわけじゃないようなのですが、それを言葉に変換するのが難しいみたいです。

    そのおかげで小学生の時はかなり苦しみました。小学生の時が一番作文が多いからです。中学に入ると、長い休みに感想文の宿題が出たりするけど、年1~2くらい。なんとかこなして卒業できました。

    高校生になると、もっと感想文書く機会が減って、やった~と思っていたのに、卒業間際に読書感想文の宿題が出ました。

    最後の最後になんで~?

    高3の授業ほとんどなきに等しいのに、感想文で苦しむはめに・・・。


    文章というものに生まれてからずっと苦しめられている気がします。

    幼稚園時代、迎えに行って、今日の出来事を聞いてもあんまり話てくれませんでした。今考えると、思いはあっても、文章を頭で組み立てて言葉で伝えられなかったんじゃないかなって思います。

    文字もあんまり好きじゃなかった。幼稚園に入った当時、お手紙交換が流行ってて、

    私も友達にお手紙渡したい!

    という気持ちを強く持つことができたから、なんとか文字を覚えられたけど、覚えてる途中で、「なんで「あいうえお」じゃないといけないの?」とか言ってました。

    友達にお手紙渡したいんやろ?頑張れ!

    で乗り切った~


    「読書感想文 苦手な子」
    みたいな言葉で検索すると「発達障害」がよく出てきます。
    書字表出障害・書きの困難(ディスグラフィア)という病名?もよく出てきます。

    読書感想文を書く時の本人の困りごととしては、
    テーマを1つに絞ること自体が難しい
    頭で思い出したり考えたりしたことを、文字でアウトプットという同時作業が難しい
    読んだことを理解できてない
    あらすじを書いてしまう
    感想を言葉で表せない
    などという事があることを調べて知りました。

    幼児期、言葉が少なかったので、心配して相談に行ったけど、「発達障害」とは言われませんでした。

    なんでも発達障害に結びつけるのはよくないな・・・。

    と、その時反省しました。

    私的には、

    本読まないからじゃ?

    と思ってます。

    本、幼児期から嫌いだったです。読み聞かせも聞いてもらえませんでした。
    動画が大好きで、動いてる物が好きみたいでした。

    本好きな子と比べたら、圧倒的に知ってる言葉が少ないのが、文を書けない原因なんじゃないかと私は思ってます。

    でも、好きじゃないのを、無理やり読ませたりするのもなんだかなぁ・・・と思ってやり過ごして高校まで来てしまった。

    レポートがありそうな大学生というものには、ならない方がいいなって思ったので、専門学校への道を選びました。

    もうこれで、読書感想文とはおさらばだといいね

    幼稚園時代は私に手紙書いてくれたりしてました。でも学校に入って読書感想文になると、きれいにまとまった文章を書かないといけないみたいなプレッシャーもあったようで、「まともな文、きれいな文」に苦しんでいた感じがします。
    tegami
    娘なりの言葉を、これから取り戻してくれたらいいなぁって思ってます✨

    スポンサードリンク

    このページのトップヘ